2016年06月28日 15時00分 UPDATE
特集/連載

ベンダーとの友好関係も実はこのため音声通話もMicrosoft──Skype for Businessが固定電話を支配する日 (1/2)

ビジネス用固定電話と「Skype for Business」の音声通話の互換性に対して、ユーザー企業はどのように評価すればいいのだろうか。Skype for Businessに業務通話を依存して大丈夫なのだろうか。

[Jon Arnold,TechTarget]
中小規模のオフィスでは、Skype for Businessの普及とともに音声通話専用のIP電話端末への置き換えも進む

 オフィスで使うビジネス用固定電話と「Skype for Business」の音声通話における互換性は、既存の電話システムのタイプや、Skype for Businessの音声通話を利用する目的によってその使い勝手が異なってくる。

 大企業は、専用のPBXまたはIP PBXシステムを持っており、これらのシステムは音声トラフィックの大部分を、他のワークフロー実行処理と分離して伝送する。ただし、これらのワークフロー実行処理の大半は、Microsoftのデスクトップアプリケーションに起因するため、音声利用システムとMicrosoftのデスクトップアプリケーションでは、高度な統合が必要になる。

 Skype for Businessの音声通話では状況が異なる。それは、Microsoftが多くの音声通話システムベンダーと高度に“協業”しているからだ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...

news155.jpg

マーケティング4.0における新効果指標「PAR(購買行動率)」と「BAR(ブランド推奨率)」について
「マーケティング4.0」時代のカスタマージャーニー「5A」の文脈ではマーケティングの生産...