2016年05月23日 15時00分 公開
特集/連載

MicrosoftがMac版「Skype for Business」のプレビュー版公開、なぜ今?MicrosoftがMacクライアントを初めてフルサポート

Microsoftは、Macユーザー待望の「Skype for Business Mac」プレビュー版を発表した。同製品は3つの段階に分けて順に公開される予定だが、どのような機能が付く予定なのだろう。

[Tracee Herbaugh,TechTarget]

関連キーワード

Mac | Microsoft(マイクロソフト) | Skype | OS | Apple


Skype for Business PreviewのWebサイト《クリックで拡大》

 Microsoftがユニファイドコミュニケーション(UC)基盤製品「Skype for Business Mac」プレビュー版を発表したことは、企業の間にAppleの「Mac」デバイスが浸透している表れであり、Macユーザーを重視するMicrosoftの姿勢を示している。

 Microsoftは先週、同社のブログで希望者を対象にSkype for Business Macプレビュー版の配布を開始すると発表した。同社によれば、正式版の一般公開は2016年第3四半期になる予定だという。Skype for Business Macプレビュー版に関心のある人は、「Skype for Business Preview」のWebサイトで登録すると招待を受けられる。

 Microsoftのスポークスパーソンのケイティー・フォアサン氏によると、Skype for Business Macは下記の3段階に分けてリリースする。

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...