2014年07月31日 12時00分 公開
特集/連載

Windows、Officeだけではない Microsoftが勝ち続ける分野とは?激化するUC市場のシェア争い

米Infonetics Researchの最近のリポートによると、2014年第1四半期のユニファイドコミュニケーション(UC)市場では米Microsoftが最大の売上高を記録。米Ciscoが小差で続いた。

[Tessa Parmenter,TechTarget]

 調査会社のInfonetics Researchは、「Enterprise Unified Communications and Voice Equipment」(エンタープライズユニファイドコミュニケーションおよび音声機器)」というリポートを公開。UC市場でCiscoとMicrosoftのシェア争いが激化する中、2014年第1四半期はMicrosoftがリードしたと報告している。同リポートでは、テレフォニー市場とUC市場のセグメント別に、ベンダーの売上高ランキングが示されている。

Microsoftは本当に勝ったのか?

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...