2014年07月31日 12時00分 公開
特集/連載

Windows、Officeだけではない Microsoftが勝ち続ける分野とは?激化するUC市場のシェア争い

米Infonetics Researchの最近のリポートによると、2014年第1四半期のユニファイドコミュニケーション(UC)市場では米Microsoftが最大の売上高を記録。米Ciscoが小差で続いた。

[Tessa Parmenter,TechTarget]

 調査会社のInfonetics Researchは、「Enterprise Unified Communications and Voice Equipment」(エンタープライズユニファイドコミュニケーションおよび音声機器)」というリポートを公開。UC市場でCiscoとMicrosoftのシェア争いが激化する中、2014年第1四半期はMicrosoftがリードしたと報告している。同リポートでは、テレフォニー市場とUC市場のセグメント別に、ベンダーの売上高ランキングが示されている。

Microsoftは本当に勝ったのか?

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...

news034.jpg

2022年のWeb解析 「GA4」の本格普及でマーケターに求められるスキルセットとは?
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパー...

news023.jpg

「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか...