2014年06月04日 21時20分 公開
ニュース

2018年の国内ユニファイドコミュニケーション市場規模は2370億円、IDC Japanが予測NEWS

IDC Japanが国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場について2013年の分析と2014〜2018年の市場予測を発表した。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 市場調査会社IDC Japanは6月4日、国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション(UC&C)市場について2013年の分析と2014〜2018年の予測を発表した。

 IDC Japanによると2013年のUC&C市場の規模は、前年比3.9%増の2052億5200万円。前年に引き続いて企業音声インフラのリプレース需要が活発に推移したことや、「Windows XP」サポート終了に伴うメールや会議アプリケーションなどのコラボレーティブアプリケーションの更新需要などによって、通年で好調な成長を維持したという。

 一方で、2014年は企業音声インフラやコラボレーティブアプリケーションの更新需要が一巡するため、通年では成長率1.8%増と、一時的に成長が鈍化すると予測。また、2014年以降は、企業のワークスタイル変化の要求から、モバイル、ビデオコラボレーション、企業向けソーシャルネットワークなどの関連製品/サービスが市場をけん引し、2013〜2018年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は2.9%、2018年の市場規模は2369億7200万円としている。

 IDC Japanソフトウェア&セキュリティグループマネージャーの眞鍋 敬氏は「ベンダーおよびシステムインテグレーターは、UC&CアプリケーションのSaaS化を加速し、同時にサブスクリプションタイプのプライシングモデル構築、マルチベンダーSaaSサービス管理を進めていくべきである」とコメントしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...