2018年の国内ユニファイドコミュニケーション市場規模は2370億円、IDC Japanが予測NEWS

IDC Japanが国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場について2013年の分析と2014〜2018年の市場予測を発表した。

2014年06月04日 21時20分 公開
[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 市場調査会社IDC Japanは6月4日、国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション(UC&C)市場について2013年の分析と2014〜2018年の予測を発表した。

 IDC Japanによると2013年のUC&C市場の規模は、前年比3.9%増の2052億5200万円。前年に引き続いて企業音声インフラのリプレース需要が活発に推移したことや、「Windows XP」サポート終了に伴うメールや会議アプリケーションなどのコラボレーティブアプリケーションの更新需要などによって、通年で好調な成長を維持したという。

 一方で、2014年は企業音声インフラやコラボレーティブアプリケーションの更新需要が一巡するため、通年では成長率1.8%増と、一時的に成長が鈍化すると予測。また、2014年以降は、企業のワークスタイル変化の要求から、モバイル、ビデオコラボレーション、企業向けソーシャルネットワークなどの関連製品/サービスが市場をけん引し、2013〜2018年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は2.9%、2018年の市場規模は2369億7200万円としている。

 IDC Japanソフトウェア&セキュリティグループマネージャーの眞鍋 敬氏は「ベンダーおよびシステムインテグレーターは、UC&CアプリケーションのSaaS化を加速し、同時にサブスクリプションタイプのプライシングモデル構築、マルチベンダーSaaSサービス管理を進めていくべきである」とコメントしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...