2014年06月04日 21時20分 公開
ニュース

2018年の国内ユニファイドコミュニケーション市場規模は2370億円、IDC Japanが予測NEWS

IDC Japanが国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場について2013年の分析と2014〜2018年の市場予測を発表した。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 市場調査会社IDC Japanは6月4日、国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション(UC&C)市場について2013年の分析と2014〜2018年の予測を発表した。

 IDC Japanによると2013年のUC&C市場の規模は、前年比3.9%増の2052億5200万円。前年に引き続いて企業音声インフラのリプレース需要が活発に推移したことや、「Windows XP」サポート終了に伴うメールや会議アプリケーションなどのコラボレーティブアプリケーションの更新需要などによって、通年で好調な成長を維持したという。

 一方で、2014年は企業音声インフラやコラボレーティブアプリケーションの更新需要が一巡するため、通年では成長率1.8%増と、一時的に成長が鈍化すると予測。また、2014年以降は、企業のワークスタイル変化の要求から、モバイル、ビデオコラボレーション、企業向けソーシャルネットワークなどの関連製品/サービスが市場をけん引し、2013〜2018年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は2.9%、2018年の市場規模は2369億7200万円としている。

 IDC Japanソフトウェア&セキュリティグループマネージャーの眞鍋 敬氏は「ベンダーおよびシステムインテグレーターは、UC&CアプリケーションのSaaS化を加速し、同時にサブスクリプションタイプのプライシングモデル構築、マルチベンダーSaaSサービス管理を進めていくべきである」とコメントしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...

news038.jpg

コロナ禍で変化した採用トレンドとこれからの採用メディア戦略
デジタルシフトで新卒採用の在り方が変化しています。企業と接触するタイミングが早まり...

news013.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年7月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。