2014年06月04日 21時20分 公開
ニュース

2018年の国内ユニファイドコミュニケーション市場規模は2370億円、IDC Japanが予測NEWS

IDC Japanが国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場について2013年の分析と2014〜2018年の市場予測を発表した。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 市場調査会社IDC Japanは6月4日、国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション(UC&C)市場について2013年の分析と2014〜2018年の予測を発表した。

 IDC Japanによると2013年のUC&C市場の規模は、前年比3.9%増の2052億5200万円。前年に引き続いて企業音声インフラのリプレース需要が活発に推移したことや、「Windows XP」サポート終了に伴うメールや会議アプリケーションなどのコラボレーティブアプリケーションの更新需要などによって、通年で好調な成長を維持したという。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...

news157.jpg

自粛期間中の3大ストレスは「マスク着用」「運動不足」「外食ができない」――サイバーエージェント調査
サイバーエージェント次世代生活研究所が全国3094人を対象に実施した意識調査第2弾。