TechTargetジャパン

レポート
2016年「NASストレージシステムのユーザー満足度調査」、最高評価のベンダーは?
 TechTargetは、5つのカテゴリーに沿ってNASベンダーを評価する「NASストレージシステムのユーザー満足度調査」を実施した。この調査では、505件の有効回答を基に616製品を評価。最終選考には、エンタープライズ部門で6社の製品、ミッドレンジ部門で7社の製品が残った。(2016/6/30 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
中小企業でも手が届く高度なストレージシステム、低コストでBCP/DRも実現
 この数年でオールフラッシュストレージやハイブリッドストレージの価格は大きく下がり、エントリーレンジの価格帯にも高いスペックを備えた製品が登場している。これにより中小規模の企業でも高度なストレージシステムを導入できるようになった。 近年のエントリークラ...(2016/6/30 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
SAP S/4HANA環境をクラウドで構築、選べる運用形態は?
 近年、基幹システムや情報系システムをクラウドに移行する企業が増えているが、これらの企業が最も重視するのがベンダーの信頼性だ。そして、このような信頼できるサービスにデータセンターや仮想化基盤、ERPなどを集約させる流れも生まれつつある。 これらのサービス...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

レポート
オンラインストレージはIT担当者の救世主? それとも悪夢?
 多くのビジネスパーソンが多様な端末から多くの情報にアクセスするようになっている。それに対し、IT部門は管理とセキュリティ確保でき、モバイル端末からアクセスが容易に可能なオンラインストレージを提供しようと奮闘している。こうした需要に対して、多くのオンライ...(2016/6/30 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
「次なる40億人」が決めるクラウドベンダーの勝者と敗者
 クラウドコンピューティングを語るには、成長と変容を続けるインターネットの現在を見わたすことが不可欠だ。飽和する既存ビジネスの外側で急速に育つ新サービスが、既存ビジネスの生存域を狭めていく様を直視する必要がある。 クラウドがインターネットの成長を乗っ取...(2016/6/28 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
SDN移行で注意すべき5つのポイント――導入を成功に導くための課題を解説
 ネットワークをソフトウェアで管理する「SDN(Software-Defined Networking)」は、それまで物理的な作業が伴っていた各種設定変更からITスタッフを解放し、ネットワークの「新設/増設/改変」のスピードを大きく改善する点が特に注目されている。しかし、SDNの導入メ...(2016/6/27 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
5億5200万件の個人情報が流出──2014年版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 このホワイトペーパーは、シマンテックが毎年発行している『Webサイトセキュリティ脅威レポート』の2014年版である。「2013年のセキュリティタイムライン」「数字で見る2013年」といった独自の視点のレポートをはじめ、2013年のWebサイトセキュリティ脅威に関する以下の...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
「オレオレSSLサーバ証明書」では防げない、中間者攻撃の仕組みと対策
 中間者攻撃(Man-in-the-Middle Attack:MITM Attack)によって、WebブラウザとWebサーバ間のHTTPセッションをハイジャックされてしまう危険性があることは広く認識されてきた。これと同様に、サーバ間通信でもセッションをハイジャックされ、情報の盗聴や改ざんをする...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

事例
全米第2位のコカ・コーラ・ボトラーの「潜在コスト」を削減、その方法とは?
 全米第2位の規模を誇るコカ・コーラ・ボトラーであるコカ・コーラ・ボトリング・カンパニー・コンソリデーディット(CCBCC)は、100を超える取引先から入るオーダーなどの情報を効率的に処理する必要に迫られていた。 同社は従来のEDI環境やサービス管理、部品調達、機...(2016/6/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
すかいらーくが80業務システム200サーバをクラウドへ、その統合効果とは?
 企業の成長とともにITシステムは拡張されてきたが、その時代に最新と思われたプラットフォームやアプリケーションも、今日の技術からみるとつぎはぎだらけの時代遅れシステムとなっている例は多い。 ファミリーレストラン大手のすかいらーくでは、80業務システム、200...(2016/6/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
NASベンダー8社を「徹底比較」、辛口ユーザーが支持するストレージとは?
 TechTargetは、「NASストレージシステムのユーザー満足度調査」を実施した。この調査は、5つのカテゴリーに沿ってNASベンダーを評価するもので、505件の有効回答を基に616製品を評価し、エンタープライズNAS部門では6社の製品、ミッドレンジNAS部門では7社の製品が最終...(2016/5/27 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Office 365やGoogle Appsのセキュリティを補完――クラウドサービスのメールセキュリティ対策
 サイバー攻撃が日々巧妙化する中、クラウドベースのメールサービスに関しても、そのセキュリティを疑問視する声が聞かれるようになった。ベンダー各社は、マルウェア対策とデータ漏えい防止の機能が備わっているというが、実際のところ、それらは十分な対策となり得るの...(2016/5/23 提供:株式会社シマンテック)

レポート
「Cortana」「Siri」はまだ時期尚早? 音声アシスタントのビジネス利用の未来像
 Microsoftの「Cortana」やAppleの「Siri」、Googleの「Google Now」など、音声アシスタントが個人利用で人気を博している。しかし、技術がまだ進んでいないこともあり、音声アシスタントのビジネス価値に関して、十分に明確になっていない。果たして音声アシスタント機...(2016/5/19 提供:アイティメディア株式会社)

事例
米Sony Pictures、「よくあるIT環境」でマネージドサービスを短期間実装できた理由
 開発者、派遣人材、専門家が社内に分散し、知識はあちこちに偏在し、業務との一貫性も欠けている。多くの担当者にとって覚えのありそうな話だが、これが2009年頃の米Sony Pictures EntertainmentのIT環境だったという。 この状況で「3カ月以内にマネージドサービスの実...(2016/5/18 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
フラッシュストレージ「3PARシリーズ」はどれだけ役立つのか、7つの切り口で性能検証
 フラッシュ向けのストレージアレイを提供しているベンダーには、フラッシュに特化した製品のみを販売しているところもあれば、新興ベンダーを買収して製品ラインアップに加えているところもある。同じ製品でもベンダーによって価格差がある場合もあり、何をポイントに選...(2016/4/27 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
インフラ環境を15分でスピード導入――ハイパーコンバージド製品選択のポイント
 仮想化、サーバ、ストレージ、ネットワークなどのコンポーネントを統合したハイパーコンバージドインフラは、数多くのメリットにより導入企業も広がっている。ハイパーコンバージドインフラのメリットとしては、「運用が容易」「導入期間が短い」「拡張がしやすい」とい...(2016/4/25 提供:株式会社ネットワールド)

事例
「インシデント妨害部」とまで陰口をたたかれた管理ツールに、IT部門がとった打開策は?
 通信事業者におけるIT部門の役割は、従業員に対するITサービスだけでなく、加入者に関するインシデント対応、ベンダー管理なども含まれ多岐にわたる。  米国で800万もの加入者を抱えて携帯通信事業を行うMetroPCSでは、ITSMツールが「あまりに使いにくかった」ため誰も...(2016/4/20 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
「テープ」復活は本当? データ保護の未来を読み解く
特定のテクノロジーが終わったと宣言するのは、自社製品に注目を集めるために多くのベンダーが採用してきた昔ながらの手法だ。エンタープライズバックアップもその1つだ。例えば、ディスクストレージのサプライヤーは、テープストレージが過去のテクノロジーだと長年にわ...(2016/4/19 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
マルチベンダー環境の保守コストを抑える秘訣――EOSL延長で継続利用するために
 複数ベンダーによるITシステムでは、機器ごとに保守サービスを受けるため、一部の機器の保守契約終了が全体的な保守コストを押し上げてしまうこともある。契約終了後に保守継続を断られたり、高額な保守費用を請求されたりして、保守契約なしのスポット修理で運用を続け...(2016/4/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
EUCとVDIの設計構築、選択肢を知り選定ポイントを知れば危うからず
 EUCサービスやアプリケーションを提供するためのインフラを設計する際は「エントリーポイント」「拡張性」「パフォーマンス」「モニタリング」「キャパシティー」の5つの点からアーキテクチャとベンダーを評価する必要がある。これらを満たさなければ、運用において多く...(2016/4/13 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
3分の1のコストで更新も拡張もタブレット連携も実現、テレビ会議システム最新動向
 大手企業の6割が導入済みといわれるテレビ会議システム。実は、この2016年にサポート終了を迎える製品が多く、システム更新に向けて検討が進んでいる。ところが、現状維持にしても機器の部分的な入れ替えだけで済まなかったり、性能アップや構成拡張をしようとしても...(2016/4/1 提供:株式会社ブイキューブ)

レポート
テレビ会議システムは簡単になったのか? 専門家が開梱から接続まで実操作で検証レポート
 大手企業を中心にテレビ会議システムが使われはじめ、今では多数の拠点を持つ中堅企業でも導入が進んでおり、市場は普及期に入っている。また、タイミング的に主要ベンダーの製品が相次いでサポート終了を迎えており、コストや運用面でよりリーズナブルな製品への乗り換...(2016/4/1 提供:株式会社ブイキューブ)

製品資料
ハードウェア保守コストを半減、マルチベンダー保守サポートの実力を探る
 ハードウェア保守の手間やコストを削減したいと考える企業は多い。また、既存システムのハードウェアの保守を次のシステム更改まで延長したいというニーズも高い。こういったハードウェアのサポート費用のコスト管理はIT部門の重要な課題だ。 そこで注目されるのが、マ...(2016/4/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
問題・変更・障害の管理などIT運用保守戦略の整備のための「3つのステップ」
 モバイルの頻繁な活用やユーザー増加など、ビジネスのあらゆる場面でITシステムは24時間利用されている。その結果、社員の生産性が向上する一方で、運用管理面では新たな課題も生まれている。 クラウド、アナリティクス、モバイル、ソーシャル、ERP、CRMなど、ITを活用...(2016/3/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
従来のストレージと仮想化のミスマッチを避ける「ストレージ構築のポイント」
 従来、企業のデータ格納に外部ネットワークストレージを利用してきたが、多額の設備投資、運用の複雑さが懸念事項となっている。また、近年のストレージアレイもベンダー固有の専門的なスキルが必要で、アプリケーションへの柔軟な対応ができない。結果、高額なアップグ...(2016/3/24 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
リソース不足のITベンダーの強い味方「保守業務を外部委託する」という選択
 ITベンダーにとってアフターサービスの充実は重要課題だが、既存の体制を強化したくても社内リソースだけでは難しいという企業も多い。そこで活用され始めたのが、アフターサービスや保守サポート業務のアウトソース(外部委託)だ。しかし、委託先のサービスレベルが自...(2016/3/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
あなたの会社のクラウド移行、オンプレミス環境と同じに使えますか?
 オンプレミスで稼働するシステムをパブリッククラウドに移行しようと考える場合、移行先としては「IaaS」と「PaaS」のどちらを選ぶのが良いのだろうか。現状はIaaSを選択する企業が多いという。その理由は「PaaSでは移行コストが高く、ベンダーロックインのリスクも高い...(2016/3/18 提供:日本オラクル株式会社)

事例
商社、通信、金融、教育の業種事例で分かる、オンラインストレージサービス選定ポイント
 オンラインストレージサービスの基本機能としては、電子メールを利用して大容量ファイルを安全に送受信できることや、異なる企業間で共有フォルダを安全に運用できることが挙げられる。また、モバイル端末上でのファイル管理や運用も広まっており、履歴の管理や上長承認...(2016/3/1 提供:日本ワムネット株式会社)

製品資料
どれも同じに見えるオンラインストレージ、企業利用なら必須の視点
 豊富な機能を持ち、利便性の高いオンラインストレージサービスは多い。その上で企業利用の場合、大容量データをセキュアに共有できるだけでなく、共有の際に上長承認を受けるワークフローを組み入れたり、シングルサインオンを容易に実現したりする機能なども重要になる...(2016/3/1 提供:日本ワムネット株式会社)

レポート
「Lync」から「Skype for Business」へ、MicrosoftはUC市場を制するか
 ユニファイドコミュニケーション(UC)市場の主要ベンダーへと急成長を遂げたMicrosoft。Infonetics Research の最近のリポートによると、2014年第1四半期のUC市場では最大の売上高を記録している。 2015年には「Microsoft Lync」を「Microsoft Skype for Business」へ...(2016/2/16 提供:KDDI株式会社)

Loading