TechTargetジャパン

レポート
ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析でチャンスをつかむ
 企業の行動方針を決定する重要な判断材料として、業務状況の指標の分析は欠かせない。現代は膨大な業務指標データをリアルタイムで処理するが、自力で大規模データを解析するプラットフォームとして「Apache Hadoop」の採用が増えている。 一方、業務指標や経済指標だ...(2017/1/19 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

レポート
HTTPサイトは全て“危険サイト”と見なす――Googleの「HTTP離れ」が加速する訳
 HTTPサイトが安全でないことを周知する――。こうした取り組みの一環として、GoogleはWebブラウザ「Chrome」のセキュリティ警告の強化に着手した。具体的には、パスワードや決済情報を転送するHTTPサイトに対して、アクセス時に警告を表示するという措置だ。Mozilla Fou...(2017/1/16 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
Windows 10 Anniversary EditionでIT部門が悲鳴を上げる理由
新世代のWindowsが登場すると、個人ユーザーは積極的に導入する一方で企業ユーザーは導入に消極的になる。IT的好奇心が旺盛な個人ユーザー、特にパワーユーザーは新しいOSに導入した新しい機能をいち早く試してみたい。その結果、今使っているシステムに不具合が生じたと...(2017/1/14 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
【比較表】主要ターゲット型バックアップアプライアンス、機能・価格比較
 バックアップアプライアンスには「ターゲット型」と「統合型」の2種類がある。ターゲット型はバックアップ保存先ストレージのみ、統合型はバックアップ保存先ストレージとバックアップサーバを組み合わせた製品を指す。このコンテンツではターゲット型アプライアンスに...(2016/12/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
クラウドサービス4社対決、パートナーから最も評価されたのは?
 コンサルタント企業のAMI-Partnersでは、主要な4社(Amazon.com、Google、Microsoft、Salesforce.com)のクラウドサービスプロバイダーを対象に、パートナーの評価や収益性を中心にインタビューを行った。その結果、さまざまな項目で評価が高かったサービスプロバイダー...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
複雑なIT環境で障害は避けられないのか? 影響を最小化する構成要素分析に迫る
 ビジネスの展開に応じて、部分的な増強や入れ替えをすることが多いシステムインフラ。気付けば非常に複雑な構成となっているケースは珍しくない。こうした多種多様なベンダーのハードウェアやソフトウェアが混在する環境では、その複雑さが多くの課題をもたらしている。(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ベンダー機種不問、電話一本楽々解決、保守切れ製品保守延長可、それって一体?
 技術革新やワークスタイルの変化で、企業ITインフラにはサーバからPC、モバイルデバイス、専用端末、ネットワーク機器など、さまざまなベンダーのハードウェアが混在している。 トラブルが起きれば問題を切り分けなければいけないが、それぞれ仕組みが違い、台数も多く...(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
4業種の利用例に見るマルチベンダー環境のソフトウェア保守一本化メリットとは
 顧客や市場に合わせて業務は変化し、これを処理するソフトウェアもさまざまなものが導入される。結果、マルチベンダー環境が出来上がり、保守窓口の分散や、障害時の切り分けに労力がかかる状態になっていないだろうか。 トラブルの早期解消や安定稼働には、利用する全...(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
異なるベンダー製品が混在するインフラ保守やトラブル対応をまとめてカンタンに
 多種多様なハードウェアとソフトウェアが用いられている企業のIT環境。採用されているベンダーもさまざまであり、それぞれの保守窓口も異なるため、問題が生じた際の切り分けはユーザー側の負担となる。障害が複雑なほど、解決の道は遠くなる。 とはいえ、単一ベンダー...(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
暗号化通信によるサーバ負荷を回避する「SSLアクセラレーション」設定法
 SSLの暗号化通信を利用すると、通信速度が低下したり、サーバへの負荷が高くなったりするという懸念をお持ちではないだろうか。SSLは、盗聴、なりすましなどのリスクを軽減する対策として、非常に広く普及している通信暗号化の仕組みだ。しかし、HTTP 1.0/1.1プロトコ...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
その「購買意思」は本物? データの品質は出所に依存する
 ミネラルウォーターのラベルには、「採水地でボトリング」(bottled at the source)というフレーズがよく使われている。これは、消費者に「このミネラルウォーターは最高の鮮度が保たれている」ということをアピールするマーケティングフレーズだ。ただし、この採水地...(2016/12/13 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
見て見ぬ振りをしてきたネットワークコスト、大なたを振るうメリットとリスクは?
 自社のネットワークに関して“なんとなく”不安を感じつつも、さまざまな課題を見て見ぬ振りで運用を続けている企業は少なくない。業務の継続性に直結するネットワークに大きな変更を加えるためには、そのリスクを限りなくゼロにする必要があるからだ。 これに対して...(2016/12/12 提供:丸紅OKIネットソリューションズ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月7日号:そのスマートウォッチ、役に立ってる?
 Computer Weekly日本語版 12月7日号は、以下の記事で構成されています。■コネクテッドカーは本当にチャンスなのか──自動車メーカーが明かす本音■「オンラインショップはセキュリティホールまみれ」と研究者が警告■Microsoftが痛烈批判「他のクラウドベンダーは企...(2016/12/7 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
中堅・中小企業向け、統合脅威管理(UTM)の主要ベンダー一覧表:100〜300台クラス
 統合脅威管理(UTM)はその名の通り、インターネットと社内LANの間で「統合的」なセキュリティ対策を実現するシステムだ。スパム対策やウイルス対策、URLフィルタリング、IPS(不正侵入防止システム)アプリケーションコントロールといった対策を自動的に実施してくれる...(2016/12/5 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
中堅・中小企業向け、統合脅威管理(UTM)の主要ベンダー一覧表:30〜50台クラス
 統合脅威管理(UTM)はその名の通り、インターネットと社内LANの間で「統合的」なセキュリティ対策を実現するシステムだ。スパム対策やウイルス対策、URLフィルタリング、IPS(不正侵入防止システム)アプリケーションコントロールといった対策を自動的に実施してくれる...(2016/12/5 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
オープンソースの真のパワーを生かせるITインフラとは?
 従来の硬直的なシステムでは急速に変化する市場や顧客の要望に応えることは難しい。そのように考える企業があらためて注目しているのが、オープンソースソフトウェア(OSS)だ。世界中の開発者やベンダーが協力して開発しているOSSは、開発スピードや優れたユーザーイン...(2016/12/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
本当に使える購買意思データとは?
  企業が顧客や見込み客との直接の関わりから得たファーストパーティデータだけで市場での競争優位を維持または獲得するのは困難だ。実際、購買者はベンダー以外のWebサイトで過ごしている時間の方がはるかに長い。しかし、賢いマーケターはこれを本物のチャンスだと見...(2016/11/18 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
OpenStack、CloudStack、VMware、プライベートクラウドでベストな選択肢はどれ?
 クラウドコンピューティングへの見解はベンダーによってさまざまだ。例えばAmazon Web Servicesは「プライベートクラウドやハイブリッドクラウドは過渡的な技術であり、いずれはパブリッククラウドが主流を占めるようになる」と考えている。しかし、雇用維持やセキュリ...(2016/11/17 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
SFA活用で営業力強化、売り上げアップにつながる4つのステップ
 SFAは具体的な案件内容や顧客との商談履歴などを記録し、営業活動を“見える化”するツールだ。営業部員の目標達成状況などを部内で共有し、データを基にしたコミュニケーションを活性化することで、「この顧客には次にどんなアクションを起こすか」といった行動管理も...(2016/11/15 提供:株式会社ジャストシステム)

比較資料
2大フラッシュストレージ徹底比較:IaaS導入環境に適した製品はどっちだ?
 さまざまなベンダーが提供するオールフラッシュストレージ。しかし、次世代データセンター対応アプリケーションが必要とする拡張性や即応性、運用の自動化、パフォーマンス保証に対応できる製品選びは非常に難しい。 そこで本コンテンツでは、2大オールフラッシュスト...(2016/11/10 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
そのストレージベンダーは信用できる? 実はコスト高につながっている5つのポイント
 クラウドをビジネスに徹底活用しようと考えている先進企業を始め、クラウドプロバイダーやホスティングプロバイダーが直面している重大な問題は、クラウドインフラを構成するその他のコンポーネントと比較して、「ストレージの技術変革のスピードが遅すぎる」ことだ。ク...(2016/11/10 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
フラッシュストレージとSoftware Defined Storageの明日
消費者向けデジタル機器では当たり前となったフラッシュメモリが、企業コンピューティングにおける新たな記憶媒体として注目されている。現在はデータベースなど特定用途向けの利用が目立つが、今後どのように普及していくのだろうか。一方で、「Software Defined Storage...(2016/11/7 提供:アイティメディア株式会社)

事例
新日鉄住金ソリューションズが提供するマネージドクラウドサービスの運用管理環境を守る次世代ファイアウォール
 ミッションクリティカルな基幹系システムに対応するマネージドクラウドサービス「absonne Enterprise Cloud Service」を提供する新日鉄住金ソリューションズ。同社はこれまで、absonneの管理セグメントのネットワークに、ファイアウォールやフィルタリングなどに特化し...(2016/11/1 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
Wi-Fi徹底比較、高容量・高干渉環境下のテストで上位になった製品は?
 Wi-Fi環境を構築したものの、想定通りの速度が出ない、途切れやすい、つながりにくいといった不満を抱えているケースは多い。アクセスポイントにかかる負荷の変動やオフィス内の障害物による電波減衰などの影響から、理論値通りの性能はそうそう得られないためだ。 そ...(2016/10/28 提供:ラッカスワイヤレスジャパン合同会社)

レポート
「ゲームをやらないから必要ない」という人こそチェックしたい「GPU仮想化」
 GPU(Graphics Processor Unit)は、ビジネスユーザーには依然としてなじみの薄い半導体のようだ。3Dゲームを快適に動かすためにグラフィック描画演算「だけ」に特化したプロセッサと考えている企業ユーザーも多いだろう。 しかし、GPUの役割は大きく変わろうとしてい...(2016/10/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ファイアウォールバイヤーズガイド──どうセキュリティベンダーを選ぶのか
 ネットワークがかつてないほど複雑化し、ファイアウォールが実行する基本機能はコントロール対象であるはずのトラフィックによって効力を失ってしまった。脅威の変化は激しく、ポートやIPアドレスに対する従来のようなフィルタリングではもはや阻止できなくなった。 フ...(2016/10/12 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
DDoS緩和サービスの見極め術――本当に大規模かつ最新の攻撃を阻止できるのは?
 分散型サービス妨害(DDoS)攻撃の規模は現在も拡大を続け、簡単に攻撃が可能なサービスの出現などの影響で、被害を受ける企業や組織の範囲も拡大している。それを受け、DDoS緩和サービス市場に次々にベンダー(緩和サービスプロバイダー)が参入し提供を始めている。し...(2016/10/3 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

技術文書
IP統合とソフトウェア開発への取り組みによるSoC開発期間の短縮
 サードパーティ製IPの使用について論じていきますが、今日ではSoCの複雑性により、単に高品質なIPを用意しただけでは開発期間の短縮は望めなくなっている点についても言及します。また、あらゆるSoC設計に対応する下記の5つの主要な開発ステップについて概観し、IPベン...(2016/10/3 提供:日本シノプシス合同会社)

レポート
2016年版クラウド市場予測:これからの数年で起きる10の変化
 IT調査会社のIDCは、2017年までに50%以上の国内企業がハイブリッドクラウドに取り組むという予測を発表した。そしてパブリックとプライベートの両方を活用するハイブリッドクラウドは、オンプレミスのシステムとも緊密に連携するとしている。 これらの調査結果をまと...(2016/9/30 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

レポート
今あらためて確認する「Raspberry Pi」の性能と業務利用の可能性
 Raspberry Piは、どちらかというと「IoT」(モノのインターネット)というキーワードとともに組み込み開発系のベンダーやユーザー、そして、自分で構築するセンサーなどを組み込んだシステムのデバイス用として「趣味の自作ユーザー」を中心に話題となっていた。しかし...(2016/9/21 提供:アイティメディア株式会社)

Loading