TechTargetジャパン

レポート
“クラウド3巨人”のサービスだけではダメ? IoTビジネスを成功させるヒント
 全ての機器をIoT(モノのインターネット)によって制御する時代が来ようとしている。IoTが現実のものとなりつつある今、多様で複雑性に富む「モノ」の分野には、温度などを測定するセンサーや、メッセージなどを送信できるCPU、Bluetoothなどのプロトコル経由で通信でき...(2017/8/17 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
オンプレ環境をクラウドのようにスケールアップ――インフラコスト削減の秘訣
 セキュリティやガバナンスの面を考えれば、オンプレミスで運用すべきシステムやデータはなくならない。しかし、オンプレミス環境では、予期せぬ事態によるITリソース不足に備えるため、十分な予備リソースも求められる。その確保には、多くの手間や時間が必要となるだけ...(2017/8/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Webキャスト
オンプレミスのITリソースも最適化、新たな「ハイブリッドインフラ」の形とは?
 企業のクラウド利用が容易になり、必要に合わせてITリソースを確保できるようになった。しかし、全てをパブリッククラウドに移行するには、機密情報の扱いや法令対応、セキュリティなどの困難な課題が残っている。結果、安全で管理しやすいオンプレミスか、柔軟でコスト...(2017/8/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
EUCに失敗しないためのVDI環境構築術、5つのポイントで要件を見極める
 EUC(End User Computing)は、場所にとらわれない働き方やBYODを可能にし、生産性を向上する手法として、多くの企業が取り組んでいる。一方で、VDI環境をはじめ相応のインフラ整備が必要であり、単に導入しただけではIT部門の作業時間が運用トラブルに浪費されかねない...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは?
 近年、多層型の防御戦略の一角を担い始めた「次世代ファイアウォール」(NGFW)。管理が容易であり、ストリーム単位でのスキャンにも対応するなど、多くのメリットを持つため、NGFWがセキュアWebゲートウェイやWebプロキシの代わりになると主張するベンダーも見られる。(2017/8/14 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
クラウド基盤は何を基準に選ぶ?──IaaS・PaaS選びの「5つの要件」
 IoT、デジタルビジネス、ビッグデータ分析など、ビジネスにおけるIT活用が必須となる中で、オンプレミス環境のコストと運用管理、拡張性が問題視されるようになった。そのため、サーバやストレージ、ネットワークのリソースを月額や時間課金で利用できるIaaS(Infrastru...(2017/8/14 提供:日本電気株式会社)

事例
旭化成がSAP HANA基盤を刷新、処理量増大にも柔軟に対応できるわけ
 早くからデータ活用に取り組んできた旭化成は、2011年に「SAP HANA」を導入し、リアルタイムのERPデータを分析レポートに利用していた。しかし、処理スピードの圧倒的な速さから、想定以上にレポートが作られるようになり、データ量が急増。システムパフォーマンスの維...(2017/8/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
注目機能を解説、ビジネス変化に強いハイパーコンバージドインフラの見極め方
 求められる機能の多様化・高度化に伴って、ITインフラは複雑化してきた。必要なリソースは予測が困難で、調達には常にリスクを伴う。複雑化した構成は運用者に高度なスキルを求めるとともに、導入期間も長期化しがちだ。さらに異なるベンダー製品を併用すれば、管理や拡...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
その機械学習は本物? エンドポイントセキュリティを評価する3つのポイント
 アンチウイルスソフトは、長い間エンドポイントを保護する重要な防御手段だった。しかし、マルウェアは複雑化し、スパイウェア、キーロガー、バックドア、コマンド&コントロールサーバ、外部への送信など、さまざまな形態で提供されている。フィッシング攻撃はよく見ら...(2017/8/7 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
ハードウェアの保守期限切れ、それでも使い続けたい企業が取るべき選択肢は?
 サーバやストレージ、ネットワーク機器などハードウェアのサポート期限切れは、どの企業にとっても悩ましい課題だ。リプレースの費用はもちろん、安定稼働しているシステムに予期せぬエラーが起こるリスクなどについても考えなければならない。 しかも、現実には「現行...(2017/8/1 提供:ブレイヴコンピュータ株式会社)

製品資料
自社に最適なAI活用パターンは? 事例に学ぶAIの業務活用
 AIを業務で活用する取り組みは、行政から交通機関、製造業から流通、医療、教育機関まで及んでいる。それぞれの業種では既にAIを導入した効果も報告されており、銀行の研究機関では分析工数を60%削減した他、製造ラインでは画像データ解析による検品工程の省人化、生産...(2017/7/28 提供:日本電気株式会社)

その他
AIを活用したソリューションの開発を支援――AIベンダーとの協業で得られる効果
 ビッグデータ分析をはじめデータ活用が企業にとってますます重要となる中、その鍵となるAIを活用したビジネスが現実的になってきた。早速活用したいところだが、実用化され始めたばかりだけにアプローチ方法に悩む企業も多いだろう。 さらに、活用のハードルは下がって...(2017/7/28 提供:日本電気株式会社)

Webキャスト
WannaCryはIPSで十分に防げた? 2014年時点で危険度は“85%”と判定
 全世界規模で被害を及ぼした「WannaCry」をきっかけに、セキュリティ対策を見直し始めた企業は少なくない。企業ITシステムに対する攻撃は、その感染経路の違いからプログラムを使った手法とシステムの脆弱(ぜいじゃく)性を狙う手法に大別できるが、WannaCryをはじめと...(2017/7/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
マルチベンダー環境のネットワークを統合、月額コストを25%削減したVPN活用法
 東京都を中心に神奈川県や千葉県で38店舗のスーパーマーケットを運営するオオゼキは、現在のシステムへの移行前、業務システムごとにネットワークを構築していたという。例えば、クレジットカードやポイントカード用の専用線によるネットワーク、POSデータや基幹系シス...(2017/7/11 提供:ソフトバンク株式会社)

プレミアムコンテンツ
PTCはIoTベンダーになったのか? CAD、PLMユーザーに向けたメッセージ
 近年、主力事業のCAD、PLMよりも、IoTプラットフォームやARソリューションの話題が目立つPTC。長年同社のCADやPLMを活用してきたユーザーからは、「PTCは一体どこへ向かうのか?」といった不安の声が聞かれるのも事実だ。 そうした声に応えるかのように、米国マサチュ...(2017/7/4 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ
 ITシステムの基盤をクラウドで運用することが当たり前になったとはいえ、導入したクラウドをいつまでも使い続けるとは限らない。いざというときにデータやワークロードを安全に移動する手段がなければ、柔軟性や俊敏性、費用対効果といったメリットが失われてしまうこと...(2017/6/28 提供:CommVault Systems Japan)

レポート
あらゆるリソースを自由に組み替えられる「コンポーザブル・インフラ」とは?
 コンポーザブル・インフラストラクチャとは、ソフトウェア定義インフラストラクチャ(SDI:Software Defined Infrastructure)の一形態だ。IT部門がわずか数分でITリソースをスケーリングし、サービスとして提供できるようになる。この技術がデータセンターに大きな進歩...(2017/6/27 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
「WannaCry」など新種のサイバー攻撃を防ぐクラウド型DNS
 「WannaCry」のようなランサムウェアをはじめ、標的型攻撃メールやマルウェア、スパイウェアなど、サイバー攻撃は高度化・多様化している。それらに対応するには、ファイアウォールやIPSといった従来の境界型セキュリティ製品だけでは不十分だ。 そこで、より強固なセ...(2017/6/23 提供:株式会社サテライトオフィス)

レポート
クラウドで使ってみたい「サーバレス」機能、AWSとAzureを比較
 主要なクラウドベンダーがこぞって提供しているサーバレスコンピューティング。サーバレスとは、システムが自動的にサービスをプロビジョニングし、各種のイベントに反応してジョブを実行できる仕組みだ。サーバレスでは、サーバリソースの使用を最小限に抑えることで利...(2017/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「vSphere 6.5」移行ガイド:事前の確認事項から環境別シナリオまで徹底解説
 定番のサーバ仮想化製品「VMware vSphere」。その新バージョン「vSphere 6.5」では、大規模環境でのスループットの向上、データセンターの構築と管理の簡素化など、大幅な機能強化が図られており、パフォーマンスやセキュリティを一層高めてくれる。 とはいえ既存環境...(2017/6/14 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
一気に学ぶLinuxコンテナ――仮想マシンとの違いと具体的なメリット
 LinuxコンテナとDockerにより、アプリケーションの構築や提供、デプロイ、インスタンス化の方法が根本的に変わってしまった。コンテナは仮想マシンのように利用できるうえ、ずっとシンプルな構成であるコンテナは切り出してからすぐに使えるため、多くの企業で利用され...(2017/6/8 提供:レッドハット株式会社)

レポート
Apple元CEOが挑戦するクラウドシステム 米国の高額医療費問題は解決できるか
 米国の医療制度で代表的な問題の1つは、医療費が非常に高額なことだ。例えば長期的なケアが必要な複数の疾患を抱える患者は、6〜7人の専門医から処方箋をもらい、1日に最大15種類の薬を摂取しているという。米国の医療制度においては、保険会社ごとに保険支払い対象の医...(2017/6/8 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
製造業大手15社に聞いたIoT導入の“いま”、求められる技術者像も多様化
 製造業においては生産性向上やコスト削減、人手不足、迫られるグローバル展開など課題は山積しており、その解決手段の1つとして「生産現場へのIoT導入に踏み切るべきタイミングが到来した」と考える企業も増えている。加えてIoT導入にまつわる周辺環境も変化しており...(2017/6/6 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「OpenStack」の複雑さを解消、クラウド構築を迅速化する統合プラットフォーム
 多くの企業におけるクラウド戦略で重要な位置を占めている「OpenStack」。しかし、OpenStackの導入は容易ではなく、クラウド固有の社内スキルと経験が必須になり、サポートやサービスを複数のベンダーやオープンソースコミュニティーに合せて調整する作業が必要になると...(2017/6/2 提供:インテル株式会社)

事例
リアルタイム分析で意思決定を加速、インテルが目指したサプライチェーン最適化
 市場環境の流動性が高まる中、多くの企業がサプライチェーンのリアルタイム管理を目指している。しかし、その実現にはシステム面で解決すべき多くの課題が残されている。例えば、リアルタイムの需給計画を妨げるデータ遅延、複雑化したデータ収集が生むデータの断片化な...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

技術文書
検出回避方法を学ぶマルウェアの機能を徹底解説、防御の具体策とは?
 マルウェア攻撃が猛威を振るっている。サイバー犯罪者の手口は高度化を続け、企業のセキュリティ防御を回避できる適応型の脅威やマルウェアを日々作成している。それと同時に、ハッカーは企業のネットワークに侵入しようと創意工夫を重ねている。オープンなパブリックネ...(2017/6/1 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
リソース不足のITベンダーの強い味方「保守業務を外部委託する」という選択
 ITベンダーにとってアフターサービスの充実は重要課題だが、既存の体制を強化したくても社内リソースだけでは難しいという企業も多い。そこで活用され始めたのが、アフターサービスや保守サポート業務のアウトソース(外部委託)だ。しかし、委託先のサービスレベルが自...(2017/5/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ベンダー機種不問、電話一本楽々解決、保守切れ製品保守延長可、それって一体?
 技術革新やワークスタイルの変化で、企業ITインフラにはサーバからPC、モバイルデバイス、専用端末、ネットワーク機器など、さまざまなベンダーのハードウェアが混在している。 トラブルが起きれば問題を切り分けなければいけないが、それぞれ仕組みが違い、台数も多く...(2017/5/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
「AWS×データ分析」構築事例3選──データ変換/統合を楽にするツール導入法
 Amazon Web Services(AWS)では、ソリューションアーキテクチャを理解することで、可用性や安全性が高く、業務負荷に合わせてインフラリソースを増減できるITシステムを簡単に構築できるようになる。しかし、そのコストまで含めてシステムを最適化するためには、さまざ...(2017/5/26 提供:Talend株式会社)

製品資料
「OpenStack」だけでは実現できない“7割の要件”にどう対応する?
 優れた柔軟性と拡張性から注目される「OpenStack」。IDC Japanの調査では、このクラウドプラットフォームを本番環境に利用しようという企業は増加傾向にあり、特にICT企業では4割が既に利用または導入に向けて取り組んでいるという。 ただ、数百以上の仮想マシンを搭載...(2017/5/23 提供:日本電気株式会社)

Loading