TechTargetジャパン

レポート
NASベンダー8社を「徹底比較」、辛口ユーザーが支持するストレージとは?
 TechTargetは、「NASストレージシステムのユーザー満足度調査」を実施した。この調査は、5つのカテゴリーに沿ってNASベンダーを評価するもので、505件の有効回答を基に616製品を評価し、エンタープライズNAS部門では6社の製品、ミッドレンジNAS部門では7社の製品が最終...(2016/5/27 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Office 365やGoogle Appsのセキュリティを補完――クラウドサービスのメールセキュリティ対策
 サイバー攻撃が日々巧妙化する中、クラウドベースのメールサービスに関しても、そのセキュリティを疑問視する声が聞かれるようになった。ベンダー各社は、マルウェア対策とデータ漏えい防止の機能が備わっているというが、実際のところ、それらは十分な対策となり得るの...(2016/5/23 提供:株式会社シマンテック)

レポート
「Cortana」「Siri」はまだ時期尚早? 音声アシスタントのビジネス利用の未来像
 Microsoftの「Cortana」やAppleの「Siri」、Googleの「Google Now」など、音声アシスタントが個人利用で人気を博している。しかし、技術がまだ進んでいないこともあり、音声アシスタントのビジネス価値に関して、十分に明確になっていない。果たして音声アシスタント機...(2016/5/19 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
フラッシュストレージ「3PARシリーズ」はどれだけ役立つのか、7つの切り口で性能検証
 フラッシュ向けのストレージアレイを提供しているベンダーには、フラッシュに特化した製品のみを販売しているところもあれば、新興ベンダーを買収して製品ラインアップに加えているところもある。同じ製品でもベンダーによって価格差がある場合もあり、何をポイントに選...(2016/4/27 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
インフラ環境を15分でスピード導入――ハイパーコンバージド製品選択のポイント
 仮想化、サーバ、ストレージ、ネットワークなどのコンポーネントを統合したハイパーコンバージドインフラは、数多くのメリットにより導入企業も広がっている。ハイパーコンバージドインフラのメリットとしては、「運用が容易」「導入期間が短い」「拡張がしやすい」とい...(2016/4/25 提供:株式会社ネットワールド)

事例
「インシデント妨害部」とまで陰口をたたかれた管理ツールに、IT部門がとった打開策は?
 通信事業者におけるIT部門の役割は、従業員に対するITサービスだけでなく、加入者に関するインシデント対応、ベンダー管理なども含まれ多岐にわたる。  米国で800万もの加入者を抱えて携帯通信事業を行うMetroPCSでは、ITSMツールが「あまりに使いにくかった」ため誰も...(2016/4/20 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
マルチベンダー環境の保守コストを抑える秘訣――EOSL延長で継続利用するために
 複数ベンダーによるITシステムでは、機器ごとに保守サービスを受けるため、一部の機器の保守契約終了が全体的な保守コストを押し上げてしまうこともある。契約終了後に保守継続を断られたり、高額な保守費用を請求されたりして、保守契約なしのスポット修理で運用を続け...(2016/4/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
EUCとVDIの設計構築、選択肢を知り選定ポイントを知れば危うからず
 EUCサービスやアプリケーションを提供するためのインフラを設計する際は「エントリーポイント」「拡張性」「パフォーマンス」「モニタリング」「キャパシティー」の5つの点からアーキテクチャとベンダーを評価する必要がある。これらを満たさなければ、運用において多く...(2016/4/13 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
3分の1のコストで更新も拡張もタブレット連携も実現、テレビ会議システム最新動向
 大手企業の6割が導入済みといわれるテレビ会議システム。実は、この2016年にサポート終了を迎える製品が多く、システム更新に向けて検討が進んでいる。ところが、現状維持にしても機器の部分的な入れ替えだけで済まなかったり、性能アップや構成拡張をしようとしても...(2016/4/1 提供:株式会社ブイキューブ)

レポート
テレビ会議システムは簡単になったのか? 専門家が開梱から接続まで実操作で検証レポート
 大手企業を中心にテレビ会議システムが使われはじめ、今では多数の拠点を持つ中堅企業でも導入が進んでおり、市場は普及期に入っている。また、タイミング的に主要ベンダーの製品が相次いでサポート終了を迎えており、コストや運用面でよりリーズナブルな製品への乗り換...(2016/4/1 提供:株式会社ブイキューブ)

製品資料
ハードウェア保守コストを半減、マルチベンダー保守サポートの実力を探る
 ハードウェア保守の手間やコストを削減したいと考える企業は多い。また、既存システムのハードウェアの保守を次のシステム更改まで延長したいというニーズも高い。こういったハードウェアのサポート費用のコスト管理はIT部門の重要な課題だ。 そこで注目されるのが、マ...(2016/4/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
問題・変更・障害の管理などIT運用保守戦略の整備のための「3つのステップ」
 モバイルの頻繁な活用やユーザー増加など、ビジネスのあらゆる場面でITシステムは24時間利用されている。その結果、社員の生産性が向上する一方で、運用管理面では新たな課題も生まれている。 クラウド、アナリティクス、モバイル、ソーシャル、ERP、CRMなど、ITを活用...(2016/3/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
従来のストレージと仮想化のミスマッチを避ける「ストレージ構築のポイント」
 従来、企業のデータ格納に外部ネットワークストレージを利用してきたが、多額の設備投資、運用の複雑さが懸念事項となっている。また、近年のストレージアレイもベンダー固有の専門的なスキルが必要で、アプリケーションへの柔軟な対応ができない。結果、高額なアップグ...(2016/3/24 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
リソース不足のITベンダーの強い味方「保守業務を外部委託する」という選択
 ITベンダーにとってアフターサービスの充実は重要課題だが、既存の体制を強化したくても社内リソースだけでは難しいという企業も多い。そこで活用され始めたのが、アフターサービスや保守サポート業務のアウトソース(外部委託)だ。しかし、委託先のサービスレベルが自...(2016/3/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
あなたの会社のクラウド移行、オンプレミス環境と同じに使えますか?
 オンプレミスで稼働するシステムをパブリッククラウドに移行しようと考える場合、移行先としては「IaaS」と「PaaS」のどちらを選ぶのが良いのだろうか。現状はIaaSを選択する企業が多いという。その理由は「PaaSでは移行コストが高く、ベンダーロックインのリスクも高い...(2016/3/18 提供:日本オラクル株式会社)

事例
商社、通信、金融、教育の業種事例で分かる、オンラインストレージサービス選定ポイント
 オンラインストレージサービスの基本機能としては、電子メールを利用して大容量ファイルを安全に送受信できることや、異なる企業間で共有フォルダを安全に運用できることが挙げられる。また、モバイル端末上でのファイル管理や運用も広まっており、履歴の管理や上長承認...(2016/3/1 提供:日本ワムネット株式会社)

製品資料
どれも同じに見えるオンラインストレージ、企業利用なら必須の視点
 豊富な機能を持ち、利便性の高いオンラインストレージサービスは多い。その上で企業利用の場合、大容量データをセキュアに共有できるだけでなく、共有の際に上長承認を受けるワークフローを組み入れたり、シングルサインオンを容易に実現したりする機能なども重要になる...(2016/3/1 提供:日本ワムネット株式会社)

レポート
「Lync」から「Skype for Business」へ、MicrosoftはUC市場を制するか
 ユニファイドコミュニケーション(UC)市場の主要ベンダーへと急成長を遂げたMicrosoft。Infonetics Research の最近のリポートによると、2014年第1四半期のUC市場では最大の売上高を記録している。 2015年には「Microsoft Lync」を「Microsoft Skype for Business」へ...(2016/2/16 提供:KDDI株式会社)

事例
商業施設プロデュースのスペースがワークステーション刷新、選定要件と効果を探る
 社内の情報処理の中心となる端末選定は、ビジネスの成否の鍵を握る。多くのベンダーのさまざまな機種から何を選択するか、最適解を見いだすのは難しい。 商業施設の開発から企画、設計、施工、保守まで行うスペースでは、スタッフ用の情報端末としてワークステーション...(2016/1/22 提供:デル株式会社)

製品資料
競争力を生み出すカスタムアプリケーションの構築時間を根本的に削減する「aPaaS」という考え方
 クラウドベースのプラットフォームで実行しているソフトウェアをベンダーがレンタルするSaaSは、さまざまな企業が利用している。しかし、企業の全ての業務や顧客に提供するサービスをSaaSでまかなうことはできない。 クラウドの活用が当たり前という時代に入り、多様な...(2016/1/12 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
データベース統合の実現に、ネットワークサーバとハイブリッドストレージの垂直統合という選択
 従来、ITシステムでは業務、地域、部署ごとにDBを設置していたため、新規導入や更新に際してサーバ、ストレージ、ネットワーク、OS、DBのシステム設計コストなどの費用が発生してきた。また、運用面でも電気代、設置場所、資産管理などの費用が発生する。DBを統合すれば...(2016/1/12 提供:株式会社日立製作所)

技術文書
Software Defined Storageに対する10の誤解
 Software Defined Networking(SDN)に続いて、Software Defined Storage(SDS)が注目されつつあります。ところが、この言葉こそ乱用されていて、ユーザーにとっては混乱しやすい状況になっています。SDSを検討する人は、どのように考えるべきなのでしょうか。本コンテ...(2015/12/24 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「定番2大ERP vs. 第三のERP」 結局どのERPが良いの?
 ERP業界のツートップである独SAPと米Oracle。新しいERP製品の実装を検討する場合、選択肢としてこの2社の製品が上がることは多いだろう。どちらのベンダーも市場占有率が高く、製品ラインに定評がある。果たしてこの2つの製品には、どのような違いがあるのだろうか。 ...(2015/12/24 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
実導入事例で判明、10年先も使い続けることができる「SDSの条件」
 ストレージに格納されたデータの管理が、なぜビジネスに大きく影響するのか。それは、増え続けるデータ量とそれらに必要なハードウェアの増加スピードが、ITスタッフの増員スピードを大幅に上回るからだ。このまま放置していると、環境がレガシーかクラウドかを問わず...(2015/12/18 提供:ファルコンストア・ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月16日号:ベンダーロックインからの脱出(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 12月16日号は、以下の記事で構成されています。■コンバージドインフラへの投資が増加──導入障壁も顕在化■無駄なアップグレードを勧めるベンダーとの戦い方■「プロプラはダメ」イタリア国防省のLibreOffice採用でオープンソース利用が加速...(2015/12/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月16日号:ベンダーロックインからの脱出(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 12月16日号は、以下の記事で構成されています。■コンバージドインフラへの投資が増加──導入障壁も顕在化■無駄なアップグレードを勧めるベンダーとの戦い方■「プロプラはダメ」イタリア国防省のLibreOffice採用でオープンソース利用が加速...(2015/12/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月16日号:ベンダーロックインからの脱出
 Computer Weekly日本語版 12月16日号は、以下の記事で構成されています。■コンバージドインフラへの投資が増加──導入障壁も顕在化■無駄なアップグレードを勧めるベンダーとの戦い方■「プロプラはダメ」イタリア国防省のLibreOffice採用でオープンソース利用が加速...(2015/12/16 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
メールマーケティング基盤選定、必ずベンダーに確認すべき10の質問
 マーケティング担当者にとって、見込み客とのメールによるコミュニケーションは重要な施策の1つだ。しかし、今日の消費者は商品知識を自ら身に付け、日々受け取っているマーケティングメッセージは膨大だ。そのため、マーケティング担当者は自分たちのメッセージが相手...(2015/12/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
ハイブリッドクラウドを使い倒す、Software DefinedとOpenStack
 現代のビジネス環境においては、ERPなどSoR(Systems of Record)と呼ばれる従来型のITと、インターネットやIoTから発生するデータを扱うSoE(Systems of Engagement)と呼ぶこれからのITの2つを、目的に応じて使い分ける必要がある。 そのためにも、従来型の物理環境...(2015/12/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
今注目のITキーワード「SDS」の正体を探る
 「ハイパーコンバージドストレージ」と「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS:Software-Defined Storage)と呼ばれる新しいキーワードが注目されている。中でも、SDSはエンタープライズストレージ業界で今最もホットなテクノロジーの1つだ。米VMwareから米IBMまで、さま...(2015/12/10 提供:アイティメディア株式会社)

Loading