TechTargetジャパン

レポート
ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析でチャンスをつかむ
 企業の行動方針を決定する重要な判断材料として、業務状況の指標の分析は欠かせない。現代は膨大な業務指標データをリアルタイムで処理するが、自力で大規模データを解析するプラットフォームとして「Apache Hadoop」の採用が増えている。 一方、業務指標や経済指標だ...(2016/9/23 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

レポート
今あらためて確認する「Raspberry Pi」の性能と業務利用の可能性
 Raspberry Piは、どちらかというと「IoT」(モノのインターネット)というキーワードとともに組み込み開発系のベンダーやユーザー、そして、自分で構築するセンサーなどを組み込んだシステムのデバイス用として「趣味の自作ユーザー」を中心に話題となっていた。しかし...(2016/9/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
暗号化通信によるサーバ負荷を回避する「SSLアクセラレーション」設定法
 SSLの暗号化通信を利用すると、通信速度が低下したり、サーバへの負荷が高くなったりするという懸念をお持ちではないだろうか。SSLは、盗聴、なりすましなどのリスクを軽減する対策として、非常に広く普及している通信暗号化の仕組みだ。しかし、HTTP 1.0/1.1プロトコ...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
「オレオレSSLサーバ証明書」が招くリスクとコスト
 企業のWebサイトや電子商取引のページなど対外的なサイトに対しては、SSLセキュリティに費用をかけることが必要であると見なされている。しかし、イントラネットのポータルやwikiなどの対内的なサイトについては、自己署名のSSLサーバ証明書を代替手段として使ってはい...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
システム環境に合わせて選ぶオールフラッシュ、効率的な運用に向けた評価基準
 オールフラッシュストレージの導入では、アプリケーション環境ごとに製品の評価基準が異なる。例えばさまざまな業務システムインフラを共有する仮想環境では、統合的なデータ管理ができるかどうかがポイントになるし、ハイブリッドも含めたクラウド環境では、きめ細かな...(2016/9/9 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
GoogleやYahoo!の検索結果で上位になるには? これからのSEO対策に必要なこと
 Google、Yahoo!などの検索結果の上位に自社サイトが表示されることは、流入するユーザー数の増加や自社のブランド価値向上につながる。そのため、多くの企業がSEO対策に力を入れているが、実際に上位に表示された場合の効果はどれほど見込めるのだろうか。 調査会社3社...(2016/9/9 提供:株式会社PLAN-B)

製品資料
SEOの「5つの神話」は本当か? Googleのアルゴリズムの実情を解説
 検索エンジン対策として完全に定着した「SEO」(Search Engine Optimization)。その概念が初めて登場した1990年代後半から、外部リンク中心の時代を経てコンテンツ重視の時代へと至る過程では、数々の“SEO神話”が生まれてきた。 その1つが「外部リンクは効果がない...(2016/9/9 提供:株式会社PLAN-B)

レポート
2016年「NASストレージシステムのユーザー満足度調査」、最高評価のベンダーは?
 TechTargetは、5つのカテゴリーに沿ってNASベンダーを評価する「NASストレージシステムのユーザー満足度調査」を実施した。この調査では、505件の有効回答を基に616製品を評価。最終選考には、エンタープライズ部門で6社の製品、ミッドレンジ部門で7社の製品が残った。(2016/9/2 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
社内ポータルの内部不正を抑止、ユーザーニーズに応える2つの情報漏えい対策
 ポータルサイトや文書管理システムなど、社内外の関係者との情報共有はWebベースで行われるようになってきた。しかし、Web系の業務システムでは機密情報やマイナンバーなども扱うため、共有情報の管理や情報漏えい対策について不安を抱くユーザーも多い。 そこでWebシ...(2016/8/25 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

製品資料
インフラ統合とクラウド活用に必要な「自動化と集中管理」の手法
 仮想化技術によって、企業が管理するデータセンターのリソースは大きく効率化が進んだ。また、これらのリソースをオンデマンドでユーザーへ提供し、新しい環境を構築する際のスピードを大幅に短縮するクラウド化についても、多くのユーザーが活用し、ビジネスとITの関係...(2016/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
次世代アプリの開発環境、オープンソース向けIT基盤を選ぶべき理由とは?
 今日では、オープンソースを軸とした新規プロジェクトは、開発に参加する個人、商業ベンダー、サービスプロバイダー、エンドユーザー企業などの取り組みや協力により、すぐに立ち上げることができるようになった。また、その開発基盤の信頼性も確立されてきており、マイ...(2016/8/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
キーマンズネット データブック 2016(2016年2月発行)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 企業向けIT製品の総合サイトであるキーマンズネットには、ITベンダー企業制作...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
TechTargetジャパン Data Report 2016(2015年4月〜2016年3月版)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 本コンテンツは、2015年度にTechTargetジャパンに掲載され、読者にダウンロー...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
NASベンダー8社を「徹底比較」、辛口ユーザーが支持するストレージとは?
 TechTargetは、「NASストレージシステムのユーザー満足度調査」を実施した。この調査は、5つのカテゴリーに沿ってNASベンダーを評価するもので、505件の有効回答を基に616製品を評価し、エンタープライズNAS部門では6社の製品、ミッドレンジNAS部門では7社の製品が最終...(2016/8/8 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
OpenStackクラウドの可用性を高める負荷分散ポリシー、導入時に検討すべきこと
 クラウドにおけるネットワークサービスの可用性と冗長性の確保には、まず負荷分散機能をどのように導入するかがポイントになる。OpenStackには、Neutron LBaaS(Load Balancing as a Service)というサービスが用意されており、特定ベンダーの技術に依存しない負荷分散...(2016/8/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
専門知識ゼロから始めるIoTソリューション開発、初心者も使える開発基盤とは?
 IoTが生み出す新たな価値が広く認識されるようになり、IoTを使ったサービスの提供を検討する企業が増えている。これに伴い、IoTソリューションのプロジェクトも増加している。 このような状況にもかかわらず、IoTプロジェクト推進に二の足を踏んでいるケースのほうが多...(2016/8/1 提供:株式会社ネットワールド)

事例
「インシデント妨害部」とまで陰口をたたかれた管理ツールに、IT部門がとった打開策は?
 通信事業者におけるIT部門の役割は、従業員に対するITサービスだけでなく、加入者に関するインシデント対応、ベンダー管理なども含まれ多岐にわたる。  米国で800万もの加入者を抱えて携帯通信事業を行うMetroPCSでは、ITSMツールが「あまりに使いにくかった」ため誰も...(2016/7/29 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

技術文書
アナログ/ミックスシグナル(AMS)設計を完結するTanner EDAのフルフローツールスイート
 IoT市場の急成長を受け、その導入に必要となる多種多様な製品を創造するための「パワフルさ、高いコスト効率、使いやすさ」といった要件がフルフローのAMS設計環境に求められている。しかし、多くのEDAベンダから入手できるのは、高額でコストパフォーマンスの低いAMS設...(2016/7/8 提供:メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社)

レポート
無線LANの基礎知識――企業に最適なネットワークを探る
 「Wi-Fi」とも呼ぶ無線LANは、今日のネットワーク環境において最も一般的に利用されているインフラだ。現在の無線LANにつながる規格「IEEE802.11」を最初に策定したのは1997年だが、本格的に普及し始めたのは、転送速度が最大11Mbpsの「IEEE802.11b」を規格化した1999年...(2016/7/5 提供:KDDI株式会社)

製品資料
2極で進むデータセンターのサイロ化、不可避となったシステム刷新の方法は?
 データセンターで利用されているITシステムの多くは、自動化/オーケストレーション機能を備えている。しかし、それでも長期間の運用に伴う、複数世代のITの混在や、ベンダー間の非互換性といった問題を避けることは難しい。 このような形でサイロ化が進んだシステムが...(2016/7/4 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
“なりすまし”アクセスを防ぐ、認証サーバ不要のワンタイムパスワード管理術
 業務におけるモバイル活用が進み、外出先からクラウドアプリや社内システムにアクセスすることが一般的になった。それに伴い、パスワード不正使用による“なりすまし”のリスクも高まったが、まだ十分な対策が取られていないケースも見られる。 なりすまし対策として一...(2016/7/1 提供:ジェムアルト株式会社)

製品資料
中小企業でも手が届く高度なストレージシステム、低コストでBCP/DRも実現
 この数年でオールフラッシュストレージやハイブリッドストレージの価格は大きく下がり、エントリーレンジの価格帯にも高いスペックを備えた製品が登場している。これにより中小規模の企業でも高度なストレージシステムを導入できるようになった。 近年のエントリークラ...(2016/6/30 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
SAP S/4HANA環境をクラウドで構築、選べる運用形態は?
 近年、基幹システムや情報系システムをクラウドに移行する企業が増えているが、これらの企業が最も重視するのがベンダーの信頼性だ。そして、このような信頼できるサービスにデータセンターや仮想化基盤、ERPなどを集約させる流れも生まれつつある。 これらのサービス...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

レポート
オンラインストレージはIT担当者の救世主? それとも悪夢?
 多くのビジネスパーソンが多様な端末から多くの情報にアクセスするようになっている。それに対し、IT部門は管理とセキュリティ確保でき、モバイル端末からアクセスが容易に可能なオンラインストレージを提供しようと奮闘している。こうした需要に対して、多くのオンライ...(2016/6/30 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
「次なる40億人」が決めるクラウドベンダーの勝者と敗者
 クラウドコンピューティングを語るには、成長と変容を続けるインターネットの現在を見わたすことが不可欠だ。飽和する既存ビジネスの外側で急速に育つ新サービスが、既存ビジネスの生存域を狭めていく様を直視する必要がある。 クラウドがインターネットの成長を乗っ取...(2016/6/28 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
SDN移行で注意すべき5つのポイント――導入を成功に導くための課題を解説
 ネットワークをソフトウェアで管理する「SDN(Software-Defined Networking)」は、それまで物理的な作業が伴っていた各種設定変更からITスタッフを解放し、ネットワークの「新設/増設/改変」のスピードを大きく改善する点が特に注目されている。しかし、SDNの導入メ...(2016/6/27 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
5億5200万件の個人情報が流出──2014年版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 このホワイトペーパーは、シマンテックが毎年発行している『Webサイトセキュリティ脅威レポート』の2014年版である。「2013年のセキュリティタイムライン」「数字で見る2013年」といった独自の視点のレポートをはじめ、2013年のWebサイトセキュリティ脅威に関する以下の...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
「オレオレSSLサーバ証明書」では防げない、中間者攻撃の仕組みと対策
 中間者攻撃(Man-in-the-Middle Attack:MITM Attack)によって、WebブラウザとWebサーバ間のHTTPセッションをハイジャックされてしまう危険性があることは広く認識されてきた。これと同様に、サーバ間通信でもセッションをハイジャックされ、情報の盗聴や改ざんをする...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

事例
全米第2位のコカ・コーラ・ボトラーの「潜在コスト」を削減、その方法とは?
 全米第2位の規模を誇るコカ・コーラ・ボトラーであるコカ・コーラ・ボトリング・カンパニー・コンソリデーディット(CCBCC)は、100を超える取引先から入るオーダーなどの情報を効率的に処理する必要に迫られていた。 同社は従来のEDI環境やサービス管理、部品調達、機...(2016/6/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
すかいらーくが80業務システム200サーバをクラウドへ、その統合効果とは?
 企業の成長とともにITシステムは拡張されてきたが、その時代に最新と思われたプラットフォームやアプリケーションも、今日の技術からみるとつぎはぎだらけの時代遅れシステムとなっている例は多い。 ファミリーレストラン大手のすかいらーくでは、80業務システム、200...(2016/6/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Loading