TechTargetジャパン

プレミアムコンテンツ
「組み込みAI」実現に向けた半導体ベンダーの施策
さまざまな領域での活用が見込まれている人工知能(AI)ですが、それはクラウドのような強大な計算力を使えない組み込み機器であっても無縁ではありません。AIの捉え方、実装の仕方にもよりますが、代表的なAI技術であるディープラーニングを組み込み機器で利用しようと考...(2017/4/18 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「OpenStack」だけでは実現できない“7割の要件”にどう対応する?
 優れた柔軟性と拡張性から注目される「OpenStack」。IDC Japanの調査では、このクラウドプラットフォームを本番環境に利用しようという企業は増加傾向にあり、特にICT企業では4割が既に利用または導入に向けて取り組んでいるという。 ただ、数百以上の仮想マシンを搭載...(2017/4/17 提供:日本電気株式会社)

技術文書
Wi-Fi徹底比較、高容量・高干渉環境下のテストで上位になった製品は?
 Wi-Fi環境を構築したものの、想定通りの速度が出ない、途切れやすい、つながりにくいといった不満を抱えているケースは多い。アクセスポイントにかかる負荷の変動やオフィス内の障害物による電波減衰などの影響から、理論値通りの性能はそうそう得られないためだ。 そ...(2017/4/17 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

Webキャスト
オンプレミスのITリソースも最適化、新たな「ハイブリッドインフラ」の形とは?
 企業のクラウド利用が容易になり、必要に合わせてITリソースを確保できるようになった。しかし、全てをパブリッククラウドに移行するには、機密情報の扱いや法令対応、セキュリティなどの困難な課題が残っている。結果、安全で管理しやすいオンプレミスか、柔軟でコスト...(2017/4/14 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
オンプレ環境をクラウドのようにスケールアップ――インフラコスト削減の秘訣
 セキュリティやガバナンスの面を考えれば、オンプレミスで運用すべきシステムやデータはなくならない。しかし、オンプレミス環境では、予期せぬ事態によるITリソース不足に備えるため、十分な予備リソースも求められる。その確保には、多くの手間や時間が必要となるだけ...(2017/4/14 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
CDN選びでよくある失敗理由とは? Webパフォーマンス向上のため要注意の3箇条
 Webを通じて世界中とつながっている現代のビジネスでは、ユーザーに高品質なエクスペリエンスを提供することが、顧客満足度を向上させ、ビジネスを拡大するための重要な要素になっている。Webパフォーマンスを向上させる手段として、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)...(2017/4/13 提供:ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社)

製品資料
パブリッククラウド主要3社を比較、性能・価格に優れたIaaSはどれ?
 パブリッククラウドでは主要ベンダーのサービスが出そろい、企業活用が拡大の一途をたどっている。その中で、クラウドサービスのように従量課金制で利用できる物理サーバ提供サービス、長期アーカイブに特化した低価格ストレージサービスなど関連サービスも充実してきた...(2017/4/3 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
環境やアプリケーションを選ばない、真にオープンなクラウドサービスは?
 企業のクラウド移行が加速する中、PaaS、IaaSの重要性は一層増している。その特徴は多岐にわたるが、中でも重要なのは柔軟性だ。クラウドベンダーの製品・サービスだけでなく、他社製品・他社環境を含めて柔軟に連携できるサービスが求められている。 アプリケーション...(2017/4/3 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
まだまだハードルが高いIT運用の自動化――無理なく導入するには?
 IT運用の現場はさまざまな作業がつきものであり、予期せぬ事態の発生も多い。だからこそ人間による作業が必要になるが、それでも、これをある程度自動化することができれば、大きなコスト削減を実現し、人的ミスの削減による運用の品質向上につながる。 近年ではITベン...(2017/3/30 提供:株式会社イーツ)

Webキャスト
ストレージ6社のパネル討論でホンネが見えた、オールフラッシュの今
 ストレージは「フラッシュファースト」の時代だ。SSDの高速性ばかりが求められた段階を過ぎ、今はプライベートクラウドを含めた仮想化や基幹システム、サービス基盤など用途が拡大し、要件も多様となっている。 比較検討する際には、HDDストレージにフラッシュを搭載し...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

Webキャスト
「予測分析」で実績値99.9999%の可用性、ストレージの新たな未来を開く
 ストレージのメインストリームになりつつあるフラッシュストレージ、従来のストレージベンダーの新製品だけでなく、新興ベンダーも登場している。中でも、ファイルシステムと重複排除技術の第一人者同士が立ち上げたベンダーのストレージ戦略に注目したい。 パフォーマ...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

レポート
HTTPサイトは全て“危険サイト”と見なす――Googleの「HTTP離れ」が加速する訳
 HTTPサイトが安全でないことを周知する――。こうした取り組みの一環として、GoogleはWebブラウザ「Chrome」のセキュリティ警告の強化に着手した。具体的には、パスワードや決済情報を転送するHTTPサイトに対して、アクセス時に警告を表示するという措置だ。Mozilla Fou...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

事例
「AWS×データ分析」構築事例3選──データ変換/統合を楽にするツール導入法
 Amazon Web Services(AWS)では、ソリューションアーキテクチャを理解することで、可用性や安全性が高く、業務負荷に合わせてインフラリソースを増減できるITシステムを簡単に構築できるようになる。しかし、そのコストまで含めてシステムを最適化するためには、さまざ...(2017/3/14 提供:Talend株式会社)

比較資料
【比較表】主要統合型バックアップアプライアンス、機能比較
 バックアップアプライアンスには「ターゲット型バックアップアプライアンス」と「統合型バックアップアプライアンス」の2種類がある。ターゲット型はバックアップ保存先ストレージのみ、統合型はバックアップ保存先ストレージとバックアップサーバを組み合わせた製品を...(2017/3/13 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
セキュリティ徹底分析:サイバー犯罪者がこれから狙ってくるものは?
 今やサイバー犯罪は一大ビジネスに成長している。サイバー攻撃に必要なソフトウェアをサービスとして提供する「Malware as a Service」まで登場し、サイバー犯罪組織がソフトウェアとサービスを提供するベンダーのような役割まで果たし始めている。 また、サイバー攻撃...(2017/3/1 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージド導入のベストプラン――バックアップまで最適化するには?
 仮想化環境の構築に必要なサーバ、ストレージ、SANスイッチが1つの筺体にコンパクトにまとまったハイパーコンバージドインフラ(HCI)。導入を支援するサービスも登場し、さまざまなベンダーの製品の中から自社に合ったものを最適な形で導入できるようになった。 その...(2017/2/28 提供:arcserve Japan合同会社)

技術文書
DDoS緩和サービスの見極め術――本当に大規模かつ最新の攻撃を阻止できるのは?
 分散型サービス妨害(DDoS)攻撃の規模は現在も拡大を続け、簡単に攻撃が可能なサービスの出現などの影響で、被害を受ける企業や組織の範囲も拡大している。それを受け、DDoS緩和サービス市場に次々にベンダー(緩和サービスプロバイダー)が参入し提供を始めている。し...(2017/2/8 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

製品資料
AWS移行の新常識、「Amazon WorkSpaces」でデスクトップ運用負荷を大幅に軽減
 近年、業務システムや業務環境のクラウド移行がさまざまな形で進んでいる。その背景には、オンプレミスや仮想基盤に展開されたシステムの全面移行にも対応できるセキュリティと可用性を備えた「Amazon Web Services」(AWS)などの存在がある。 AWSが選ばれる理由には...(2017/2/7 提供:株式会社サーバーワークス)

レポート
AIがウイルス対策ソフトの限界を超える――未知の脅威を防ぐ技術とは
 かつてセキュリティベンダーの重鎮が「ウイルス対策ソフトが検知できるのは攻撃全体の45%、残りの55%の攻撃は防御できていない」と発言し、話題を集めた。このことが象徴するように、ウイルス対策ソフトに頼った入り口対策は限界を迎えつつある。 そこで導入が増えて...(2017/2/6 提供:富士通株式会社)

レポート
仮想環境に潜むコンプライアンスリスク――膨大な監査請求の支払責任は誰に?
 パブリック、プライベート、ハイブリッドなど、クラウドにもさまざまな形態があり、また、その上で運用されるソフトウェアの柔軟性から仮想マシン(VM)の利用も進んできた。一方、こうした状況では、クラウドサービスのコンプライアンスやセキュリティ対策などの責任所...(2017/2/3 提供:ウチダスペクトラム株式会社)

製品資料
ノンコーディングアプリ開発をさらに高速に――導入前に確認したい支援サービス
 工数を削減しつつ、信頼性の高いアプリケーションを作成できるノンコーディング開発ツール。その魅力は活用の幅の広さにある。ツールのメリットをさらに引き出すためには、支援ツールやベンダーのサポートも有効に活用したい。 例えば、ベンダーが提供する支援ツールを...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

製品資料
パブリッククラウドのセキュリティは大丈夫? そんな不安を解消するには
 クラウドやモバイル端末の業務活用が進んだことで、企業の生産性は大きく向上した。その一方で、管理すべきプラットフォームの拡大は、アプリケーションの可用性やパフォーマンス、セキュリティを維持する管理者にとって困難な状況を生んでいる。 その一例が、Webアプ...(2017/1/31 提供:F5ネットワークスジャパン合同会社)

製品資料
モダンで堅牢な従業員/カスタマーサイトを直感的な操作で構築
 近年は社内向けポータルや顧客向けWebサイトで、さまざまなサービスやアプリケーションが提供されている。これらを利用するユーザーは、より多くの機能を活用したコラボレーションや情報共有を求める一方で、複数のID/パスワードの使い分けのような面倒なことは避けた...(2017/1/27 提供:株式会社イージフ)

レポート
Windows 10 Anniversary EditionでIT部門が悲鳴を上げる理由
新世代のWindowsが登場すると、個人ユーザーは積極的に導入する一方で企業ユーザーは導入に消極的になる。IT的好奇心が旺盛な個人ユーザー、特にパワーユーザーは新しいOSに導入した新しい機能をいち早く試してみたい。その結果、今使っているシステムに不具合が生じたと...(2017/1/14 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
【比較表】主要ターゲット型バックアップアプライアンス、機能・価格比較
 バックアップアプライアンスには「ターゲット型」と「統合型」の2種類がある。ターゲット型はバックアップ保存先ストレージのみ、統合型はバックアップ保存先ストレージとバックアップサーバを組み合わせた製品を指す。このコンテンツではターゲット型アプライアンスに...(2016/12/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
クラウドサービス4社対決、パートナーから最も評価されたのは?
 コンサルタント企業のAMI-Partnersでは、主要な4社(Amazon.com、Google、Microsoft、Salesforce.com)のクラウドサービスプロバイダーを対象に、パートナーの評価や収益性を中心にインタビューを行った。その結果、さまざまな項目で評価が高かったサービスプロバイダー...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
複雑なIT環境で障害は避けられないのか? 影響を最小化する構成要素分析に迫る
 ビジネスの展開に応じて、部分的な増強や入れ替えをすることが多いシステムインフラ。気付けば非常に複雑な構成となっているケースは珍しくない。こうした多種多様なベンダーのハードウェアやソフトウェアが混在する環境では、その複雑さが多くの課題をもたらしている。(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ベンダー機種不問、電話一本楽々解決、保守切れ製品保守延長可、それって一体?
 技術革新やワークスタイルの変化で、企業ITインフラにはサーバからPC、モバイルデバイス、専用端末、ネットワーク機器など、さまざまなベンダーのハードウェアが混在している。 トラブルが起きれば問題を切り分けなければいけないが、それぞれ仕組みが違い、台数も多く...(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
4業種の利用例に見るマルチベンダー環境のソフトウェア保守一本化メリットとは
 顧客や市場に合わせて業務は変化し、これを処理するソフトウェアもさまざまなものが導入される。結果、マルチベンダー環境が出来上がり、保守窓口の分散や、障害時の切り分けに労力がかかる状態になっていないだろうか。 トラブルの早期解消や安定稼働には、利用する全...(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
異なるベンダー製品が混在するインフラ保守やトラブル対応をまとめてカンタンに
 多種多様なハードウェアとソフトウェアが用いられている企業のIT環境。採用されているベンダーもさまざまであり、それぞれの保守窓口も異なるため、問題が生じた際の切り分けはユーザー側の負担となる。障害が複雑なほど、解決の道は遠くなる。 とはいえ、単一ベンダー...(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading