TechTargetジャパン

製品資料
クラウドサービスを「中の人」が解説――今、注目すべき重要技術とは?
 ビジネスにおけるクラウドの重要性が高まる中、クラウドベンダーの競争も激しさを増している。この競争に勝ち抜くため、クラウドベンダーはどのような技術に力を注ぎ、差別化を図っているのだろうか。国内最大規模のバックボーンネットワークを保有するベンダーを例に...(2017/10/20 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

製品資料
メールセキュリティの新常識 高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出
 世界規模の被害を与えた「WannaCry」をはじめサイバー攻撃は多様化しているが、やはり主流を占めるのはメールによる攻撃だ。中でも標的型攻撃に代表される高度なメール攻撃は進化を続けており、防御側にも従来手法からの進化が求められている。 例えば、悪質なファイル...(2017/10/20 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理
 基幹業務における無線LANの利用が拡大するとともに、ネットワーク運用の複雑化と高度化が急速に進んでいる。BYODやリモートオフィスへの対応、IEEE 802.11acの導入、ビーコンを用いた位置情報の活用などへのニーズが高まる一方で、無線LANにも有線LANと同等の安全性や安...(2017/10/17 提供:株式会社日立システムズ)

製品資料
データセンター進化の最新アプローチ、仮想化技術をどう活用すべきか?
 運用の複雑化やリソース不足、最新テクノロジーの対応の遅れなどの課題を解消できるインフラとして注目される、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)。この強力なインフラにデータセンターを移行するための最新アプローチは、大きく分けて2通りがある。 その1つが、HCI...(2017/10/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
いまさら聞けない「統合脅威管理(UTM)」の基礎知識
 統合脅威管理(UTM)システムには多数のセキュリティ機能を搭載してあり、1台で幅広い脅威を防御できるのが特徴だ。とはいえ近年は、次世代ファイアウォール(NGFW)とUTMの機能的相違が曖昧になりつつあり、どちらも「ネットワークセキュリティのリスクを最小限に抑え...(2017/10/12 提供:シーティーシー・エスピー株式会社)

その他
AIを活用したソリューションの開発を支援――AIベンダーとの協業で得られる効果
 ビッグデータ分析をはじめデータ活用が企業にとってますます重要となる中、その鍵となるAIを活用したビジネスが現実的になってきた。早速活用したいところだが、実用化され始めたばかりだけにアプローチ方法に悩む企業も多いだろう。 さらに、活用のハードルは下がって...(2017/10/10 提供:日本電気株式会社)

製品資料
クラウド基盤は何を基準に選ぶ?──IaaS・PaaS選びの「5つの要件」
 IoT、デジタルビジネス、ビッグデータ分析など、ビジネスにおけるIT活用が必須となる中で、オンプレミス環境のコストと運用管理、拡張性が問題視されるようになった。そのため、サーバやストレージ、ネットワークのリソースを月額や時間課金で利用できるIaaS(Infrastru...(2017/10/10 提供:日本電気株式会社)

製品資料
申請書類を手軽に作成、ペーパーレスと申請・承認状況の見える化を両立するには
 ペーパーレスが叫ばれて久しいが、まだオフィスでは各種の申請などに紙文書が広く利用されている。紙文書は記入ミスが発生しやすいだけでなく、紛失や改ざんのリスクもある。また、申請された決裁の承認状況が把握しづらく、現在どこまで進んでいるのかを確認できないこ...(2017/10/2 提供:パナソニック ネットソリューションズ株式会社)

レポート
今まで慎重だった経営者が最新クラウド戦略「リフト&シフト」を受け入れる理由
 基幹システムのクラウド化がもたらすメリットは理解しているものの、移行で直面するであろう数多くの課題を考えてためらう企業の経営者は多い。彼らの不安を取り除くために提唱されたキーワードが「リフト&シフト」戦略だ。 リフト&シフトでは、これまでオンプレミス...(2017/10/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージド導入ガイド――主要製品の特長と重要オプションを解説
 サーバやSAN、ストレージなどの統合基盤であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。そのメリットは、セットアップが簡単に行えることや、後から簡単にスケールアウトできることにある。また、搭載された高機能ストレージにより、さまざまなビジネスニーズに柔軟に対応...(2017/9/28 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
あのWannaCryも18カ月前に防げていた――脅威の検知率を誇るアンチウイルス
 今日の高度化するサイバー攻撃を前に、従来の対策は限界を迎えつつある。攻撃者はマルウェアを日々作成しては使い捨て、アンチウイルスベンダーが新種マルウェアの対応を済ませるころには、別のマルウェアを作成して攻撃を行っている。 未知のマルウェアに対応するべく...(2017/9/28 提供:Cylance Japan株式会社)

技術文書
取引相手の特権ID管理に疑問を感じたら? 自社を守る「アクセス制御の5箇条」
 テクノロジーの進化によりビジネスモデルが変化した現代においては、ベンダーや契約業者などサードパーティーと連携してビジネスを展開するのが当たり前となっている。当然、共にビジネスを進めるサードパーティーの関係者に対して、社内ネットワークやシステムへのアク...(2017/9/27 提供:CA Technologies)

製品資料
SDS専門企業だからできる「高性能&低価格HCI」の秘密とは?
 IT環境を迅速に立ち上げる方法として、近年、ハイバーコンバージドインフラ(HCI)の注目度が高まっている。HCIはSDS(Software-Defined Storage)の技術を使い、外部のストレージアプライアンスを用いず、汎用的なx86サーバ上にコンピューティング機能とストレージ機能...(2017/9/25 提供:データコア・ソフトウェア株式会社)

レポート
仮想デスクトップ最新動向――DaaS注目の理由は?
 「大企業による導入が進むことでDaaSやWaaSの採用が拡大する」──IDCのアナリストは2017年の頭に、こう予測した。クラウドから提供する仮想デスクトップ環境「DaaS」は実際、市場での立ち位置を確立しつつある。 一方、機密データの扱いなどさまざまな理由から導入に...(2017/9/15 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

比較資料
ハイパーコンバージド徹底比較。コスト、性能、データ保護など、優秀な製品は?
 10年以上にわたり、データセンターの変革は、フレキシブルでコスト効果の高いインフラ構築を可能とする仮想化技術を中心に進んできた。しかし、そのメリットを真に活用するためには、コンバージドインフラの進化形であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)の登場を待...(2017/8/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

比較資料
7つの重要事項で確かめるクラウドセキュリティ対策の要点
 複雑かつ激化していくサイバー攻撃に対し、オンプレミスインフラの保護手段としてクラウド型のセキュリティ対策を検討する企業は多い。そこには、社内リソースだけでは脅威への対策を十分に行うことができない、という多くの企業における厳しい現状がある。 そこで本コ...(2017/8/30 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

比較資料
クラウドベースのセキュリティを実現する「7つのポイント」
 オンプレミスインフラのセキュリティ対策として注目されているのが、クラウドベースのセキュリティ対策だ。サイバー攻撃は日々刻々と進化しており、その全てに単一のインフラ、企業で対応するのはリソース的に不可能だ。高水準のテクノロジーを組み合わせて運用すること...(2017/8/30 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

製品資料
「オールフラッシュアレイ」12社25モデルをガチンコ比較、今選ぶならどれ?
 オールフラッシュアレイ(AFA)の普及が進んでいる。今日の競争では、大が小を制するのではなく、より速いものが遅いものを制す。大半の場合、AFAは導入から18カ月ほどで投資回収が可能だ。また、従来のストレージシステムの維持管理コストよりも低いとの報告も多く寄せ...(2017/8/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

プレミアムコンテンツ
「シリコンが帰ってきた」――高まる電子設計と機能検証の重要性
 かつて、「これからはソフトウェアだ」と言われた時代があった。しかし、現在の技術トレンドである自動運転や人工知能、VR、IoTなどの要素はいずれもハードウェアと密接な関係を持っており、電子設計の重要性が再び脚光を浴びている。 しかしながら設計はシリコンの微...(2017/8/24 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
“クラウド3巨人”のサービスだけではダメ? IoTビジネスを成功させるヒント
 全ての機器をIoT(モノのインターネット)によって制御する時代が来ようとしている。IoTが現実のものとなりつつある今、多様で複雑性に富む「モノ」の分野には、温度などを測定するセンサーや、メッセージなどを送信できるCPU、Bluetoothなどのプロトコル経由で通信でき...(2017/8/17 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
オンプレ環境をクラウドのようにスケールアップ――インフラコスト削減の秘訣
 セキュリティやガバナンスの面を考えれば、オンプレミスで運用すべきシステムやデータはなくならない。しかし、オンプレミス環境では、予期せぬ事態によるITリソース不足に備えるため、十分な予備リソースも求められる。その確保には、多くの手間や時間が必要となるだけ...(2017/8/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
EUCに失敗しないためのVDI環境構築術、5つのポイントで要件を見極める
 EUC(End User Computing)は、場所にとらわれない働き方やBYODを可能にし、生産性を向上する手法として、多くの企業が取り組んでいる。一方で、VDI環境をはじめ相応のインフラ整備が必要であり、単に導入しただけではIT部門の作業時間が運用トラブルに浪費されかねない...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは?
 近年、多層型の防御戦略の一角を担い始めた「次世代ファイアウォール」(NGFW)。管理が容易であり、ストリーム単位でのスキャンにも対応するなど、多くのメリットを持つため、NGFWがセキュアWebゲートウェイやWebプロキシの代わりになると主張するベンダーも見られる。(2017/8/14 提供:株式会社シマンテック)

事例
旭化成がSAP HANA基盤を刷新、処理量増大にも柔軟に対応できるわけ
 早くからデータ活用に取り組んできた旭化成は、2011年に「SAP HANA」を導入し、リアルタイムのERPデータを分析レポートに利用していた。しかし、処理スピードの圧倒的な速さから、想定以上にレポートが作られるようになり、データ量が急増。システムパフォーマンスの維...(2017/8/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
注目機能を解説、ビジネス変化に強いハイパーコンバージドインフラの見極め方
 求められる機能の多様化・高度化に伴って、ITインフラは複雑化してきた。必要なリソースは予測が困難で、調達には常にリスクを伴う。複雑化した構成は運用者に高度なスキルを求めるとともに、導入期間も長期化しがちだ。さらに異なるベンダー製品を併用すれば、管理や拡...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
その機械学習は本物? エンドポイントセキュリティを評価する3つのポイント
 アンチウイルスソフトは、長い間エンドポイントを保護する重要な防御手段だった。しかし、マルウェアは複雑化し、スパイウェア、キーロガー、バックドア、コマンド&コントロールサーバ、外部への送信など、さまざまな形態で提供されている。フィッシング攻撃はよく見ら...(2017/8/7 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
検出回避方法を学ぶマルウェアの機能を徹底解説、防御の具体策とは?
 マルウェア攻撃が猛威を振るっている。サイバー犯罪者の手口は高度化を続け、企業のセキュリティ防御を回避できる適応型の脅威やマルウェアを日々作成している。それと同時に、ハッカーは企業のネットワークに侵入しようと創意工夫を重ねている。オープンなパブリックネ...(2017/8/2 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
ハードウェアの保守期限切れ、それでも使い続けたい企業が取るべき選択肢は?
 サーバやストレージ、ネットワーク機器などハードウェアのサポート期限切れは、どの企業にとっても悩ましい課題だ。リプレースの費用はもちろん、安定稼働しているシステムに予期せぬエラーが起こるリスクなどについても考えなければならない。 しかも、現実には「現行...(2017/8/1 提供:ブレイヴコンピュータ株式会社)

製品資料
自社に最適なAI活用パターンは? 事例に学ぶAIの業務活用
 AIを業務で活用する取り組みは、行政から交通機関、製造業から流通、医療、教育機関まで及んでいる。それぞれの業種では既にAIを導入した効果も報告されており、銀行の研究機関では分析工数を60%削減した他、製造ラインでは画像データ解析による検品工程の省人化、生産...(2017/7/28 提供:日本電気株式会社)

Webキャスト
WannaCryはIPSで十分に防げた? 2014年時点で危険度は“85%”と判定
 全世界規模で被害を及ぼした「WannaCry」をきっかけに、セキュリティ対策を見直し始めた企業は少なくない。企業ITシステムに対する攻撃は、その感染経路の違いからプログラムを使った手法とシステムの脆弱(ぜいじゃく)性を狙う手法に大別できるが、WannaCryをはじめと...(2017/7/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading