TechTargetジャパン

技術文書
XenDesktopを連携するシスコの仮想ワークスペース基盤導入マニュアル
 デスクトップ仮想化の効果的な導入手法はさまざまあるが、根本的にはさまざまなエンドポイントからのアクセスを可能にする必要がある。それにはエンドユーザーのコンピューティング環境をデータセンター内に設置することが効果的だ。また、真の仮想ワークスペースを実現...(2012/11/5 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
企業の信用を損なう「信頼の盲点」とそのセキュリティの課題とは?
 今日のサイバー攻撃は、日々のビジネスや、人々のつながり、普段利用するアプリなど、これまで築いた「信頼」を悪用する。SNS上の情報や、クラウドサービスの認証情報、認証システムなどの盲点を巧みに利用し、機密情報の盗難やシステムの破壊などの犯罪を重ねている。(2014/6/24 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
見えはじめた“第1世代”の課題、次世代ハイパーコンバージドはどこが変わる?
 ハイパーコンバージドインフラは、高度な共有ストレージシステムを必要とせずに仮想化クラスタを導入できることから、仮想デスクトップなどの基盤として広く使われている。しかし、多くの製品がネットワーキングを補足的に扱っていることに起因して、幾つかの課題も見ら...(2016/5/24 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
デスクトップ仮想化とUCの連携基盤に求められる技術要素とは
 Windows 7への移行、私物端末の業務利用(BYOD)の潮流、事業継続計画(BCP)などの観点から、新しいワークスタイルの導入が国内でも求められるようになってきた。場所やデバイスを選ばずにどこででも同じように仕事ができる。これを実現するのがデスクトップ仮想化とユ...(2012/11/5 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
VMwareとNetAppが実証! 300〜1500名規模の共有インフラ基盤の構築に求められる4つの要素とは?
企業は仮想化技術により、ITインフラをクラウド化し柔軟で低コストな基盤構築を検討している。しかし、下記の要件を満たすシステム設計は、その構成機器の複雑さ、選択肢の広さから困難を極める状況にある。1. VMware View/Exchange/SQL等ビジネスアプリケーションを混在...(2011/12/19 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
脅威検知を迅速化、セキュリティ分析のための「コールドストレージ」構築法
 サイバー犯罪は頻度と巧妙化の両面で成長を続け、脅威への対応の遅れが招く被害も年を追うごとに増大している。そのため、これらのリスクを最小化するセキュリティ対策には、「自動化」と「リアルタイム性」が要求されるようになった。 そこで、ルーター、スイッチ、We...(2016/8/31 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
Exchange Server 2010の課題を解決し、最適化できるCisco UCSサーバによるソリューションとは
 多くの企業にとって、電子メールはミッションクリティカルなサービスへと進化し、ユーザの期待とサーバの要件も進化している。この変化に対応して、Microsoft Exchange Serverも過去数回のリリースで大きな変化を遂げた。 Microsoft Exchange Server 2010 は、過去のバ...(2013/11/21 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
HPとシスコの企業向けネットワークスイッチの相互接続性を検証する
 企業ネットワークで利用するプロトコルに対して、各社製品は独自の技術を活用しており、それが相互接続の障害となるリスクがつきまとう。それは最近利用が増加しているIPマルチキャストや、仮想ルータ冗長プロトコルなど新しい技術分野についても同様だ。それでもネット...(2014/12/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
構成図で解説:データセンターのネットワーク運用を最適化する40Gbps配線シナリオ
 データセンターの統合、仮想化、クラウドの進展に伴い、データセンターは大きな変化を遂げ、アプリケーションワークロードの拡張性と迅速性に対する要求も高まっている。性能、帯域幅、遅延時間がデータセンターネットワークにおいて最重要要素である一方、データセンタ...(2014/1/31 提供:パンドウイットコーポレーション日本支社)

製品資料
膨大なデータと業務システムの統合運用で、より的確な意思決定プロセスを構築
 データ分析を的確な意思決定に生かすには、必要に応じてリアルタイムに近い分析結果を入手しなくてはならない。これはビッグデータについても当てはまる。POSデータも、医療データも、在庫情報も、全て必要な時に何度でも分析し、最新の結果を取得したのち、各種業務シ...(2016/9/21 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
TCO最大50%削減を実現する「データセンター特化型スイッチ」という選択
 今日のデータセンターでは、迅速なサービスの立ち上げを実現しつつ、同時にグリーンオペレーションやディザスタリカバリ、ワークロードモビリティを提供しなければならない。それに伴って、サーバのCPUソケット、コア、メモリ、NIC/HBAの集約度、敷設するケーブル、ま...(2013/6/26 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
例えばOpenStack導入、クラウド基盤を「統合インフラ」で構築するという選択
 ビジネスを支えるIT環境の基本条件として、仮想化やクラウドへの対応はもちろん、適用業務に対する最適なインフラの構築・運用が求められる。統合インフラは、ネットワークモジュールから管理ソフトまで全てをそろえて効率良くサーバ環境を構築できるため、最適なインフ...(2015/10/5 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
複数拠点の中小規模システムの更新、どうすれば楽にできる?
 中小規模の組織では個別のシステムごとにIT管理者が張り付いて対応することは難しく、都度の管理となるケースも多い。そこで管理プロセスや作業をシンプルにした、統合インフラの活用が有効となる。 本ホワイトペーパーは、中小規模のIT環境向け統合インフラについて解...(2015/10/5 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
VDIの性能を徹底検証:ブレードサーバ1台で同時サポート可能な仮想デスクトップ数は?
 仮想デスクトップソリューションを導入する場合、多数の仮想デスクトップを集約するには、コンピューティングとメモリの観点で十分に強力なサーバを選択することが非常に重要だ。サーバ1台当たりでサポートできる仮想デスクトップの数が多ければ、当然サーバ数を減らす...(2014/8/18 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
徹底解説:データセンター担当者のための「ビッグデータ活用基盤の構築法」
 ビッグデータは、空想や誇大宣伝だった時代は終わり、既に現実となった。だが、大量のデータの中から価値を見つけ出し、確実に成功する手段はまだ存在しない。本書はビッグデータ活用の最新情報や技術解説、システム構築手法をまとめたリポートだ。ビッグデータに伴う変...(2015/2/3 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
Cisco製品保守のサービス品質・コスト課題を解決する方法
 ビジネス活動では不可欠のネットワーク、サーバ、ストレージ。Cisco製品は多くの企業で重要なインフラとなっている。そのような中、保守サービスに課題を抱える企業も多い。 地方拠点での対応に時間がかかる、24時間365日均一なサービスレベルではない、障害時には自社...(2015/8/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
SAP導入効果を事前検証、自社データを使って希望のSAP環境でテストする方法
 どんな製品でも、実際に導入すると、予想したほどの効果が得られないケースがある。特にエンタープライズ向け製品ではこうしたリスクを避けるため、評判の高い技術であっても、十分な事前検証をしてから導入することが重要となる。 さまざまなデータ活用に圧倒的な効果...(2016/9/21 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
一長一短ある「Microsoft」と「Cisco」のUCサービス、あなたにピッタリなのはどっち?
 Microsoftのクラウド版グループウェア「Office 365」に含まれているユニファイドコミュニケーション(UC)サービスとCisco SystemsのUCサービスが市場シェアの大半を占めている。 2社のサービスの大きな違いで挙げられるのがコストだ。Office 365のUCサービスを利用す...(2016/8/10 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
インフラストラクチャ管理自動化のメリットを倍増させるベストな選択とは
 高性能化が進み、仮想化やクラウドへの対応も要求されるようになったサーバ環境の構築。そのため、構築時にサーバ間を接続するネットワークが複雑化し、運用管理の負担が逆に増えてしまうケースも見られる。運用の管理負荷とコストを削減するには、インフラストラクチャ...(2014/4/3 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
サイバー攻撃の41%が中小企業を狙う、限られたリソースですべき脅威対策とは
 米国National Cyber Security Allianceによる2014年の報告では、サイバー攻撃の41%が、従業員500人未満の組織へのセキュリティ侵害を狙ったものであるという。今日、企業が置かれている環境は、マルチベクトル攻撃や永続的な脅威の増加、流動的なIT環境、普及するユー...(2015/7/27 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
仮想化のメリットを生かしきれないデータセンターの共通点
 仮想化技術を導入すると、複数のサーバを統合できリソースの利用効率が向上する。しかし、システムの規模が多くなるほど、仮想化の利点であるはずの「効率性」「俊敏性」が損なわれているのが現状だ。その要因は、従来型のアーキテクチャで構成されるシステム基盤にある...(2012/4/17 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
「良いサーバを、より安く」 単品購入でも適用の特別価格プログラムの中身とは?
 新プログラム「Smart Play Select」と従来の「Smart Play」の最大の違いは、サーバのコンポーネント単品の購入でも値下げの恩恵が受けられること。例えば「Smart Play」では、ブレードサーバの「Cisco UCS Bシリーズ」を購入の際、サーバブレード・シャーシ・スイッチ...(2015/12/3 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
ワイヤレスインフラを顧客サービスの戦略拠点に変身させるには
 自社の施設内に顧客がいるときは、Wi-Fiネットワークを通じて顧客の関心を引き付け、優れたサービスを提供できる貴重なチャンスだ。施設内にいる顧客の多くはWi-Fiネットワークを利用する。これにより、顧客の位置を認識して行動を把握し、その場に適したサービスやプロ...(2015/1/7 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
データセンター運用の自動化とセキュリティを両立するポリシー検証法
 近年、データセンターに構成管理ツール、IaaSプラットフォーム、Webサービスなどを利用しながら、必要なハードウェアまたはソフトウェアの構成を自動管理する企業が増えている。その結果、ネットワーク管理者はコストパフォーマンスに優れたデータセンターを容易に運用...(2016/10/11 提供:シスコシステムズ合同会社)

講演資料
Windows Server 2003移行のシステム基盤選び、キーワードは「クラウド」「仮想化」
 Windows Server 2003のサポート終了はに伴い、サーバ移行を検討している企業も多いだろう。Windows Server 2003リリース時のサーバはどのような構成だったのだろうか。当時のシステム要件を確認すると、メモリ上限4Gバイト、必要なHDD空き容量1.25〜2Gバイト、133MHz以...(2014/11/21 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
導入スピードを77%高速化、短期間でビッグデータ活用基盤は構築できる
 あらゆるデバイスやセンサーがネットワークに接続するIoT時代の到来により、膨大なデータを高速で分析し、経営判断に活用するビッグデータソリューションが、企業の差別化要因として注目を集める。ビッグデータを経営に活用するには、大量のデータ分析を担うデータウェ...(2015/10/5 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
標的型マルウェア、脆弱性対策の鍵は「徹底した見える化」にあり
 標的型マルウェア対策における課題は、主に「マルウェアの検体の特定が困難」「侵入原因と影響範囲の解析にかかる時間とコスト」「発見や対応の遅れによる被害拡大リスク」の3点だ。これらはいずれもマルウェアがイントラネットに侵入する時点の対策のみで解決すること...(2014/6/24 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
データセンターのアプリケーション状況を可視化するリアルタイム分析
 データセンターでは1日に数百万件のフローを処理しているところも珍しくはない。運用チームは、大量データを扱いながら運用効率の向上を目指すことが求められており、稼働状況の可視化が重要な課題となっている。 しかし、ネットワーク上で依存関係にある全てのアプリ...(2016/10/11 提供:シスコシステムズ合同会社)

事例
顧客の位置情報をリアルタイム活用、ビッグデータ取得・処理基盤の作り方
 商業施設で開催されるキャンペーンやタイムサービスなどの情報、駅や空港など特定エリアの混雑状況など、顧客の状況に応じて最適な情報をタイムリーに提供することは、顧客にメリットがあるだけでなく、事業者にも顧客満足度の向上や売り上げ、リピート率の改善をもたら...(2015/2/3 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
脱UTM ― Cisco ASA 5500シリーズによる最適な境界セキュリティ選択
シスコの適応型セキュリティ製品、Cisco ASA 5500 が目指すネットワーク セキュリティのあり方は、これまで市場の注目を集めていたUTM(統合脅威管理)アプライアンスとは、もともと異なった「適応型防御」というコンセプトに基づいている。「UTMという箱がすべての問題を...(2009/8/24 提供:シスコシステムズ合同会社)

Loading