驚きの50万円「Apple Vision Pro」は売れるのか? 誰も買わないのか?売れるかどうかは“あの用途”が鍵

AppleはHMD「Apple Vision Pro」に、3499ドルという“強気”の価格を設定した。「この価格でも買ってもらえる」と同社が見込むターゲットとは。

2023年08月06日 09時30分 公開
[Ed ScannellTechTarget]

 Appleは2023年6月に開催した同社の開発者向け年次イベント「World Wide Developers Conference」(WWDC)で、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の「Apple Vision Pro」(写真)を発表した。発表イベントに立ち会った同社の幹部は「スマートウォッチの『Apple Watch』を発表した2014年以来、最も重要な発表だ」と述べた。

50万円のApple Vision Proを買うとすれば誰?

写真 写真 Apple Vision Proの利用イメージ(出典:Apple公式サイト)《クリックで拡大》

 ビジネス向けクライアントデバイス市場において、Apple Vision Proが食い込む余地は十分にあるとAppleはみる。同社は自社で提供するビジネスアプリケーションを、Apple Vision Proで利用可能にする意向だ。

 「Apple Vision Proはコンピューティングの新時代を象徴する」と、AppleのCEOであるティム・クック氏は主張。クライアントデバイス「Mac」がパーソナルコンピューティングを実現したのと同様に「Apple Vision Proは“空間コンピューティング”を実現すると確信している」と説明する。

 Apple Vision Proの一般発売は2024年上半期以降で、価格は3499ドル(約49万6000円)だ。比較的高額であることから、ニッチなビジネスアプリケーションを活用するユーザー企業や、限られた富裕層のマニアにしか受け入れられない可能性がある。

 Meta PlatformsのHMD「Meta Quest 3」は、Apple Vision Proと競合する可能性がある。Quest 3は没入型のVR(仮想現実)体験を提供し、価格は499ドルからだ。2023年秋の発売を見込む。

関連キーワード

Apple | Mac | CPU | GPU


TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...