「シンクライアント」なのに“シン”じゃない? それなら“この用語”で呼ぼう“シン”を超えて進化する「シンクライアント」【第4回】

「シンクライアント」という用語は、もはや何を意味するのかが明確ではなくなってしまった。こうした“シンクライアントではない何か”に新しい用語を付けようとする動きがある。その“本命”とは。

2023年08月05日 10時30分 公開
[Gabe KnuthTechTarget]

 クライアントデバイスの機能を限定し、サーバから転送された画面を操作するための必要最小限の機能を備えたシステムを「シンクライアント」と呼ぶ。シンクライアントに利用するクライアントデバイス(シンクライアントデバイス)は、サーバで稼働する仮想デスクトップや仮想アプリケーションを操作するための、必要最低限の機能や部品しか搭載していないことが一般的だった。

 シンクライアント市場には、もはや「シン」(Thin:薄い、細い)とは呼べないほどに機能が充実した製品が登場している。こうした製品をどう呼ぶのが適切なのだろうか。

「シンクライアントではない何か」は“この用語”で呼ぼう

 ベンダー各社は独自の用語を生み出したり、シンクライアントとは別の既存用語を使ったりすることで、本来のシンクライアントとの違いを明確にしようと努めている。ベンダーが使用する用語の例は、以下の通りだ。

  • クラウドクライアント(Dell Technologies)
    • 同社は仮想デスクトップ関連製品群「Cloud Client Workspace」を提供している。
  • エッジプラットフォーム(Stratodesk)
    • 同社はシンクライアントOS(一般的なクライアントデバイスをシンクライアントデバイスに転換するクライアントOS)「Stratodesk NoTouch」を「エッジプラットフォーム」と呼ぶ。
  • エンドポイント(IGEL Technology)
    • 同社はシンクライアントOS「IGEL COSMOS」を「エンドポイントOS」と呼ぶ。

 仮想デスクトップの利用に適した多機能なクライアントデバイスや、そうしたクライアントデバイスが搭載するクライアントOSを表す業界標準の用語は、まだ存在しない。こうしたクライアントOSは、従来型のシンクライアントOSと、「Windows」「macOS」といった一般的なOSの中間に位置付けられる。

シンクライアントじゃなく「リッチクライアント」

 シンクライアントに代わる新しい用語を検討するとすれば、ある用語が考えられる。それは「リッチクライアント」だ。リッチクライアントという用語を採用すれば、シンクライアントという用語を、本来のシンクライアント向けの言葉に戻すことができる。Windows搭載PCやスマートフォンなどの「ファットクライアント」(ストレージなどのリソースやアプリケーションをローカルに搭載している一般的なPC)の話をしているのではないことも明確になる。

 IGEL COSMOSやStratodesk NoTouchといったシンクライアントOSは、リッチクライアントを構築するのに利用可能なクライアントOSであり、「リッチクライアントOS」と呼ぶのがふさわしい。Googleの「ChromeOS Flex」(同社のクライアントOS「ChromeOS」と同等の機能を利用できるようにするクライアントOS)も、リッチクライアントOSに分類できる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...