TechTargetジャパン

レポート
導入意欲が高いクラウドバックアップサービス、その理由と懸念とは
TechTargetジャパンが2017年3月14日から3月31日にかけてTechTargetジャパン会員を対象に実施した「企業のバックアップ/リカバリ環境に関する読者調査」では、導入を検討する製品・サービスでクラウドストレージ/バックアップサービスを挙げる回答が多かった。その理由と...(2017/6/1 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

製品資料
「vSphere 6.5」移行ガイド:事前の確認事項から環境別シナリオまで徹底解説
 定番のサーバ仮想化製品「VMware vSphere」。その新バージョン「vSphere 6.5」では、大規模環境でのスループットの向上、データセンターの構築と管理の簡素化など、大幅な機能強化が図られており、パフォーマンスやセキュリティを一層高めてくれる。 とはいえ既存環境...(2017/6/14 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
高速データ基盤がさらに進化、「SAP HANA 2」はなぜここまで速くなったのか?
 競合他社よりも早く適切な情報や製品、サービスを提供することは多くの企業が挑戦し続ける課題といえる。今、その実現の鍵はデータにある。テクノロジーによりデータを迅速に引き出せれば、保守管理に費やす時間を減らし、より多くのリソースを変革や成長戦略に投資でき...(2017/6/6 提供:インテル株式会社)

事例
デジタルツールによる「ものづくり」の革新
 ここ最近、社内で「ものづくり」に取り組まれている企業が規模の大小にかかわらず増えてきています。 背景には3DCADやモデリングマシンをはじめとするデジタルツールが普及し、これまで専門業者に外注していたことを自社内で対応できるようになり、内製化できるものが...(2017/5/25 提供:ローランド ディー.ジー.株式会社)

製品資料
ベンダー機種不問、電話一本楽々解決、保守切れ製品保守延長可、それって一体?
 技術革新やワークスタイルの変化で、企業ITインフラにはサーバからPC、モバイルデバイス、専用端末、ネットワーク機器など、さまざまなベンダーのハードウェアが混在している。 トラブルが起きれば問題を切り分けなければいけないが、それぞれ仕組みが違い、台数も多く...(2017/5/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
異なるベンダー製品が混在するインフラ保守やトラブル対応をまとめてカンタンに
 多種多様なハードウェアとソフトウェアが用いられている企業のIT環境。採用されているベンダーもさまざまであり、それぞれの保守窓口も異なるため、問題が生じた際の切り分けはユーザー側の負担となる。障害が複雑なほど、解決の道は遠くなる。 とはいえ、単一ベンダー...(2017/5/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ICTで現場作業員の安全を守る! 安全管理支援ソリューション カタログ
製造業や建設業では、現場作業員の安全管理、万が一事故が発生した際の迅速な対応など、安全労務管理が義務付けられている。これまでは現場の監督者がこれらを管理監督してきたが人手による管理には限界がある。そこで注目されているのがICTを活用した安全管理支援ソリュ...(2017/5/26 提供:KDDI株式会社)

レポート
中小製造業こそ、「技術とモノを見せる」考えからの脱却が必要だ
 製造業を取り巻く環境は決して楽観できるものではなく、近年では「モノ売りからコト売りへのシフト」「製造業のサービス化」などといったフレーズが良く聞かれる。その流れを受けてか、2016年のCEATECは「つながること」の重視を打ち出した。 動員こそ前年なみであった...(2017/5/26 提供:KDDI株式会社)

事例
VDI導入事例集:業種別デスクトップ仮想化活用法、大学・病院でも導入が進む
 「デスクトップ仮想化基盤(VDI)」は、さまざまな業種・業態で導入が進んでいる。デスクトップ環境(OSやアプリ)を仮想化し、ユーザーはネットワークを通じてサーバ上に仮想化された環境に接続できるため、データを端末に残さず、ユーザーには「情報漏えい対策」「ワ...(2017/4/10 提供:富士通株式会社)

レポート
デジタルマーケティングがうまくいかない理由は? ビジネスとICTの課題を解説
 多くの分野でICT活用が進む中、意外にも遅れている分野がマーケティングだ。多くの企業で、顧客情報を各部門でバラバラに保有する個別最適に陥っており、リアルタイムに顧客の状況を把握する仕組みも整備できていないなど、ビジネス・ICTの両面で課題が見られる。 その...(2017/4/3 提供:富士通株式会社)

製品資料
“顔の見えない顧客”も捉える、次世代マーケティングで顧客体験はどう変わる?
 スマートフォンの急速な普及を始め、消費者がWebサイトやアプリケーションを活用して情報収集をする現在、顧客が望む情報やサービスを最適なタイミングで届けることが、CX(カスタマーエクスペリエンス)最大化の近道だ。しかし、顧客とのタッチポイントが多様化する中...(2017/4/3 提供:富士通株式会社)

レポート
今のマーケティング施策に足りないものは何か?――データ分析で顧客を理解する
 B2C 企業で先行してきたデジタルマーケティングの波が、B2B企業にも広がり始めた。中でも注目されている手法が「MA(Marketing Automation)」だ。企業担当者の行動履歴から有力な見込み客を可視化し、最適なタイミングで情報発信を行ったり、表示コンテンツを顧客ごと...(2017/4/3 提供:富士通株式会社)

レポート
IoTで事故発生を迅速把握――製造現場の安全管理はどのように変わるのか?
 製造業の現場では、労働災害に結び付く危険が多数存在する。床にある障害物やボイラー室の高熱、むき出しになった電線など、さまざまな原因による事故が考えられるが、その中でも特に多いのが「転倒」「墜落・転落」だという。 厚生労働省によると、2015年の死傷災害の...(2017/4/13 提供:富士通株式会社)

製品資料
顧客データの分散状況を瞬時に解決、パーソナルマーケティング基盤の実力は?
 一人一人の顧客の状況をリアルタイムに把握し、属性・嗜好・状態に応じたアプローチを行う「パーソナルマーケティング」。成約率や顧客満足度などの大幅な向上が期待できることから、多くの企業のマーケティング部門が注目しているが、その実現は容易ではない。 ICTの...(2017/4/3 提供:富士通株式会社)

レポート
「リテールテック・SECURITYSHOW」展示会レポート
流通業のサプライチェーンとマーケティングを進化させる最新のIT機器・システムが集まる専門展と、防犯カメラからセキュリティまで社会の安心・安全を守る製品・サービスを紹介するセキュリティの専門展。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともに...(2017/4/18 提供:株式会社アペルザ)

製品資料
マルチクラウドのスペシャリスト集団が、クラウド環境を最適にカスタマイズ
 パブリッククラウドを利用しても、その運用や監視などに手間やコストが掛かっていては、せっかくのクラウド化のメリットが軽減されてしまう。そこで、クラウドのメリットを享受しつつ、開発やサービス提供に専念できるように、マネージドサービスを利用する企業が増えて...(2017/4/28 提供:株式会社ISAO)

製品資料
テレワークに必要な環境は? 社外業務で安全性と生産性を両立する秘訣
 場所にとらわれない働き方として「テレワーク」が脚光を浴びている。育児や介護などの家庭の事情があっても在宅で働き続けることができ、移動先や災害時などにも作業ができるなど、人や状況に応じた多様な働き方を企業が受け入れられるのが大きな魅力だ。 しかし、テレ...(2017/4/5 提供:富士通株式会社)

事例
社員16万人の「知」を共有するコミュニケーション基盤の作り方
 仕事が暗礁に乗り上げた。同じような経験をした人から解決につながるアドバイスがほしいが、誰に聞けばいいのか分からない──。こうした悩みを解決するには、組織に散在する「知」を簡単に見つけ出せる仕組みが必要だが、その構築は一筋縄ではいかない。 全世界にグル...(2017/3/3 提供:富士通株式会社)

製品資料
「ワークスタイル変革」でつまずく5つの原因――現場はなぜ本音を言わないのか
 長時間労働の是正や生産性の向上などを目指して、多くの企業がワークスタイル変革に取り組んでいる。しかし、在宅勤務などのための「テレワーク」、社内の席を固定させない「フリーアドレス化」、モバイルやIoTを活用した「現場業務変革」などの施策を行っても、残念な...(2017/3/3 提供:富士通株式会社)

製品資料
クラウド環境でもSAP HANAやOracle Databaseの性能を引き出す方法
 ICTの予算を戦略的な投資に集中するため、「基幹業務システムの運用や定期的なリプレースに費やすコストを効率化したい」という思いはどの企業にも共通するものだろう。そのため利用が拡大してきたクラウドだが、「SAP HANA」や「Oracle Database」のようにクラウドでは...(2017/3/9 提供:富士通株式会社)

製品資料
「決め手はIoTと音」、高齢者見守りサービスは次のステップへ
 近年、大きな問題となっている社会の高齢化。その影響は住宅事情にも及び、賃貸住宅でも「見守りサービス」のような安全対策が求められている。しかし、従来型サービスのような、通報ボタンや監視カメラ、訪問/電話などによる見守りには、緊急対応能力やプライバシーな...(2017/3/1 提供:富士通株式会社)

事例
ウェアラブル端末&スマートデバイス、「肌身のICT」の使い方
 テレワークやフリーアドレスの導入によって、「定時に出社し、島型に並べた机で仕事をする」という、従来のオフィスワーカーの働き方は変わりつつある。だがそれだけがワークスタイル変革ではない。製造ラインの作業員や、設備保全に関わる保守担当者、外回りの営業担当...(2017/3/13 提供:富士通株式会社)

製品資料
「Uber」のようなシェアリング基盤も短期間で構築、次世代型PaaSの実力は?
 近年、デジタルビジネスの世界では、短期間で急成長を遂げる企業が続々と登場している。そこで、この市場に参入して成功を収めたいと考える企業の間で、新たなビジネス基盤を短期間で構築できるPaaS(Platform as a Service)の導入が進んでいる。 しかし、従来のシス...(2017/3/9 提供:富士通株式会社)

製品資料
IT環境のボトルネックを解消――課題別ストレージ選びのポイント
 データは企業がビジネスを遂行する上で不可欠なものだが、常に増え続けるデータを万全に保護し、活用できるかどうかは、その置き場所であるストレージ次第となる。そのストレージも、いまや多種多様な製品が市場に出回っており、一体どれが適しているのか、選定に悩むユ...(2017/3/24 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に
 今やモバイルPC、スマートフォン、タブレットなどに掛かる通信費は、ビジネスを支える上で不可欠なコストである。この通信コストの適正化で注目を集めているのが格安SIMといわれるMVNOの法人向けサービスである。 価格メリットが取り上げられやすいMVNOだが、毎月のデ...(2017/3/17 提供:ニフティ株式会社)

レポート
1日2000件のサイバー攻撃に対応、富士通の多層防御と即応体制のノウハウとは?
 増加・高度化するサイバー攻撃に対し、セキュリティ施策も進化を求められている。人力のみの対処はもちろん、セキュリティツールを導入しても全ての脅威に自動的に対応することは不可能だ。より視野を広げ、脅威の侵入を前提としたセキュリティの多層化、つまり「多層防...(2017/2/7 提供:富士通株式会社)

事例
深刻なセキュリティ技術者不足をどう解消する? 富士通が実践する社内育成とは
 サイバー攻撃により大きな被害を受ける企業や官公庁が後を絶たないことから、多くの組織の中に「自分の身は自分で守る」という考え方が広がりつつある。しかし、内部にセキュリティ対応の専門チームを組織しようにも、その実務を担う人材がなかなか見つからない。 情報...(2017/2/6 提供:富士通株式会社)

事例
地銀の機動力とセキュリティを両立した、タブレット2000台導入プロジェクト
 総合金融グループとして福岡銀行、熊本銀行、親和銀行を傘下に抱える、ふくおかフィナンシャルグループ。同グループでは、渉外行員が顧客情報を持ち出す際に規制が多く、機動力を発揮できていなかったことから、約2000台のタブレットを導入する大規模プロジェクトを実行...(2017/2/13 提供:富士通株式会社)

レポート
「発見」重視の対策はもはや限界。攻撃者の行動に着眼したマルウェア対策とは?
 近年、サイバー攻撃の手法が大きく変化している背景には、ブラックマーケットにおける個人情報の価格下落がある。攻撃者にとって個人情報の詐取・売買が非効率なビジネスとなったことから、より利幅の大きいランサムウェアへと移行したと考えられる。 攻撃者の目的が変...(2017/2/7 提供:富士通株式会社)

レポート
AIがウイルス対策ソフトの限界を超える――未知の脅威を防ぐ技術とは
 かつてセキュリティベンダーの重鎮が「ウイルス対策ソフトが検知できるのは攻撃全体の45%、残りの55%の攻撃は防御できていない」と発言し、話題を集めた。このことが象徴するように、ウイルス対策ソフトに頼った入り口対策は限界を迎えつつある。 そこで導入が増えて...(2017/2/6 提供:富士通株式会社)

Loading