TechTargetジャパン

事例
味の素・保土谷化学工業に学ぶ、基幹システムクラウド化の「成功のカギ」
 TCOの削減、BCP対策、業務プロセスの標準化・IT統制の強化などを目的に基幹システムのクラウド移行に取り組む企業が増えている。基幹システムは企業運営にとって「止めることができない」システム。クラウドへ移行した後の安定運用をどのように担保するか、コスト、運用...(2016/2/3 提供:富士通株式会社)

講演資料
デジタルビジネス革新へ、お客さまビジネスをドライブするクラウドサービス
 エンタープライズITには、ERPやCRMなどのSoR(記録のためのシステム:Systems of Record)と、メール、グループウェア、SNSなどのSoE(人との関係を構築するためのシステム:Systems of Engagement)の分野がある。求められるクラウドは、このSoR・SoEの両分野に対応す...(2016/2/3 提供:富士通株式会社)

事例
運送業の赤帽が基幹システムをクラウドに移行、配送効率向上とコスト削減を両立
 1都3県の約3500人で構成される赤帽首都圏軽自動車運送協同組合では、基幹システムの老朽化に対応するため、システムを刷新。配車システム、物品販売管理、組合員管理などを新たに構築した。 導入検討のポイントは、コストと開発の容易さ、および将来の利用範囲拡大にも...(2016/2/3 提供:富士通株式会社)

製品資料
あなたの会社は大丈夫? マルチクラウド環境で回避したい「2つの課題」とは
 導入が容易なパブリッククラウドは、企業内の各部門がそれぞれの方針で導入することができるため、情報システム部門が関与しないシャドーITが生まれる可能性がある。これはセキュリティ面でも問題となる上、割高な料金プランでの契約となったり、複数部門で契約が重複す...(2016/2/3 提供:富士通株式会社)

製品資料
選定ポイントや活用法を徹底解説、クラウド型ファイルサーバの選び方とは
 ファイルサーバの導入目的は、多岐にわたる。社内の業務データの共有・活用から、ローカルディスク容量の補完、バックアップの一元化、急なデータ量増大への速やかな対応、社外とのデータ共有、災害や停電に備えたデータ保管などその用途は広がっている。 こうしたニー...(2016/2/3 提供:富士通株式会社)

製品資料
業務の現場から“超高速”開発ツールでシステムが生み出されることの意味
 米国の調査会社ガートナーは「ペース・レイヤー」という考え方を提唱している。アプリケーションを変更頻度で3つのレイヤーに分類し、レイヤーごとに管理とガバナンスのプロセスを定義するものだ。業務アプリケーションでは、イノベーティブで実験的な「革新システム」...(2016/2/4 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

製品資料
障害発生から復旧まで業務を止めない、PCサーバによる高可用システムの実力を探る
 24時間365日動き続けるビジネスを支えるため、ハードウェア障害からのリカバリタイムを最小化することは、ITインフラの構築・運用上の大きな課題である。また、仮想化によるサーバ統合/集約が進みシステムが複雑化する一方で、運用効率化によるTCO削減が求められている...(2016/1/7 提供:富士通株式会社)

講演資料
「テープは過去の遺物」の理解こそ過去のもの、進化を続けたテープストレージの今とは
 「テープストレージは過去の遺物」という認識が軽率であることは多くの読者が理解するところだろう。爆発的な増加が始まっている情報のライフサイクル管理を実行する上で、テープストレージはこれまでも、そしてこれからも、重要な役割を果たしていくだけの特性と品質が...(2016/1/22 提供:富士フイルム株式会社)

レポート
迷える情シスが知るべき「クラウドに関する誤った通念トップ10」
 企業の情報システム部門は、クラウドにどう対応すればいいのか。「正しい」答えを出そうとすればするほど、難しく思えてしまう。各企業のIT利用形態や運用するアプリケーションによって、答えは全く変わってくる。また、クラウドの世界は文字通り日進月歩であるため、現...(2016/1/26 提供:富士通株式会社)

製品資料
可用性を高める4つの手法を徹底比較、PCサーバ運用におけるシステム停止時間の削減方法を解説
 企業ICTシステムの重要性は高まり、障害によるダウンタイムは企業経営に大きな影響を及ぼす。システムの高可用性の確保は企業ICT運用の大きな課題の一つだ。 本ホワイトペーパーでは、一般的に広く利用されている高可用システムの比較として、「スタンバイ方式」「HAク...(2015/12/9 提供:富士通株式会社)

製品資料
Microsoft Officeのメニューで簡単文書権限設定、クラウド上のOffice文書を守る
 日々業務でやりとりするMicrosoft Office文書。メールの添付ファイルやファイルサーバで手軽に社内外の関係者と共有できるが、その権限設定はきちんとできているだろうか? 特にスマートデバイスがこれだけ利用されている現在、「Office 365」「SharePoint Online」「E...(2015/12/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
KVMスイッチのデジタル化で変わるオペレーション、マシンルームからの解放やデジタルサイネージ展開
 システム運用管理において、複数あるサーバを1組のキーボード・ビデオモニター・マウスで切り替え操作し、合理化と効率化を図るのが「KVMスイッチ」だ。さらに今はアナログ方式からデジタル方式に変遷しつつあり、これによって応用範囲が広がっている。 これまではマシ...(2015/12/7 提供:富士通コンポーネント株式会社)

レポート
Office 365だけでは実現できない要件も解決、「ワークスタイル変革」の進め方
 ワークスタイル変革を実現するためのコミュニケーション基盤システムに、Office 365を選択するのは自然な流れだろう。海外を含めて多くの企業ユーザーがメールシステムに「Exchange Online」、情報共有に「SharePoint Online」を利用しており、使いやすい基盤を構築する...(2015/11/16 提供:富士通株式会社)

事例
明治大学の学生・教職員4万人が利用、Office 365×富士通で実現するワークスタイル変革のポイント
 大学などの教育・研究機関では、数万人規模のユーザーを擁するメールシステムをオンプレミスで構築、運用しているケースが多い。この場合、4〜5年で実施するリプレースのコストも問題になるが、それ以外にも操作性が変わりユーザーの利便性を損ねたり、施設内外での接続...(2015/11/16 提供:富士通株式会社)

製品資料
“商用版”OpenStackを利用するメリット、企業導入ではそうすべき理由
 「OpenStack」はオープンソースプロジェクトのコミュニティーで自由にコードをダウンロードし、無料で利用が可能だ。しかしコミュニティー版のOpenStackを自社でインストールして保守を継続していくには、数々の技術に精通したエンジニアを確保する必要がある。つまり...(2015/11/30 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
今、運用管理のオペレーション環境が変わる「KVMのデジタル化」がもたらす新発想
 KVMとは、キーボード(Keyboard)、ビデオ(Video)、マウス(Mouse)の頭文字をとったもので、複数サーバを1台の端末から切り替え操作できるKVMスイッチは運用管理において機器やスペースの集約化でコスト低減できる。また、遠隔操作によってマシンルームとの行き来を...(2015/10/30 提供:富士通コンポーネント株式会社)

事例
3カ月で受発注システムを構築、基幹業務システムを短期立ち上げできた秘訣とは
 日々ビジネスのスピードが速まる現在、ますます業務の効率化と迅速なビジネス判断が求められている。市場の環境変化に柔軟に対応するためにも、基幹業務の短期立ち上げが大きな課題となっている。こうした場合、クラウド型ERPの利用は「必要なときに、必要な機能を、必...(2015/10/6 提供:富士通株式会社)

製品資料
映像配信やインフラ管理、デジタルサイネージで広がるKVMのデジタル化とは
 サーバルームを物理的に独立させ、外部から遠隔操作で管理することは、機器の集約による省スペース化や排熱・騒音の低減、そしてセキュリティ向上が見込める方法である。また、多数のサーバを操作端末側で切り替えて管理できるため、運用の効率化にもつながる。 こうし...(2015/10/30 提供:富士通コンポーネント株式会社)

講演資料
新しいデータベースチューニングの方法論まとめ 〜最新技術と評価資料〜
 システム全体のスループットを高める必要があるデータベースシステムの性能改善では、SQLチューニングなどのソフトウェア的な対策に加え、構成するハードウェア全体をバランス良く性能向上させていく必要がある。 高速なI/Oを特徴とするフラッシュストレージが普及期を...(2015/10/7 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

レポート
徹底レビュー:「Windows 10」の新機能でクライアント環境はこう変わる
 Windows 10を搭載したクライアントPCやタブレットの人気が続いている。Windows 10は、ユーザーの使い勝手やセキュリティ、運用管理性を高める多数の新機能を搭載すると同時に、クライアントPCをはじめ、タブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイスでも同じ操作性...(2015/10/21 提供:株式会社 日本HP)

製品資料
「製品ドキュメント管理」や「マニュアル制作」の現場の課題を解決する手法とは
製品の取り扱いマニュアルやテクニカルドキュメントの制作現場でよく聞かれる要望として、以下が挙げられる。・大人数でのマニュアル制作をもっとうまくやりたい・製品のバージョンアップによる文言変更を一括修正したい・印刷用に作ったデータを流用してウェブでも公開し...(2015/10/19 提供:ナレッジオンデマンド株式会社)

製品資料
「CeBIT 2016」はスタートアップ企業に特典多数、世界最大の商談展示会でチャンスをつかむ
 ITビジネスに特化した世界最大のB2B専門展示会「CeBIT」は毎年開催されており、前回の「CeBIT 2015」では70カ国から約3300社が参加した。同イベントはドイツ首相も会場を訪問する重要な展示会で、来場者数は約100カ国から22万1000人、そのうち90%が業界関係者であり、3...(2015/8/25 提供:一般社団法人日本能率協会 ドイツメッセ日本代表部)

製品資料
Cisco製品保守のサービス品質・コスト課題を解決する方法
 ビジネス活動では不可欠のネットワーク、サーバ、ストレージ。Cisco製品は多くの企業で重要なインフラとなっている。そのような中、保守サービスに課題を抱える企業も多い。 地方拠点での対応に時間がかかる、24時間365日均一なサービスレベルではない、障害時には自社...(2015/8/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
無線通信技術 第5世代移動通信「5G」の実現に立ちはだかる2つの壁
ニューヨーク大学科学技術専門校 次世代無線研究センター「NYU Wireless」でディレクタを務めるTheodore Rappaport氏は、「第5世代移動通信(5G)サービスを実現するためには、世界各国政府が協業することにより、ミリ波帯における周波数スペクトルのリリースに合意する...(2015/7/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
多商品・多店舗展開の「成長企業」が抱える3つの課題と対策
 小売専門店を運営する経営者は、企業の成長に伴い商品数や店舗が増加することで、「発注や在庫管理等の負荷増大」「最適な品ぞろえ・商品販売計画を行う分析機能不足」「接客を行う販売員への支援機能不足」といった問題に直面するのではないだろうか。 本資料は、専門...(2015/7/1 提供:株式会社富士通システムズ・イースト)

製品資料
もしも「入口・出口対策」がすり抜けられたら、それでもセキュリティを保つ手段を用意していますか?
 昨今、大規模組織のシステムに対する不正侵入やデータ詐取事案が注目されている。そこで明確になったことは、巧妙な手口による標的型攻撃に対抗するには、インターネットとの接続ポイントである「入口・出口」のみで防ぐといった発想は、もはや現実的ではない。今は不正...(2015/7/27 提供:株式会社PFU)

製品資料
もっと売れる専門店へ、「急成長企業」がMDパッケージを導入すべき3つの理由
 競争が激化する環境下で継続的に収益を確保するためは、顧客に新たな価値を創出するための情報の有効活用がカギを握る。特に、急成長している専門店では、店舗、取扱商品の増加により、店舗ごとに最適な商品在庫が維持できない、販売実績の膨大なデータを、有効活用でき...(2015/7/1 提供:株式会社富士通システムズ・イースト)

技術文書
4Kディスプレイのための「超解像技術」とは
 4K対応のテレビが登場するも、現状では4Kの映像コンテンツはほとんど流通していない。 そのため、ハイビジョンの映像信号を拡大し、「超解像技術」を使って画質を高め、それを4K ディスプレイに表示しているケースがほとんどだ。現在は、どのような超解像技術があるの...(2015/6/16 提供:アイティメディア株式会社)

事例
業種特化型クラウドという選択──丸松物産に見るクラウド移行成功の勘所
 基幹システムをクラウド上に移行する、という発想は最近では珍しいものではなくなった。それだけ、ユーザー・SIパートナー・クラウド事業者などがクラウドサービスの活用に精通し、熟練度を増してきたということだろう。しかし、基幹システムといっても、業種や業態によ...(2015/5/22 提供:株式会社富士通システムズ・イースト)

レポート
ビジネスに貢献する「クラウド選定」で忘れてならないポイント
 ITコンサルティング企業のITRが国内企業を対象に実施した『IT投資動向調査 2014年版』では、最重要視するIT戦略テーマとして「売上増大への直接的な貢献」「業務コストの削減」「顧客サービスの質的向上」がトップ3に入った。こうしたビジネス貢献を意識したITに対する...(2015/5/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading