TechTargetジャパン

レポート
1日2000件のサイバー攻撃に対応、富士通の多層防御と即応体制のノウハウとは?
 増加・高度化するサイバー攻撃に対し、セキュリティ施策も進化を求められている。人力のみの対処はもちろん、セキュリティツールを導入しても全ての脅威に自動的に対応することは不可能だ。より視野を広げ、脅威の侵入を前提としたセキュリティの多層化、つまり「多層防...(2017/2/7 提供:富士通株式会社)

事例
深刻なセキュリティ技術者不足をどう解消する? 富士通が実践する社内育成とは
 サイバー攻撃により大きな被害を受ける企業や官公庁が後を絶たないことから、多くの組織の中に「自分の身は自分で守る」という考え方が広がりつつある。しかし、内部にセキュリティ対応の専門チームを組織しようにも、その実務を担う人材がなかなか見つからない。 情報...(2017/2/6 提供:富士通株式会社)

レポート
デジタルマーケティングがうまくいかない理由は? ビジネスとICTの課題を解説
 多くの分野でICT活用が進む中、意外にも遅れている分野がマーケティングだ。多くの企業で、顧客情報を各部門でバラバラに保有する個別最適に陥っており、リアルタイムに顧客の状況を把握する仕組みも整備できていないなど、ビジネス・ICTの両面で課題が見られる。 その...(2017/2/8 提供:富士通株式会社)

事例
地銀の機動力とセキュリティを両立した、タブレット2000台導入プロジェクト
 総合金融グループとして福岡銀行、熊本銀行、親和銀行を傘下に抱える、ふくおかフィナンシャルグループ。同グループでは、渉外行員が顧客情報を持ち出す際に規制が多く、機動力を発揮できていなかったことから、約2000台のタブレットを導入する大規模プロジェクトを実行...(2017/2/13 提供:富士通株式会社)

レポート
「発見」重視の対策はもはや限界。攻撃者の行動に着眼したマルウェア対策とは?
 近年、サイバー攻撃の手法が大きく変化している背景には、ブラックマーケットにおける個人情報の価格下落がある。攻撃者にとって個人情報の詐取・売買が非効率なビジネスとなったことから、より利幅の大きいランサムウェアへと移行したと考えられる。 攻撃者の目的が変...(2017/2/7 提供:富士通株式会社)

レポート
AIがウイルス対策ソフトの限界を超える――未知の脅威を防ぐ技術とは
 かつてセキュリティベンダーの重鎮が「ウイルス対策ソフトが検知できるのは攻撃全体の45%、残りの55%の攻撃は防御できていない」と発言し、話題を集めた。このことが象徴するように、ウイルス対策ソフトに頼った入り口対策は限界を迎えつつある。 そこで導入が増えて...(2017/2/6 提供:富士通株式会社)

製品資料
生産性はJavaの3倍、ノンコーディングのアプリ開発で成功した19社の事例
 Javaの3倍近い生産性を実現し、マルチデバイス対応のアプリ開発ができるノンコーディング開発ツールの利用が拡大している。ツールの機能の進化とともに、パッケージソフト開発やクラウド環境への移行など、用途も多様化してきた。 例えば、池田糖化工業では、レガシー...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

レポート
今のマーケティング施策に足りないものは何か?――データ分析で顧客を理解する
 B2C 企業で先行してきたデジタルマーケティングの波が、B2B企業にも広がり始めた。中でも注目されている手法が「MA(Marketing Automation)」だ。企業担当者の行動履歴から有力な見込み客を可視化し、最適なタイミングで情報発信を行ったり、表示コンテンツを顧客ごと...(2017/2/9 提供:富士通株式会社)

レポート
IoTで事故発生を迅速把握――製造現場の安全管理はどのように変わるのか?
 製造業の現場では、労働災害に結び付く危険が多数存在する。床にある障害物やボイラー室の高熱、むき出しになった電線など、さまざまな原因による事故が考えられるが、その中でも特に多いのが「転倒」「墜落・転落」だという。 厚生労働省によると、2015年の死傷災害の...(2017/2/8 提供:富士通株式会社)

製品資料
顧客データの分散状況を瞬時に解決、パーソナルマーケティング基盤の実力は?
 一人一人の顧客の状況をリアルタイムに把握し、属性・嗜好・状態に応じたアプローチを行う「パーソナルマーケティング」。成約率や顧客満足度などの大幅な向上が期待できることから、多くの企業のマーケティング部門が注目しているが、その実現は容易ではない。 ICTの...(2017/2/8 提供:富士通株式会社)

事例
5年間で3割のコスト削減、焼津市役所のタブレット活用に学ぶ業務改革
 「市民が安心して暮らせるまちづくり」を目指して、ICT活用を推進する焼津市役所。同所では、職員用のノートPCがリース期限満了を迎えたことを機に、2-in-1のWindowsタブレットを導入した。「全職員へのタブレット配布」は、全国の自治体では初めてだという。 当初はこ...(2017/2/13 提供:富士通株式会社)

レポート
仮想環境に潜むコンプライアンスリスク――膨大な監査請求の支払責任は誰に?
 パブリック、プライベート、ハイブリッドなど、クラウドにもさまざまな形態があり、また、その上で運用されるソフトウェアの柔軟性から仮想マシン(VM)の利用も進んできた。一方、こうした状況では、クラウドサービスのコンプライアンスやセキュリティ対策などの責任所...(2017/2/3 提供:ウチダスペクトラム株式会社)

事例
15の事例で見るWebサイト構築:高速化/低コスト化/高品質化を実現したCMSは?
 さまざまな企業や組織のWebサイト構築に利用されるCMS(コンテンツマネジメントシステム)。近年は、Webサイトの多言語・マルチデバイス対応へのニーズも高まり、更新作業にもより多くのメンバーが参加するようになったことから、その機能や操作性が再検討され始めてい...(2017/2/1 提供:株式会社ディバータ)

レポート
徹底レビュー:「Windows 10」の新機能でクライアント環境はこう変わる
 Windows 10を搭載したクライアントPCやタブレットの人気が続いている。Windows 10は、ユーザーの使い勝手やセキュリティ、運用管理性を高める多数の新機能を搭載すると同時に、クライアントPCをはじめ、タブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイスでも同じ操作性...(2017/2/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
テレワークに必要な環境は? 社外業務で安全性と生産性を両立する秘訣
 場所にとらわれない働き方として「テレワーク」が脚光を浴びている。育児や介護などの家庭の事情があっても在宅で働き続けることができ、移動先や災害時などにも作業ができるなど、人や状況に応じた多様な働き方を企業が受け入れられるのが大きな魅力だ。 しかし、テレ...(2017/2/13 提供:富士通株式会社)

製品資料
高機能CMSでWeb構築コスト・期間を削減――会員サイトやオウンドメディアも
 Webサイトにおける統一されたデザインと迅速な更新を可能とする開発基盤として人気が高いCMS(コンテンツマネジメントシステム)。これまではサイトの規模拡大やシステム要求の多様化などに伴う、システム開発の複雑化という課題をなかなか解消できずにいた。 特に問題...(2017/2/1 提供:株式会社ディバータ)

事例
製造ラインを「丸ごと自動化」した富士通周辺機、工場の「生産性2倍」を実現
製造業各社にとって、コストを抑えながら生産の柔軟性やスピードを高めることは最重要の経営課題だ。そのカギを握る重要技術の一つが「自動化」である。ただ、これまで自動化に取り組んできた企業の多くは、工程をまたいだ生産性向上や仕様変更への柔軟な対応という点で大...(2017/1/26 提供:富士通株式会社)

事例
AI導入で品質向上! 生産ラインの変化に即応する「画像認識システム」とは
AI(人工知能)技術が、ものづくりの生産現場を劇的に変えようとしている。部品の仕様や生産ラインを変更してもスピーディーに対応できるよう、部品の組み立てや各種検査に使う画像認識システムのプログラムを自動的に生成・修正することが可能になってきたからだ。この技...(2017/1/26 提供:富士通株式会社)

事例
商品照会から店舗案内まで30秒、ニッポンハムの電話対応は「地図情報」が変えた
 食品事業を展開するニッポンハムグループのコンタクトセンターでは、年間で約2万6000件の電話相談に対応している。その内容で最も多いのは「商品がどの販売店で売られているか知りたい」というものだが、従来はその回答に最大で1.5日かかっていたという。 質問を受ける...(2017/1/20 提供:富士通株式会社)

事例
「地図」連携で訪問ルート・時期を最適化、アサヒプリテックの営業改善策とは?
 ERPやSFAの導入やモバイル端末の活用により営業活動の効率化は大幅に進んだ。その一方で、顧客訪問計画では、いまだに多くの非効率を解消できずにいる。顧客訪問のルートや時期を最適化することは、営業部門にとっては古くて新しい課題だ。 貴金属リサイクル業のアサヒ...(2017/1/20 提供:富士通株式会社)

事例
スマホアプリで顧客と理想的な関係を構築――4つの事例に学ぶ開発/運用の秘訣
 「今年の採用はアプリから」――GYAOは、常に学生が持ち歩くスマートフォンに着目し、2017年から新卒採用の全てをアプリ経由でのエントリーとした。Webサイトからのエントリーもできなくしたことに、学生はどのように反応したのだろうか。 採用という観点からは、エン...(2017/1/19 提供:ファストメディア株式会社)

製品資料
普段使わないから選択に困る「データ保護製品」を選ぶための5つの理由
 万が一に備えてデータ保護の用意は欠かせない。だが平常時には出番のない備えだからこそ、いざ障害が起きてしまってから「リストアに想定外の時間がかかる」などの問題が明らかになるケースも多い。 そうならないための「データ保護ソリューションを選ぶ5つの理由」を...(2016/12/13 提供:arcserve Japan合同会社)

レポート
実態調査で明らかになる サーバ、デスクトップ、アプリケーションの仮想化
 サーバの仮想化は多くの企業で導入が広がっており、その用途も多様だ。特に開発/テスト環境のように一時的な利用で終わるサーバは、負荷が軽いものの台数が必要となるだけに、仮想サーバに適しているとされる。しかし仮想サーバの運用は物理サーバと異なる点もあり、そ...(2016/12/20 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
ベンダー機種不問、電話一本楽々解決、保守切れ製品保守延長可、それって一体?
 技術革新やワークスタイルの変化で、企業ITインフラにはサーバからPC、モバイルデバイス、専用端末、ネットワーク機器など、さまざまなベンダーのハードウェアが混在している。 トラブルが起きれば問題を切り分けなければいけないが、それぞれ仕組みが違い、台数も多く...(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
異なるベンダー製品が混在するインフラ保守やトラブル対応をまとめてカンタンに
 多種多様なハードウェアとソフトウェアが用いられている企業のIT環境。採用されているベンダーもさまざまであり、それぞれの保守窓口も異なるため、問題が生じた際の切り分けはユーザー側の負担となる。障害が複雑なほど、解決の道は遠くなる。 とはいえ、単一ベンダー...(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
汎用型 vs. 仮想化特化型――同じオールフラッシュでもここまで違う
 オールフラッシュストレージはディスクストレージより高速なアクセスを実現でき、省電力や省スペースなど、数々のメリットをもたらす。そして、これまでは割高だった価格もついにハイエンドのディスクストレージと肩を並べつつあり、いよいよ本格的な普及が始まろうとし...(2016/11/11 提供:富士通株式会社)

事例
ブートストームをものともせずに数秒で起動――伊達市がVDI環境に施した工夫
 仮想デスクトップ(VDI)環境では、始業時などに多数のアクセスがシステム基盤に集中することでパフォーマンスが低下する「ブートストーム」が問題となる。これは多数の仮想デスクトップからストレージへの入出力が集中することにより生じる現象で、システム全体として...(2016/11/11 提供:富士通株式会社)

技術文書
機能強化した「Autodesk Inventor」と「AnyCAD テクノロジー」
 本資料では、例として部品サプライヤーと組み立てメーカーの間の協調設計の効率化を図る「AnyCAD テクノロジー」について解説するとともに、革新的な製品を開発する「オートデスクのプロダクトイノベーションプラットフォーム」を紹介する。 「AnyCAD」は、他社製 3D C...(2016/11/10 提供:オートデスク株式会社)

製品資料
Office 365連携製品を徹底活用――4事例で分かるコスト削減/業務改善効果
 既に多くの企業が導入し、コスト削減や業務効率化、ワークスタイル変革などに活用しているOffice 365。ある程度の成果を上げている企業ほど見落としやすいことだが、これらの効果はOffice 365連携製品によってさらに大きなものとなる。 その成功例の1つが、ダイレクト...(2016/11/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に
 今やモバイルPC、スマートフォン、タブレットなどに掛かる通信費は、ビジネスを支える上で不可欠なコストである。この通信コストの適正化で注目を集めているのが格安SIMといわれるMVNOの法人向けサービスである。 価格メリットが取り上げられやすいMVNOだが、毎月のデ...(2016/11/29 提供:ニフティ株式会社)

Loading