TechTargetジャパン

事例
ソフトウェア開発クラウドで仮想特化型ストレージを実践、その実力を探る
 富士通のソフトウェア開発環境を提供する富士通沼津ソフトウェア開発クラウドセンターは、国内外の開発者にソフトウェア開発環境向けプライベートクラウドを提供している。このサービスの核となっているのが、仮想環境のオンデマンド貸し出しシステムだ。 しかし、サー...(2016/7/6 提供:富士通株式会社)

技術文書
迫りくるワイヤレス技術の変化:知っておくべき最新技術情報〜Qualcomm Atheros社など活用事例を交えて〜
 昨今、携帯電話は高いデータスループットを実現し、高解像度の動画を数秒でダウンロードし高速化は進んでいます。さらに、近い将来、ワイヤレスネットワークに接続されるデバイス数は莫急速に激増し、企業は多品種小ロット製品を低コストで設計開発せざるを得ない状況と...(2016/7/13 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年3月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年3月号をご紹介。 特集記事では、USB...(2016/7/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2016年1月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年1月号をご紹介。 特集記事では、2015...(2016/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年9月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年9月号をご紹介。 特集記事では、「IE...(2016/7/6 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年5月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年5月号をご紹介。 特集記事では、2014...(2016/7/5 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関するアンケート調査リポート(2016年4月)
 TechTargetジャパンは、企業内でIT導入や運用管理に携わる会員に対し、サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関するアンケート調査を実施した。調査結果からは、サーバ仮想化/デスクトップ仮想化の導入状況や導入後の課題が明らかとなった。目的:TechTargetジャパン会員...(2016/7/11 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

製品資料
コールセンターで「よくある質問」をすぐに減らせる――FAQ連携の3つの価値
 コールセンター(CS)への問い合わせを削減するために、多くの企業がFAQサイトを開設している。その目的はコスト削減や業務の効率化だけではない。顧客満足度を向上させる上でもFAQサイトの活用は重要だ。 顧客にFAQサイトを積極的に活用してもらい、自己解決が進めば...(2016/7/8 提供:株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2016年3月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年3月号をご紹介。 特集記事では、「Mo...(2016/7/8 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
無線LANの基礎知識――企業に最適なネットワークを探る
 「Wi-Fi」とも呼ぶ無線LANは、今日のネットワーク環境において最も一般的に利用されているインフラだ。現在の無線LANにつながる規格「IEEE802.11」を最初に策定したのは1997年だが、本格的に普及し始めたのは、転送速度が最大11Mbpsの「IEEE802.11b」を規格化した1999年...(2016/7/5 提供:KDDI株式会社)

レポート
中堅・中小企業のためのセキュリティ対策――らくらく管理の方法とは?
 2016年6月、大手旅行業者への標的型攻撃によって、最大793万件に及ぶ個人情報が流出した可能性が明らかになった。2015年6月に日本年金機構の個人情報125万件が流出した事件の発覚からちょうど1年。サイバー攻撃への危機感が高まる中、最悪規模の事件がまた起きてしまっ...(2016/7/5 提供:KDDI株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年1月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年1月号をご紹介。 特集記事では、限界...(2016/7/4 提供:アイティメディア株式会社)

事例
仮想マシン急増は要注意、TKCに学ぶストレージの危機回避
 仮想化環境の導入時に見落とされがちな課題の1つに、仮想マシンの増加に伴うストレージ性能の低下がある。この状態に陥ると、一部の仮想マシンの負荷増大が、他の仮想マシンを圧迫し、連鎖的な性能低下が生じるようになる。もし、システムが業務と直結しているのであれ...(2016/6/24 提供:富士通株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月22日号:ネットワーク市場を激変させるNFV
 Computer Weekly日本語版 6月22日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftが打ち出した「新SharePoint戦略」は時代遅れ■コンシューマーはFacebook銀行&Google銀行を望んでいる?■「オールIPv6は危険!?」──こんなにあるIPv6のセキュリティリスク■「こん...(2016/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
「次なる40億人」が決めるクラウドベンダーの勝者と敗者
 クラウドコンピューティングを語るには、成長と変容を続けるインターネットの現在を見わたすことが不可欠だ。飽和する既存ビジネスの外側で急速に育つ新サービスが、既存ビジネスの生存域を狭めていく様を直視する必要がある。 クラウドがインターネットの成長を乗っ取...(2016/6/28 提供:アイティメディア株式会社)

事例
専門知識がない会津若松市が直営する仮想化基盤の使い勝手とは?
 ICTを推進力にした地方創生に取り組む福島県会津若松市では、「情報化のまち」を目指して地域情報化基本計画を進めている。その取り組みの中で特に重視しているのが災害時の業務継続性だ。東日本大震災を契機に同市は行政を支えるシステムを刷新した。 そこで問題とな...(2016/5/31 提供:富士通株式会社)

技術文書
2015年、半導体業界の買収/合併劇を振り返る
 米調査会社のIC Insightsによると、2010〜2014年までに行われた半導体業界の買収案件では、年平均100億米ドルあまりの金額が動いたという。この調査結果に対して、2015年に実施/発表された買収案件の買収総額は何と1000億米ドルを超える。平年の10倍、過去5年間の総額...(2016/5/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
カーテレマティクスの先進事例から学ぶ、製造業IoTのヒント
 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の流れは、製造業にも大きな変革をもたらすといわれています。 しかし、その一方で具体的な活用の道筋や効果が見えづらい状態にあり、導入に躊躇(ちゅうちょ)する企業も少なくありません。 本稿では、代表的なIoTの...(2016/5/23 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
ちょっと差がつくDaaS選び、価格やリソースだけでない比較検討のポイント
 ワークスタイル変革、セキュリティ強化、PC運用管理の簡素化など、さまざまなメリットが期待されるデスクトップ仮想化の利用が広がっている。近年では、社内に仮想デスクトップ基盤を置かず、クラウド上で仮想デスクトップが使えるDaaS(Desktop as a Service)を選ぶ企...(2016/5/20 提供:富士通株式会社)

Webキャスト
場所・モノ・時間に左右されないモバイルワーク促進のカギ――VDI活用のススメ
 育児・介護をはじめ働くスタイルが多様化する中、オフィスにあるPCのデータやアプリケーションを場所、時間、デバイスを問わず使えるワークスタイル変革に取り組む企業が増えている。しかし、社外での利用が増えれば、モバイル端末の紛失や盗難による情報漏えいなどのリ...(2016/5/9 提供:富士通株式会社)

製品資料
スマホアプリとクラウドで電話の「つながらない」「たらい回し」を解消
 顧客と企業のコンタクトチャネルは多様化したが、コンタクトセンターの電話の重要性は変わらない。しかし、電話によるサービスレベルの向上は頭打ちになっている面もあり、いまだに「電話がつながりにくい」「たらい回しにされる」といった問題に悩む企業は少なくない。(2016/4/5 提供:富士通株式会社)

事例
資料ダウンロード数が2倍に増加、東京スター銀行のイントラネットサイト改善術
 情報が探しづらく、更新にも時間がかかる使いづらいイントラネットサイトが業務効率化の壁となり、ユーザーの満足度を低下させている例は多い。東京スター銀行では、旧システムの導入から7年が経過しデザインやUIの課題も抱えており、イントラネットサイトの改善を課題...(2016/4/4 提供:富士通株式会社)

製品資料
ハードウェア保守コストを半減、マルチベンダー保守サポートの実力を探る
 ハードウェア保守の手間やコストを削減したいと考える企業は多い。また、既存システムのハードウェアの保守を次のシステム更改まで延長したいというニーズも高い。こういったハードウェアのサポート費用のコスト管理はIT部門の重要な課題だ。 そこで注目されるのが、マ...(2016/4/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
モバイルアプリでコンタクトセンターはどこまで顧客のストレスをなくせるか?
 スマートフォンの普及で顧客と企業の距離はさらに近くなった一方で、従来のコンタクトセンターの音声ガイダンスでは顧客ニーズに応えられなくなりつつある。そこで求められるのは、待たされたり、複雑な操作をしたりすることなく、速やかに適切な対応が受けられるコンタ...(2016/4/5 提供:富士通株式会社)

製品資料
紙文書の検索・照会を省力化、探す・回送・承認など業務改善の鍵は文書の電子化
 業務のIT化が進んでも、オフィスには依然、大量の紙文書が存在している。特に申込書、契約書などの紙文書を扱う業務や、審査や証憑帳票の監査を行う業務では、大量の文書の中から必要書類を探すことや、文書の回送状況や承認状況の確認をすることに多くの時間を費やして...(2016/4/5 提供:富士通株式会社)

技術文書
サイバーキルチェーン──フェーズごとの攻撃対処法を徹底解説
 キルチェーン(Kill Chain)はもともと軍事用語であり、敵を攻撃する際に踏む一連の段階(フェーズ)をモデル化したものだ。2011年、米ロッキード・マーチンがコンピュータネットワークにおける先進的な標的型攻撃をモデル化したものを「サイバーキルチェーン」と呼び...(2016/3/10 提供:日本プルーフポイント株式会社)

レポート
AWSは本当に最強? 「クラウド比較表」で分かる真の勝者
 企業システムのインフラとしてパブリッククラウドを検討することが一般化する中で、注目されるのがそれぞれのクラウドサービスの中身だ。先行する「Amazon Web Services」(AWS)に対して、「Microsoft Azure」などの他のクラウドサービスはどのような違いを出し、ユー...(2016/3/8 提供:富士通株式会社)

事例
味の素・保土谷化学工業に学ぶ、基幹システムクラウド化の「成功のカギ」
 TCOの削減、BCP対策、業務プロセスの標準化・IT統制の強化などを目的に基幹システムのクラウド移行に取り組む企業が増えている。基幹システムは企業運営にとって「止めることができない」システム。クラウドへ移行した後の安定運用をどのように担保するか、コスト、運用...(2016/2/3 提供:富士通株式会社)

講演資料
クラウド選定前に確認したい「今求められるクラウド基盤の要件」とは
 エンタープライズITには、ERPやCRMなどのSoR(記録のためのシステム:Systems of Record)と、メール、グループウェア、SNSなどのSoE(人との関係を構築するためのシステム:Systems of Engagement)の分野がある。求められるクラウドは、このSoR・SoEの両分野に対応す...(2016/2/3 提供:富士通株式会社)

事例
運送業の赤帽が基幹システムをクラウドに移行、配送効率向上とコスト削減を両立
 1都3県の約3500人で構成される赤帽首都圏軽自動車運送協同組合では、基幹システムの老朽化に対応するため、システムを刷新。配車システム、物品販売管理、組合員管理などを新たに構築した。 導入検討のポイントは、コストと開発の容易さ、および将来の利用範囲拡大にも...(2016/2/3 提供:富士通株式会社)

Loading