TechTargetジャパン

レポート
無線通信技術 第5世代移動通信「5G」の実現に立ちはだかる2つの壁
ニューヨーク大学科学技術専門校 次世代無線研究センター「NYU Wireless」でディレクタを務めるTheodore Rappaport氏は、「第5世代移動通信(5G)サービスを実現するためには、世界各国政府が協業することにより、ミリ波帯における周波数スペクトルのリリースに合意する...(2015/7/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
多商品・多店舗展開の「成長企業」が抱える3つの課題と対策
 小売専門店を運営する経営者は、企業の成長に伴い商品数や店舗が増加することで、「発注や在庫管理等の負荷増大」「最適な品ぞろえ・商品販売計画を行う分析機能不足」「接客を行う販売員への支援機能不足」といった問題に直面するのではないだろうか。 本資料は、専門...(2015/7/1 提供:株式会社富士通システムズ・イースト)

製品資料
もしも「入口・出口対策」がすり抜けられたら、それでもセキュリティを保つ手段を用意していますか?
 昨今、大規模組織のシステムに対する不正侵入やデータ詐取事案が注目されている。そこで明確になったことは、巧妙な手口による標的型攻撃に対抗するには、インターネットとの接続ポイントである「入口・出口」のみで防ぐといった発想は、もはや現実的ではない。今は不正...(2015/7/27 提供:株式会社PFU)

製品資料
もっと売れる専門店へ、「急成長企業」がMDパッケージを導入すべき3つの理由
 競争が激化する環境下で継続的に収益を確保するためは、顧客に新たな価値を創出するための情報の有効活用がカギを握る。特に、急成長している専門店では、店舗、取扱商品の増加により、店舗ごとに最適な商品在庫が維持できない、販売実績の膨大なデータを、有効活用でき...(2015/7/1 提供:株式会社富士通システムズ・イースト)

技術文書
4Kディスプレイのための「超解像技術」とは
 4K対応のテレビが登場するも、現状では4Kの映像コンテンツはほとんど流通していない。 そのため、ハイビジョンの映像信号を拡大し、「超解像技術」を使って画質を高め、それを4K ディスプレイに表示しているケースがほとんどだ。現在は、どのような超解像技術があるの...(2015/6/16 提供:アイティメディア株式会社)

事例
業種特化型クラウドという選択──丸松物産に見るクラウド移行成功の勘所
 基幹システムをクラウド上に移行する、という発想は最近では珍しいものではなくなった。それだけ、ユーザー・SIパートナー・クラウド事業者などがクラウドサービスの活用に精通し、熟練度を増してきたということだろう。しかし、基幹システムといっても、業種や業態によ...(2015/5/22 提供:株式会社富士通システムズ・イースト)

レポート
ビジネスに貢献する「クラウド選定」で忘れてならないポイント
 ITコンサルティング企業のITRが国内企業を対象に実施した『IT投資動向調査 2014年版』では、最重要視するIT戦略テーマとして「売上増大への直接的な貢献」「業務コストの削減」「顧客サービスの質的向上」がトップ3に入った。こうしたビジネス貢献を意識したITに対する...(2015/5/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
最新ネットワーク技術導入戦略ガイド
 ネットワークの世界は常に新しいトレンドや技術に流され、会社のネットワークを効率的に運用するという基本を忘れがちだった。そのネットワークが今、社内にあるのか、離れた場所のデータセンターにあるのか、あるいはパブリック/プライベートクラウドにあるのかは、ほ...(2015/5/27 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
国内企業の4割以上がWindowsタブレットの導入に意欲的。その理由はここにある
 2014年のTechTargetジャパンによる「スマートデバイスの業務利用に関する読者調査」で、回答企業の43.4%が「Windowsタブレット」を今後導入したいと答え、iPadやAndroidタブレットを抑えてトップとなった。Windows 8.1の登場やWindowsタブレットの製品ラインアップが充...(2015/4/8 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
大手出版社の情報漏えいはこうして防げた。次世代情報漏えい対策徹底解説
 2015年10月施行の「マイナンバー制度」では、情報漏えいに関する罰則規定が極めて厳しいものになり、マイナンバーを漏えいした場合に企業が受けるダメージは計り知れない。情報漏えいの賠償金も高額化しており、今後は情報漏えいが企業の存続問題につながりかねない状況...(2015/4/30 提供:株式会社TCSI)

レポート
「第3のプラットフォーム」に対応するためのシステム改革の要点とは?
 ビッグデータ、クラウドコンピューティング、モバイル、ソーシャルテクノロジーが新しいプラットフォームとして台頭してきた。IDCはこれを「第3のプラットフォーム」と呼び、コンピューティングとビジネスの在り方を根本的に変革すると予測する。 業務や顧客接点におい...(2015/4/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
2014年度下半期 教育ITニュースフラッシュ導入事例一覧表(導入製品分野別)
 TechTargetジャパンの「教育ITニュースフラッシュ」では2014年度下半期(2014年10月から2015年3月)に、教育機関のIT導入事例に関するニュースを数多く取り上げた。教育機関が注目するIT製品分野を探るべく、教育ITニュースフラッシュで取り上げた導入事例を製品分野別...(2015/3/30 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
今どきPCは2年で買い替えが当たり前? 失敗しない企業向けPCの選び方
 PCはこれまで「3〜4年」ごとの買い替えが一般的だった。だが、ビジネススピードの加速やワークスタイルの変革などに伴い、ITを取り巻く環境は大きく変化している。そうした中、果たして従来型の買い替えサイクルが得策といえるのだろうか。近年では、「2年ごとの買い替...(2015/3/26 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
CAE技術の業界動向〜自動車、産業機器、家電業界で活用される解析〜
 CAEにおける PCクラスタの活用がいま注目されている。近年、HPC(High Performance Computing:高性能計算)を使ったCAEが一般企業の製品開発に導入されるケースが増えているが、その普及の立役者が PCクラスタなのだ。HPC の世界をより身近にし、CAEによる設計効率化を...(2015/3/18 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
シノプシスDesignWare ARC HS38シリーズ
本稿は、シノプシス社がライセンス供与しているDesignWare ARC HS38シリーズCPUコアについて説明したものです。これらのコアは、32ビットRISCパフォーマンスを必要とする組込みアプリケーション向けに、面積と消費電力を最小限に抑えて同社が開発した最新のCPUです。本稿...(2015/3/9 提供:日本シノプシス合同会社)

製品資料
クラウドによるDR対策、3つのソリューション
 東日本大震災以降、事業継続/災害対策を最優先課題とする企業が増加したが、十分な対策が取れている企業は少ない。その主な理由は「効果や必要性が不明瞭で検討が進まない」「有事に大きなコストをかけられない」「コストや手間からテープバックアップ以上の対策が立て...(2015/2/20 提供:富士通株式会社)

レポート
読者が選ぶ、技術開発力が優れている半導体ベンダーのTOP10は?
 EETimes Japan、EDN Japan、MONOist、スマートジャパンでは2013年12月〜2014年1月に「半導体ベンダーの認知度・評価調査」を実施した。 調査結果からは各半導体製品の使用状況、ベンダーの認知度などが明らかになった。※半導体ベンダーについて「技術開発力が優れてい...(2015/2/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
オンデマンドでシステムリソースを提供する「クラウドセルフサービス」の導入ポイント
 クラウドのセルフサービス化は運用における自動化技術をベースにしている。この技術はこれまで数週間かかっていたストレージのプロビジョニングプロセスやデータ保護プロセスを数分で完了できるようにするものだ。セルフサービス化はこうした自動化機能を技術の専門家で...(2014/12/26 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
クラウド活用の次のステップ「サービス自動化」を成功させる方法とは?
 クラウド活用において、まずインフラの最適化効果が実感されることは間違いない。しかしユーザー部門からの新たな要求や問い合わせに、手作業を含む煩雑な作業で対応していたとしたらどうだろうか。迅速なサービスは実現したものの、その状態を維持するためにさらに多く...(2014/12/26 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
Windows Server 2003からの脱出を成功に導く3つの移行シナリオ
 Windows Server 2003サポートが、2015年7月に終了する。サポート期限にまだ時間的な余裕があるように思えるが、最新環境にスムーズに、最小限のダウンタイムで移行するには、すぐにでも移行プロジェクト計画を開始する必要がある。OSサポート終了のリスクに加え、老朽化...(2014/11/13 提供:富士通株式会社)

製品資料
中堅から大手企業までワールドワイドで500社の導入実績を持つ組立製造業向け革新ERPソリューション
製造業に特化し、40年以上積み重ねてきたノウハウに基づき、豊富な機能、モジュール群より、お客様の業務に合った仕組みで業務効率化を実現する。特長1.見込み生産型、受注生産型、個別受注生産型など、様々な生産形態が混在する場合でも柔軟に対応できる特長2.プッシ...(2014/11/7 提供:富士通株式会社)

比較資料
SQL Server SSD Appliance一覧表
本コンテンツでは、2014年11月現在、提供されているSQL Server SSD Appliance10製品のハードウェア構成の違いや特徴を紹介する。なお、詳細および最新情報は、ベンダーのWebサイトなどでご確認いただきたい。◆紹介する製品・インサイトテクノロジー・SCSK/NEC・大塚商会...(2014/11/18 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「食の安全」を支える食品業界に特化した販売/生産管理、3つのポイントとは
 食品業界の在庫管理には、不定貫、荷姿管理、賞味/消費期限・製造日管理といった食品業界特有の仕様があり、汎用的なERPでは対応しきれず、カスタマイズが必要だった。 「AZCLOUD SaaS 食品」は、上記のような食品加工業特有のさまざまな仕様に対応した業務システムに...(2014/11/10 提供:株式会社富士通マーケティング)

事例
短期間、低コストで導入。次世代のビジネススタイルに対応できる基幹業務支援ソリューションとは。
 年々スピード化が進む現代社会において、ビジネスのスピードも速くなっており、業務効率化と迅速なビジネス判断が求められている。基幹業務システムの短期立ち上げ、市場環境変化にあわせて柔軟な対応へのニーズは高まる。 40年以上積み重ねてきたERPのノウハウに基づ...(2014/11/7 提供:富士通株式会社)

講演資料
クラウドサービス選びに失敗しないための5カ条
 システムを検討する際にはまずクラウドから検討する、“クラウドファースト”の考え方が進む中で、クラウドサービスを提供する事業者も増える一方だ。利用者にとって、選択肢が増える事は歓迎すべきだが、一方で自社の要件にフィットするサービスを見つけるのが難しくな...(2014/11/28 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
賞味/消費期限や鮮度など、食品業界特有の管理に対応したERP型クラウドサービス
 業界特有のニーズが多い業種では、汎用的なERPをそのまま導入するのは難しく、パッケージソフトをカスタマイズして使うケースが多かった。だが、中堅・中小企業にとっては、カスタマイズに開発期間やコストを掛ける余裕がない上、システム専任担当者がいないなど、導入...(2014/11/10 提供:株式会社富士通マーケティング)

事例
明治安田生命がWindows 8タブレットを営業職員3万人に配布したわけ
 明治生命保険と、安田生命保険の2社が合併し、2004年1月に発足した明治安田生命保険相互会社(以下、明治安田生命)。生命保険の真の価値は、契約後の継続的なサービスの積み重ねと、“能動的”な対面でのアフターフォローによって高まる。生命保険は、形のない、目に見...(2014/11/14 提供:インテル株式会社)

Webキャスト
見れば納得、食品業界に特化したERP型クラウドサービスのメリット
 食品業界の在庫管理には、業界特有の仕様があり、汎用的なERPでは対応しきれない。本コンテンツでは、食品業向けのソリューションに会計システムなどの共通業務ソリューションを組み合わせたERP型のクラウドサービス「AZCLOUD SaaS 食品」を紹介する。 経営者、情報シ...(2014/11/18 提供:株式会社富士通マーケティング)

レポート
企業のデジタル戦略を担うリーダーの資質とは
IT INSIDERでは、一般企業のビジネスのデジタル化についての、ガートナーのアナリスト、マーク・ラスキーノ氏へのインタビューを2013年に2回に分けてお届けしている。その趣旨は、「究極的にはあらゆる産業で、ビジネスの根幹が、デジタル技術によって変革を余儀なくされ...(2014/11/13 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
我が社のビジネスに役立つIaaSはどれだ? 真のビジネス貢献ができるクラウド選定方法
 近年、企業がITシステム求めるものは「堅牢性」や「性能・品質」から「ビジネスへの貢献」へと変わってきた。ビジネス貢献のためにはIT基盤の見直しは重要なテーマであり、その中でもクラウドは最重要項目と位置付けられている。中でも市場成長率の高い「IaaS(Infrastr...(2014/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading