2010年05月19日 08時00分 UPDATE
特集/連載

導入前に検討すべきポイントクラウドストレージの5つのベストプラクティス

クラウドストレージへの移行の効果を最大限に高めるのに役立つベストプラクティスを5つ紹介する。

[TechTarget]

これだけは押さえておきたいクラウドストレージ活用のポイント

 クラウドストレージはまだ使われ始めて日が浅いが、われわれは管理者などの専門家から、この技術への移行の効果を最大限に高めるのに役立つベストプラクティスを集めた。以下に紹介するこれらのベストプラクティスは、この技術をすぐに導入するか、あるいは将来導入するかにかかわらず有益なものだ。

ベストプラクティス1 サービスレベル契約を精査する

 クラウドプロバイダーから提供されるサービスレベル契約(SLA)を利用するに当たっては、十分な注意を払う必要がある。つまり、締結前にSLAを精査しなければならない。

 「データのリカバリや破損防止の保証といった事項が非常にあいまいなSLAを提供する大手プロバイダーが幾つかある」と、ベスイスラエルディーコネス医療センター(BIDMC)のストレージアーキテクト、マイケル・パース氏は2009年、Storage Decisionsカンファレンスのあるセッションで語った。「文言の具体的な内容を把握しなくてはならない」

 Enterprise Strategy Group(ESG)のシニアアナリスト、ローレン・ホワイトハウス氏は、SLAの中で綿密に確認する必要がある領域の1つとして、データアクセスを挙げた。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...