2011年05月26日 10時00分 UPDATE
特集/連載

無償配布中に機能をチェックWAN最適化仮想アプライアンス「NetEx HyperIP」、無償配布中

米NetExが、仮想アプライアンスのWAN最適化ソリューションを無償配布している。大量のデータ転送を最適化することで、ディザスタリカバリにもうってつけだ。

[Tessa Parmenter,TechTarget]

 多くのIT部門がWAN最適化装置からソフトウェアベースのWAN最適化ソリューションに移行している中、米NetExは企業に仮想アプライアンスの利用を促す大きなインセンティブを提供している。それは「NetEx HyperIP」(以下、HyperIP)の無償配布だ。NetExは2011年末までの予定で、このWAN最適化仮想アプライアンスの年間サブスクリプションを無償提供している。

NetEx HyperIPとは

 HyperIPは長距離での大量データ転送を最適化できる。WAN経由の少量データ転送も最適化できるが、WAN経由のデータレプリケーション、ファイル転送アプリケーション、事業継続(BC)/ディザスタリカバリ(DR)にうってつけだ。NetExは、HyperIPのフルバージョンは最大800Mbpsでファイルを転送できるとうたっている。HyperIPは、米EMC、米NetApp、米VMware、米Veeam、米HP LeftHand Networks、米EqualLogic、米Symantecなど、多くのベンダーの仮想データレプリケーション製品と互換性がある。

 米Dragon Slayer Consultingのマーク・ステイマー社長によると、HyperIPはレプリケーションとあらゆる種類のデータ転送に威力を発揮する。パケットロスが発生すると、標準TCPプロトコルは失われたパケット以降のパケットを全て再送するが、HyperIPは失われたパケットを再送し、それが失われてからのパケットが正しい順序で受信されるようにする。

 「HyperIPは、パケットロスが多い回線に非常に適している。パケットロスは人々が考えているよりもはるかに頻繁に発生する」とステイマー氏は語った。

HyperIPはなぜ無償配布されているのか

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。