TechTargetジャパン

製品資料
ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス
 サーバおよびストレージの運用・導入をシンプルかつ簡単に実現するハイパーコンバージドインフラを取り入れる企業が増加している。ハイパーコンバージドインフラを導入する中規模環境での事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策で、想像以上に大きな負担となるバック...(2016/12/9 提供:arcserve Japan合同会社)

技術文書
暗号化が危険を招く原因に? SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説
 インターネットでの通信を保護するため、今やSSL(Secure Sockets Layer)技術による暗号化は極めて広く普及しつつある。一方、SSL通信を逆手に取ったサイバー攻撃も発生している。「SSL暗号化されたサイバー攻撃の通信」を検知するためにはSSL通信を復号する必要がある...(2016/12/9 提供:マクニカネットワークス株式会社)

事例
楽天証券が採用したセキュリティログ分析基盤Splunk その効率的導入方法とは?
 サーバのログに代表されるマシンデータは、システム状況を示す重要な情報だ。しかし、あまりにも膨大な量のため、さまざまな活用が期待されながらも一部の利用にとどまっていることも多い。それがビッグデータ分析技術の進歩によって、大きく変わってきている。 どのよ...(2016/11/30 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
Splunkを効率よく構築・運用する秘訣―専用アプライアンスによるメリットとは
 サーバログなどのマシンデータは、システムの運用状況を示す重要な情報だ。適切な分析でサービス品質の欠陥やトラブルの予兆を可視化し、運用改善に役立てることができる。また、サイバーセキュリティにおける実態把握やエンドユーザーの挙動把握など、ビジネスでも活用...(2016/11/30 提供:マクニカネットワークス株式会社)

事例
みずほ銀行のOne to Oneマーケティングを支える「データレイク」の作り方
 みずほ銀行では、毎月約3億件ものトランザクション処理が発生する。この膨大なデータを蓄積、分析するために構築したのが「データレイク」基盤だ。これにより同行は、結婚や住宅購入、子どもの教育などのライフイベントに合わせ、商品やサービスをレコメンドしていくOne...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
バックアップ応用術、霧島酒造が仮想化基盤へのサーバ移行を1日で実現した方法
 あらゆるデータが肥大化を続ける中で、BCP体制の構築やバックアップ/リストア時間の改善、DRサイトでの復旧時間の短縮への要求が日増しに増大している。しかし、そのためのコストや人員の負担は大きく、企業にとって頭の痛い問題となっている。 芋焼酎「霧島」で知ら...(2016/11/22 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
急激な要件の変化にも対応、セキュリティゲートウェイに欠かせない拡張性とは
 ファイアウォールでは、対応するパフォーマンスに応じて、幾つかの製品ラインアップが用意されているケースが多い。そのため、導入時には、将来的なネットワークの増大などを考慮する必要がある。しかし、計画以上に企業規模やネットワーク使用が拡大するケースもある。(2016/11/21 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
Skype for Business Cloud Connector Edition
 Skype for Business Cloud Connectorエディションにおいて、クラウドPBXサービスで、オンプレミスのPSTN(電話網)との接続が可能となる環境構築サービスです。 『50名からのスタートサービス』として、50名の少人数からのクラウドPBX利用環境を提供します。 CCEサー...(2016/10/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
技術者への「次世代ファイアウォール」入門
 企業ネットワークに押し寄せる新しいセキュリティ脅威の標的は、「ファイアウォール対応」アプリケーションやアプリケーション層の脆弱性に及び、従来のファイアウォールでは企業ネットワークを十分に保護できなくなっている。単一機能のアプライアンスの組み合わせは...(2016/10/12 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージドインフラの基礎解説――製品選び「8つのポイント」
 ハイパーコンバージェンスとは、データセンターに期待するパフォーマンスや安定性、可用性を損なうことなく、クラウド環境のような経済性と規模を実現できる方法だ。このコンバージェンスというトレンドは、複雑性が増加しているデータセンターをシンプルにするために生...(2016/10/3 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
「データを移動させない」処理原理──最新ビッグデータ基盤の採用技術を読み解こう
 企業の成否の鍵は、最適な情報を遅れずに入手し、適切な意思決定を行えるかどうかにある。しかし、不安定な状況下で起こり得るイベントを予測し、トレンドを把握し、最善の方法を選択するためには、数十億件ものデータを正確に分析しなければならない。 そのため、その...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
社会とともにIBM、ストリームコンピューティングとともにIoT
 デバイスやセンサーだけでなく家電やクルマなどさまざまなモノがつながるIoT(Internet of Things)が急速な展開を見せる中、これらの大量のトラフィックを効率的・効果的に扱うMQTTプロトコルが注目を集めている。本コンテンツでは、IoTやM2M(Machine-to-Machine)に...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージド導入のメリットを比較検証――コストと管理の手間はどう変わる
 米調査会社のEdison Groupの調査によると、現在の企業ITインフラの市場は、BYO(独自構築)システムからハイパーコンバージドアプライアンスに大きく移行し始めているという。ハイパーコンバージドシステムの移行は、大きな潜在的メリットが得られる一方で、その判断に...(2016/9/5 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
「あれもこれも必要」なWebセキュリティ、脱アプライアンス化でコスト高を解消
 サイバー攻撃の手法は次々と生み出されているが、現時点においてもハッカーによる攻撃の圧倒的多数はWebを通じて行われている。その中でも防御が難しいといわれているのが、企業や公的機関のWebサイトを改ざんしてマルウェアを仕込む「水飲み場攻撃」だ。 これにより正...(2016/8/31 提供:ノックス株式会社)

製品資料
クラウドとアプライアンス製品を活用した「シンプルなBCP戦略」とは?
 オンプレミス環境にバックアップシステムを導入しているケースでも、災害時の迅速な復旧のため、クラウドに新たなバックアップ環境を構築しようという企業が増えている。もちろん、この取り組みにおいても柔軟で経済的なデータ保護が実現できなければならない。データの...(2016/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
OpenStackクラウドの可用性を高める負荷分散ポリシー、導入時に検討すべきこと
 クラウドにおけるネットワークサービスの可用性と冗長性の確保には、まず負荷分散機能をどのように導入するかがポイントになる。OpenStackには、Neutron LBaaS(Load Balancing as a Service)というサービスが用意されており、特定ベンダーの技術に依存しない負荷分散...(2016/8/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
クラウド型データセンターのアプリ性能を高める「マルチテナント機能」とは?
 オンプレミスからクラウド型データセンターへのシステムの移行は、運用の効率化、演算環境の柔軟性・適応能力の向上、IT基盤の整理統合を促す。専用インフラから共有インフラへの転換によって生まれるデータセンターTCOの削減効果もそのメリットの1つだ。 ここで鍵とな...(2016/8/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
標的型メール攻撃をクラウド型サンドボックスで防御、南総通運の統合対策とは?
 小売業や製造業における変革が急速に進むなか、そのビジネスを支える物流業界にもサービスの品質やスピードの向上が求められるようになりつつある。そのため、市場変化に即応できるIT基盤への刷新が急がれているが、その際、合わせて考えなければならないのがセキュリテ...(2016/7/29 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
中小企業でも手が届く高度なストレージシステム、低コストでBCP/DRも実現
 この数年でオールフラッシュストレージやハイブリッドストレージの価格は大きく下がり、エントリーレンジの価格帯にも高いスペックを備えた製品が登場している。これにより中小規模の企業でも高度なストレージシステムを導入できるようになった。 近年のエントリークラ...(2016/6/30 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
駆除だけでは終わらないランサムウェア――最後の備えは「確実な復元」
 企業や組織のシステムに侵入し、重要情報を暗号化したり、画面をロックしたりするランサムウェア。ファイルやシステムを“人質”にして、解除のための“身代金”を要求するランサムウェアの被害は着実に拡大しており、対策を急ぐ企業が増えている。 対策の基本は、セキ...(2016/6/8 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

製品資料
ハイブリッドクラウド実現の最適解、Microsoft Azureとのシームレスな連携・管理の秘訣
 多くの企業がクラウド活用を進めており、クラウドファーストと呼ばれる時代となった。クラウドはIT基盤の即時導入を可能とし、初期投資を抑えることができるが、セキュリティや中・長期的な運用コストの肥大化等、検討すべき課題も多い。 近年はクラウドとオンプレミス...(2016/6/2 提供:デル株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月25日号:ビジネス化するランサムウェア
 Computer Weekly日本語版 5月25日号は、以下の記事で構成されています。■ランサムウェアにファイルを暗号化されてしまった2つの組織の分かれ道■「Windowsの操作に最も便利なPowerShell」製ランサムウェアの脅威■1150万文書から関係性を洗い出せ――「パナマ文書」解...(2016/5/25 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
AWSにオフショア開発環境を構築、セキュリティは仮想アプライアンスで担保
 オフショア開発環境を構築する場合、リアルな開発環境そのものを現地に設置するのは現実的ではない。構築費用はもとより、ソフトウェアライセンスなど管理コスト面の負担も大きい。そこでパブリッククラウドに開発環境を構築して、オフショア側のエンジニアに利用しても...(2016/3/4 提供:F5ネットワークスジャパン株式会社)

技術文書
ビッグデータアプライアンス製品導入戦略ガイド
 新しい製品と位置付けられていたビッグデータアプライアンスが、データウェアハウスハードウェアやソフトウェア向けの主流製品へと成長している。アプライアンスは、サプライヤーがハードウェアに必要なOSとデータベースをプリインストールして、全てをデータウェアハウ...(2016/2/24 提供:アイティメディア株式会社)

事例
茨城県庁が分散したファイアウォール機能を統合、統合による期待と狙いを探る
 茨城県庁は、出先機関を含め約7000台のクライアント端末が行政情報システムなどに接続され、日々の業務に利用されている。県庁内では、情報系、業務系ネットワークなどにおいて11台のファイアウォールを運用していた。 だが、最もトラフィックが集まる情報系ネットワー...(2015/12/3 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

技術文書
標的型攻撃に対抗するのはサンドボックスだけではない「コンテンツ&マルウェアフィルタリング」という提案
 一時期、標的型攻撃は「一部の大規模組織だけが狙われる」という考え方が流布されていた。しかし実情を見れば、脆弱性を持つ企業ならどこでも侵入し、そこを踏み台にしてさらに別の企業へ攻撃を仕掛けるケースが起きている。そのため包括的なセキュリティ施策について...(2015/12/2 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

製品資料
共有サーバのデータを毎日保護することはできない? 簡単な方法あります
 ファイルサーバは手軽にファイル共有できる利便性がある一方で、容量が一杯になると必要なファイルが消されてしまったり、ファイルの世代管理や検索性においても課題がある。一般的にファイルの世代管理はスナップショット機能を使うことが多いが、データは複製せず、取...(2015/11/24 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
マイナンバー制度の情報セキュリティ対策、専用アプライアンスの実力とは?
 マイナンバー法が2016年1月から施行される。全ての企業は官公庁や自治体に提出する書類にマイナンバーの記載が義務付けられる。この番号は企業内で厳重に管理する必要があり、万一、社外に無断で流出することがあれば、法律により罰せられる。 本ホワイトぺーパーはマ...(2015/11/18 提供:株式会社ミロク情報サービス)

レポート
10億ドル市場に急成長、“セキュリティ製品多過ぎ問題”を一掃する「UTMアプライアンス」とは
 企業は、社内のシステムを守るべく、ファイアウォールやマルウェア対策、VPNなど多くのセキュリティ製品を導入する必要がある。しかし、さまざまなベンダーのセキュリティ製品を導入した場合、インタフェースの違いから管理が複雑になったり、膨大なコストが掛かってし...(2015/11/18 提供:図研ネットウエイブ株式会社)

レポート
大規模DDoS攻撃を専用アプライアンスで防御するメリット
 DDoS攻撃は、ボットに感染した複数のマシンによって構成される“ボットネット”から仕掛けられている。多くの場合、こうした攻撃は明確な意図を持って、対象の企業へ致命的な打撃を与える目的で行われ、その規模は数百Gbpsレベルと大規模化している。このような大規模攻...(2015/10/29 提供:A10ネットワークス株式会社)

Loading