TechTargetジャパン

レポート
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)と、企業IT最大のトレンドとの関係
 ハイパーコンバージドインフラ(以下、HCI)には今でも多種多様な解釈がある。それが、多くのユーザー企業でメリットの理解を阻む要因となっている。この記事では「最も短く表現すると『「ITインフラ(サーバとストレージ)のアプライアンス化を目指すもの』だ」という...(2017/10/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
バックアップ環境の刷新で数百万円のコスト削減、ドン・キホーテが選んだ手法は
 食品や衣料品、家電など、幅広い商品を扱う小売店として知られるドン・キホーテ。同社は、プライベートクラウドの活用を積極的に進め、数百の仮想化システムを統合運用している。この仮想環境のデータ保護についても、統合ストレージを導入することで一元化に成功した。(2017/9/28 提供:arcserve Japan合同会社)

比較資料
10秒で検疫完了、マルチOS対応で非常駐型の国産検疫アプライアンス
 ランサムウェア「WannaCry」は世界中に大きな被害を与えたが、マイクロソフトが提供していた脆弱(ぜいじゃく)性修正プログラムを適用していれば、被害を受けることはなかった。このことから、組織や企業において、エンドポイントのセキュリティ管理が非常に重要である...(2017/9/28 提供:エイチ・シー・ネットワークス株式会社)

製品資料
SDS専門企業だからできる「高性能&低価格HCI」の秘密とは?
 IT環境を迅速に立ち上げる方法として、近年、ハイバーコンバージドインフラ(HCI)の注目度が高まっている。HCIはSDS(Software-Defined Storage)の技術を使い、外部のストレージアプライアンスを用いず、汎用的なx86サーバ上にコンピューティング機能とストレージ機能...(2017/9/25 提供:データコア・ソフトウェア株式会社)

製品資料
間近に迫るクレジットカード情報のPCI DSS準拠、短期間、低リスクで対応するには?
 クレジットカード会社、加盟店、決済代行会社全てのクレジットカード情報取扱事業者は、セキュリティ基準「PCI DSS」に準拠することを求められている。PCI DSSでは、DBなどに保存されるカード会員データを保護する仕組みが要件に含まれており、該当事業者が喫緊の対応を...(2017/9/21 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージド導入のメリットを比較検証――コストと管理の手間はどう変わる
 米調査会社のEdison Groupの調査によると、現在の企業ITインフラの市場は、BYO(独自構築)システムからハイパーコンバージドアプライアンスに大きく移行し始めているという。ハイパーコンバージドシステムの移行は、大きな潜在的メリットが得られる一方で、その判断に...(2017/9/13 提供:ネットワンシステムズ株式会社)

製品資料
「vSphere 6.5」の新機能を徹底解説、次世代仮想化基盤の真の実力とは?
 「vSphere 6.5」は、インフラやアプリケーションのパフォーマンス、運用性を最大化できる仮想化基盤として定評を得ている。その設計は、シンプルなユーザー環境、包括的なセキュリティ、ユニバーサルプラットフォームを主眼としており、自動化と管理、新旧アプリケーシ...(2017/9/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
フラッシュ環境のデータ保護、性能と効率を最大化する手法と4つの留意事項
 企業が抱えるデータ量が爆発的に増加する一方で、業務システムには最新アプリケーションに対応できる高いパフォーマンスや瞬時の応答性、24時間365日の可用性などが求められるようになっている。そうしたニーズへ対応するため、ストレージの主流は従来のHDDからオールフ...(2017/8/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
今さら聞けない「重複排除バックアップ」の基本原理――最新技術と効果を学ぶ
 企業内データの増大により、バックアップはより時間がかかり、多くのストレージ容量が消費される。こうしたコストや時間の増大に課題を持ちながらも、多くの担当者は多忙のため、バックアップの課題解決に対応できる余裕はない。そのため最低限のバックアップをギリギリ...(2017/7/21 提供:クエスト・ソフトウェア株式会社)

製品資料
自社に最適なWAFをどう見つける? 導入を成功させる3つのポイント
 DDoS攻撃の拡大など、Webサイトへの脅威が増している現在、Webサイトを保護するWAF(Web Application Firewall)は企業に必須のセキュリティ対策となっている。 ただしWAFには多種多様な製品が存在する。Webのセキュリティを担当する情報システム部門にとっては、自社...(2017/6/1 提供:NTTテクノクロス株式会社)

レポート
コスト・運用負荷比較:ハイパーコンバージドインフラと独自構築システム
 データセンターのフットプリントの削減や煩雑なシステム管理のシンプル化などの需要に伴って、独自構築(BYO)システムからハイパーコンバージド製品へ移行する企業が増えてきた。では実際のところ、ハイパーコンバージド製品とBYOシステムで、TCO(総所有コスト)やTCA...(2017/5/24 提供:デル株式会社)

事例
パナソニック 業務プロセスの効率化で実現する「製造現場の見える化」
日本を代表する製造業であるパナソニックの家庭電化・冷熱空調事業領域を担当するアプライアンス社では、「製造現場の見える化」推進の基盤としてQlikViewを核に、情報の活用を行っている。グローバル展開する企業は、競争がますます厳しい時代に突入し、刻一刻と変わる状...(2017/3/31 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

比較資料
【比較表】主要統合型バックアップアプライアンス、機能比較
 バックアップアプライアンスには「ターゲット型バックアップアプライアンス」と「統合型バックアップアプライアンス」の2種類がある。ターゲット型はバックアップ保存先ストレージのみ、統合型はバックアップ保存先ストレージとバックアップサーバを組み合わせた製品を...(2017/3/13 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
セキュリティ対策は「組み込み型」へ──ポイント対策が限界を迎えたわけ
 ほぼ20年間にわたり、ファイアウォールは企業のセキュリティ戦略の中心に据えられてきた。アプライアンスが登場するとすぐに、サービスプロバイダーが次々とファイアウォールの管理サービスの提供を始めた。そして、新たな攻撃に対応するために、電子メールゲートウェイ...(2017/3/7 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

事例
バックアップ応用術、霧島酒造が仮想化基盤へのサーバ移行を1日で実現した方法
 あらゆるデータが肥大化を続ける中で、BCP体制の構築やバックアップ/リストア時間の改善、DRサイトでの復旧時間の短縮への要求が日増しに増大している。しかし、そのためのコストや人員の負担は大きく、企業にとって頭の痛い問題となっている。 芋焼酎「霧島」で知ら...(2017/2/3 提供:arcserve Japan合同会社)

比較資料
【比較表】主要ターゲット型バックアップアプライアンス、機能・価格比較
 バックアップアプライアンスには「ターゲット型」と「統合型」の2種類がある。ターゲット型はバックアップ保存先ストレージのみ、統合型はバックアップ保存先ストレージとバックアップサーバを組み合わせた製品を指す。このコンテンツではターゲット型アプライアンスに...(2016/12/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Webサイトの弱点をつぶせ! 脆弱性対策の基礎知識
 システムインテグレーターに開発を任せる際に、自社システムのセキュリティ対策をどこまで対応し、どのように伝えるべきか悩むことはないだろうか? 言われなくてもきちんとやってもらえると暗黙のうちにうやむやにしてしまっていないだろうか? 本資料では前半セクシ...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

講演資料
作ってみようハイパーコンバージドインフラ、Windows Server 2016での作り方
 新世代のIT基盤として期待されるハイパーコンバージドインフラ。サーバ、ストレージ、ネットワークを統合したノードを複数組み合わせて、リソースプールとして一元管理、クラウド基盤として利用できるようにしたものだ。運用管理が格段と容易になるほか、ノードの増設に...(2016/12/12 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス
 サーバおよびストレージの運用・導入をシンプルかつ簡単に実現するハイパーコンバージドインフラを取り入れる企業が増加している。ハイパーコンバージドインフラを導入する中規模環境での事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策で、想像以上に大きな負担となるバック...(2016/12/9 提供:arcserve Japan合同会社)

技術文書
暗号化が危険を招く原因に? SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説
 インターネットでの通信を保護するため、今やSSL(Secure Sockets Layer)技術による暗号化は極めて広く普及しつつある。一方、SSL通信を逆手に取ったサイバー攻撃も発生している。「SSL暗号化されたサイバー攻撃の通信」を検知するためにはSSL通信を復号する必要がある...(2016/12/9 提供:マクニカネットワークス株式会社)

事例
楽天証券が採用したセキュリティログ分析基盤、その効率的導入方法とは?
 サーバのログに代表されるマシンデータは、システム状況を示す重要な情報だ。しかし、あまりにも膨大な量のため、さまざまな活用が期待されながらも一部の利用にとどまっていることも多い。それがビッグデータ分析技術の進歩によって、大きく変わってきている。 どのよ...(2016/11/30 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
セキュリティ分析基盤を効率よく構築・運用する秘訣
 サーバログなどのマシンデータは、システムの運用状況を示す重要な情報だ。適切な分析でサービス品質の欠陥やトラブルの予兆を可視化し、運用改善に役立てることができる。また、サイバーセキュリティにおける実態把握やエンドユーザーの挙動把握など、ビジネスでも活用...(2016/11/30 提供:マクニカネットワークス株式会社)

事例
みずほ銀行のOne to Oneマーケティングを支える「データレイク」の作り方
 みずほ銀行では、毎月約3億件ものトランザクション処理が発生する。この膨大なデータを蓄積、分析するために構築したのが「データレイク」基盤だ。これにより同行は、結婚や住宅購入、子どもの教育などのライフイベントに合わせ、商品やサービスをレコメンドしていくOne...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
カード増設で拡張できるセキュリティゲートウェイ、ネットワーク構成も変更不要
 サイバー攻撃の主要なターゲットであるWebアプリケーションの保護や、事業継続性を左右する業務アプリケーションの安定稼働は、近年の企業ITにおける最重要課題だ。その対策として、アプリケーションの保護と管理の機能をオールインワンで提供するセキュリティゲートウ...(2016/11/21 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
Skype for Business Cloud Connector Edition
 Skype for Business Cloud Connectorエディションにおいて、クラウドPBXサービスで、オンプレミスのPSTN(電話網)との接続が可能となる環境構築サービスです。 『50名からのスタートサービス』として、50名の少人数からのクラウドPBX利用環境を提供します。 CCEサー...(2016/10/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
技術者への「次世代ファイアウォール」入門
 企業ネットワークに押し寄せる新しいセキュリティ脅威の標的は、「ファイアウォール対応」アプリケーションやアプリケーション層の脆弱性に及び、従来のファイアウォールでは企業ネットワークを十分に保護できなくなっている。単一機能のアプライアンスの組み合わせは...(2016/10/12 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージドインフラの基礎解説――製品選び「8つのポイント」
 ハイパーコンバージェンスとは、データセンターに期待するパフォーマンスや安定性、可用性を損なうことなく、クラウド環境のような経済性と規模を実現できる方法だ。このコンバージェンスというトレンドは、複雑性が増加しているデータセンターをシンプルにするために生...(2016/10/3 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
「データを移動させない」処理原理──最新ビッグデータ基盤の採用技術を読み解こう
 企業の成否の鍵は、最適な情報を遅れずに入手し、適切な意思決定を行えるかどうかにある。しかし、不安定な状況下で起こり得るイベントを予測し、トレンドを把握し、最善の方法を選択するためには、数十億件ものデータを正確に分析しなければならない。 そのため、その...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
NoSQLとHadoopの真価を引き出す実践的なアプローチを徹底解説
 増え続ける膨大なデータへの対応には、高速処理が可能なNoSQLとHadoopへの関心が高まっています。しかし、NoSQLにしても、Hadoopにしても万能のテクノロジーではありません。それぞれの特性を踏まえ、適切な対策を講じることが重要です。 IBMが提案するアプライアンス...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
社会とともにIBM、ストリームコンピューティングとともにIoT
 デバイスやセンサーだけでなく家電やクルマなどさまざまなモノがつながるIoT(Internet of Things)が急速な展開を見せる中、これらの大量のトラフィックを効率的・効果的に扱うMQTTプロトコルが注目を集めている。本コンテンツでは、IoTやM2M(Machine-to-Machine)に...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading