TechTargetジャパン

製品資料
高速・安定したバックアップインフラを低コストで構築する方法とは
 ITの進化やIoTの普及などにより、クラウド上に蓄積されるデータは大幅に増大している。モバイルデバイスやIoT機器などから生み出される膨大なデータには、企業が展開するビジネスにおいて有効活用できるものも多く、企業のデータベースに保存されるデータも日々膨れあが...(2017/10/13 提供:クエスト・ソフトウェア株式会社)

Webキャスト
500GBを数秒でバックアップするツールを標準装備――ユーザー目線の新世代HCI
 仮想環境が主流となり、膨大な数の仮想マシンの一元的かつ効率的な管理は避けて通れない課題となった。そこで重要になるのが、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の管理ツールの使い勝手だ。新たなHCIには、誰でもすぐに使える管理ツールがバンドルされている。 この...(2017/10/12 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決
 日々増え続けるデータは、バックアップの所要時間の増大を招き、仮想化や災害対策などの足かせになっている。日次のバックアップは、差分/増分バックアップでしのげたとしても、定期的に行うフルバックの負荷が極めて大きく、所定時間内に作業が終わらない状況まで生ま...(2017/10/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
検知とバックアップを一体化、進化するランサムウェアの先を行く対策とは?
 依然として猛威を振るい続けるランサムウェア。日々新種のランサムウェアが生成される現在、これまで長く使われてきたシグネチャ方式によるアンチウイルスは高い防御を期待できなくなっている。そこで現在では、振る舞い検知やサンドボックスなどの新たな検知技術が生ま...(2017/10/11 提供:株式会社 Jiransoft Japan)

製品資料
コスト比較:法人向け主要クラウドストレージの7つの違いとは?
 企業が取り扱うデータが増加し続ける中、クラウドストレージを導入する企業が増えている。データがクラウド上に保存されるため、インターネットにさえ接続していればどこからでもアクセスでき、共同作業もスムーズになる。ローカルサーバと異なり、物理的な保管場所が不...(2017/10/11 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
オールフラッシュ導入事例:ハイブリッドクラウドの運用性はどこまで変わる?
 町田市では、庁舎内に構築された「庁内クラウド」と、商用データーセンターの「庁外クラウド」によるハイブリッドクラウド環境の活用が進められてきた。仮想化技術により両クラウド間での柔軟なシステム移動とバックアップが可能な仕組みを取り入れ、業務継続と災害対策...(2017/10/6 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

Webキャスト
次世代ハイパーコンバージドが実現する「Converged 3.0」とは?
 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、「究極にシンプルなITインフラ」を実現する次世代モデルに移行しつつある。次世代HCIは単にストレージをサーバに内蔵させるだけでなく、ラックにあるさまざまな周辺機器まで統合できるようになる。 また、次世代HCIは全てHCIで...(2017/10/6 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージド導入ガイド――主要製品の特長と重要オプションを解説
 サーバやSAN、ストレージなどの統合基盤であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。そのメリットは、セットアップが簡単に行えることや、後から簡単にスケールアウトできることにある。また、搭載された高機能ストレージにより、さまざまなビジネスニーズに柔軟に対応...(2017/9/28 提供:arcserve Japan合同会社)

事例
バックアップ環境の刷新で数百万円のコスト削減、ドン・キホーテが選んだ手法は
 食品や衣料品、家電など、幅広い商品を扱う小売店として知られるドン・キホーテ。同社は、プライベートクラウドの活用を積極的に進め、数百の仮想化システムを統合運用している。この仮想環境のデータ保護についても、統合ストレージを導入することで一元化に成功した。(2017/9/28 提供:arcserve Japan合同会社)

技術文書
いまさら聞けない? ハイパーコンバージドインフラ完全解説ガイド
 テクノロジーの急速な変化に伴い、企業は仮想化技術や最新ソリューションを導入してきた。それに伴ってサーバやストレージが強化された一方で、ITインフラが複雑化してしまうケースも珍しくない。コストを削減しながら効率的に運用できるITインフラを目指す企業にとって...(2017/9/11 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
高い操作性のバックアップソフトウェアで、ランサムウェアの脅威に立ち向かう
 ランサムウェアが世界的に流行する中、企業は自社の重要なデータを守るため、至急対策を講じることが求められる。マルウェアの侵入を完全に防ぎ切ることは難しい。そうした状況のなか、近年ますます重要となるのが、侵入されてもデータを保護できるようにする仕組みであ...(2017/8/31 提供:株式会社アール・アイ)

比較資料
ハイパーコンバージド徹底比較。コスト、性能、データ保護など、優秀な製品は?
 10年以上にわたり、データセンターの変革は、フレキシブルでコスト効果の高いインフラ構築を可能とする仮想化技術を中心に進んできた。しかし、そのメリットを真に活用するためには、コンバージドインフラの進化形であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)の登場を待...(2017/8/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
従来型ITと比較しTCOは3分の1。最新ハイパーコンバージドの4大効果
 システムの運用やメンテナンスにかかる過大な負荷はIT担当者の悩みの種となっている。ITリソースの需要変動に対応できるだけの拡張性の確保やアプリケーションやデータの保護、複雑化しがちな運用は大きな課題だ。 そうした課題の解決策として注目されているのがハイパ...(2017/8/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
フラッシュ環境のデータ保護、性能と効率を最大化する手法と4つの留意事項
 企業が抱えるデータ量が爆発的に増加する一方で、業務システムには最新アプリケーションに対応できる高いパフォーマンスや瞬時の応答性、24時間365日の可用性などが求められるようになっている。そうしたニーズへ対応するため、ストレージの主流は従来のHDDからオールフ...(2017/8/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
ヘルスケア企業が選んだ「他社製品より40〜70%安いIT基盤」とは?
 ヘルスケア企業は、縮小しがちな予算や各国の法規制を受けて、コスト削減が強く求められている。その解決のため、オランダのメンタルヘルスケアプロバイダーであるAltrechtは、マルチベンダー構成のIT基盤をハイパーコンバージドインフラ(HCI)にリプレースした。 製...(2017/8/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
2000社が利用する人事給与サービスをクラウド化、三菱総研DCSが選んだDBMSとは
 三菱総研DCSが提供する給与人事サービス「PROSRV」は、同社の主力サービスの1つとして約2000社に提供されている。従来、「Microsoft SQL Server」を中心としたクライアント/サーバモデルとして構築していた同サービスだが、Web対応した競合サービスとの競争力に懸念が...(2017/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
東海地震を見据えた業務継続計画、富士市がOpenStackで構築するICT基盤の全貌
 25万人の人口を抱える富士市では、「富士市情報化計画」を進めている。2017年から2020年にかけて実施する第三次計画では、東海地震や南海トラフ地震などの大規模災害を想定した業務継続計画の策定とその計画を確実に施行できるシステムの構築を目指している。 富士市で...(2017/8/21 提供:レッドハット株式会社)

事例
「無停止型サーバ」導入事例、性能向上と運用保守工数の削減を両立するには?
 国内外で合成樹脂加工製品事業と産業機械事業を展開する萩原工業。同社は業務効率向上を目的に早くからICTを推し進めてきたが、ハードウェアの老朽化から新システム基盤を導入する必要に迫られていた。このとき、既にバックアップ装置の故障やサーバの能力不足によるレ...(2017/8/16 提供:日本ストラタステクノロジー株式会社)

事例
製造現場を支えるICT基盤の安定稼働と将来のIoT活用に向けた唯一の選択肢
 国内外で合成樹脂加工製品事業と産業機械事業を展開する萩原工業。同社は業務効率向上を目的に早くからICTを推し進めてきたが、ハードウェアの老朽化から新システム基盤を導入する必要に迫られていた。この時、既にバックアップ装置の故障やサーバの能力不足によるレス...(2017/8/16 提供:日本ストラタステクノロジー株式会社)

製品資料
専用ハードウェア搭載で高い圧縮率を実現、次世代VMwareハイパーコンバージドはどこが違う?
 近年、多くの企業で導入が進んでいるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。メーカーでセットアップされた状態で提供されるため確実なサービスインができるだけではなく、容量と性能を簡単に増強できる。初期導入コスト、運用費用、データセンターコスト削減などTCOの削...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
仮想マシンを効率的に保護、ハイパーコンバージドに適したバックアップの手法は
 システム障害やサイバー攻撃などのリスクへの備えとして不可欠なバックアップ環境。近年、導入が進むハイパーコンバージドインフラでは、特に慎重な製品選びが求められる。そのため、バックアップ時間、仮想マシンの保護、ライセンスコストなどについて総合的に判断する...(2017/7/31 提供:株式会社日立システムズ)

製品資料
今さら聞けない「重複排除バックアップ」の基本原理――最新技術と効果を学ぶ
 企業内データの増大により、バックアップはより時間がかかり、多くのストレージ容量が消費される。こうしたコストや時間の増大に課題を持ちながらも、多くの担当者は多忙のため、バックアップの課題解決に対応できる余裕はない。そのため最低限のバックアップをギリギリ...(2017/7/21 提供:クエスト・ソフトウェア株式会社)

製品資料
何百台ものネットワーク機器を人手要らずで一括管理する方法とは?
 モバイルやBYOD(私物端末の業務利用)、パートナー企業のゲストアカウント対応などネットワーク環境は複雑化しており、ネットワーク機器の管理負担も高まっている。中でも担当者の頭を悩ませているのが機器の設定変更だ。企業システムの規模が拡大すれば、数十台の設定...(2017/7/10 提供:ソーラーウインズ・ジャパン株式会社)

事例
1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ
 企業活動に欠かせないデータのバックアップは、多くの企業が取り組む課題だ。だが、Yahoo! JAPANほどの規模となると、その実現も容易ではない。求められる要件は1日当たりのデータ転送量が数十TB、バックアップサイトのデータ容量がP(ペタ)バイトレベルという極めて大...(2017/7/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則
 災害復旧(DR)の戦略を立てても、バックアップの失敗やシステムの構成エラー、人的ミスなどが原因で、DRに失敗する場合がある。また、従来型のDR対策製品では、バックアップの自動化機能を売りにしているが、実際には、使用する環境がそれぞれ異なるため、「設定するだ...(2017/6/28 提供:Commvault Systems Japan)

製品資料
クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ
 ITシステムの基盤をクラウドで運用することが当たり前になったとはいえ、導入したクラウドをいつまでも使い続けるとは限らない。いざというときにデータやワークロードを安全に移動する手段がなければ、柔軟性や俊敏性、費用対効果といったメリットが失われてしまうこと...(2017/6/28 提供:Commvault Systems Japan)

Webキャスト
美魔女が教える「はじめてのファイルサーバ」――中小企業を救う6つのヒント
 社内にデータ活用がしやすい環境を作ると同時に、重要データを守るためのサイバー攻撃対策をすることは、多くの企業が最優先とする課題だ。しかし、人員が不足しがちな中堅・中小企業のIT部門にとって、通常業務の合間にファイルサーバを管理することは容易ではない。 ...(2017/6/20 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
「ランサムウェア」基礎解説:サイバー犯罪者の手口から有効な対策を探る
 あの手この手で攻撃を仕掛けてくるサイバー犯罪者に対抗するには、まず彼らの手口を把握する必要がある。中でも喫緊の課題となっているのが、メールやWebサイトなどを通じて攻撃を仕掛け、感染した端末やその端末を通じ組織内のデータを暗号化し、身代金を脅し取ろうと...(2017/6/16 提供:トレンドマイクロ株式会社)

事例
この会社は仮想環境の障害対策で「十分に満足」な体制をどう構築したのか
 昭和38年創業のエッサム社では、会計事務所向けの業務支援サービス「ゆりかご倶楽部」、会計事務所向けの情報提供を行う「会計事務所の広場」、クラウドで会計事務所の顧客先へ業務用アプリを提供する「集い」、以上3つのサービスを仮想環境にて稼働している。 同社で...(2017/6/13 提供:株式会社ネットジャパン)

事例
重複排除で伝送量を85%削減、小松製作所が高速かつ確実なデータ保護を実現
 BCP対策で近年考慮すべきポイントとして浮上しているのが伝送データ量だ。IoTの活用などにより今までにないデータも増えており、基幹業務システムが日々生成するデータは膨大な量になる。小松製作所が取り組んだバックアップ環境の見直しでも、基幹システムのデータ量が...(2017/6/9 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Loading