TechTargetジャパン

製品資料
統合データ管理ソフトの基礎解説――企業のあらゆるデータを保護するメリット
 統合データ管理ソフトウェアが注目されるようになった理由は、ファイルやメールシステム、PC端末、データベース、Webシステムなど、企業システムの各所で蓄積されるデータが膨大になってきたからだ。各システムで個別にこれらのデータをアーカイブし、バックアップする...(2016/11/29 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
数百台の仮想マシンのデータ保護、解決すべき「4つの課題と対策」
 仮想マシン(VM)のバックアップは、VMイメージファイルをバックアップ先のストレージにコピーするのが一般的だ。しかし、仮想マシンが数百台単位になると、この方法では大幅に時間がかかってしまい、システム利用にも支障が出てしまう。こうした課題に対処するため、ス...(2016/11/29 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
ノートPCやデスクトップPCのバックアップは、なぜ難しいのか?
 ノートPCやデスクトップPCなど、エンドポイント端末の内部にあるデータを定期的にバックアップする体制を整えている企業は、それほど多くない。重要なデータは社内システムにある共有フォルダにコピーし、残りのデータはローカルにのみ、そのまま残しているケースがほと...(2016/11/29 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
データ収集時間が半減、バックアップとアーカイブの使い分けで無駄をなくす
 企業データの保存には通常、プライマリーストレージとセカンダリーストレージの2種類の保存媒体を使う。日常よく使うデータはプライマリーに保存し、使用頻度の低くなったデータはプライマリーから削除しセカンダリーで保存する。さらに“捨てることはできないが、緊急...(2016/11/29 提供:CommVault Systems Japan)

事例
日次バックアップを5時間から25分へ――コストにこだわるドン・キホーテの選択
 業務システムにバックアップは欠かせないが、その運用に掛かる手間やコストを適正化できていない企業は多い。国内外で小売業を展開するドン・キホーテも、複雑化したバックアップ環境の運用に掛かる手間とコストを課題としていた。 同社は物理環境として12のシステムを...(2016/11/24 提供:arcserve Japan合同会社)

レポート
2年後にクラウドの主役は交代? Oracleユーザーへの調査で分かったDBの新潮流
 近年はクラウドコンピューティングがデータベース(DB)の領域まで広がり、情報提供の方法にも変化が訪れ始めている。その大きな流れの1つが、複数のサイロ化されたデータストアへのアクセスの共有を実現する「Database as a Service」(DBaaS)だ。 IT調査会社のUnisp...(2016/11/22 提供:日本オラクル株式会社)

事例
バックアップ応用術、霧島酒造が仮想化基盤へのサーバ移行を1日で実現した方法
 あらゆるデータが肥大化を続ける中で、BCP体制の構築やバックアップ/リストア時間の改善、DRサイトでの復旧時間の短縮への要求が日増しに増大している。しかし、そのためのコストや人員の負担は大きく、企業にとって頭の痛い問題となっている。 芋焼酎「霧島」で知ら...(2016/11/22 提供:arcserve Japan合同会社)

技術文書
予算内でストレージを最大限に活用する方法
企業ITの中で重要度が高まり続けるストレージ環境。本製品導入ガイドは、ストレージの投資対効果を最大化するヒントとなる3つの記事で構成されている。まずは、米Forresterのアナリストによるストレージの各種トレンド解説と、テーマごとのアドバイス。これで、ストレージ...(2016/11/7 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
肥大化するデータをどう対処する? 読者に聞いたファイルサーバの課題とは
 TechTargetジャパンは、ファイルサーバの導入・利用状況に関するアンケート調査した。その調査で目を引いたのが、データの管理に対して課題を抱えている企業が多いことだ。ファイルサーバ管理への不安や課題を聞いたところ「データの肥大化対策」と回答した割合が73.5%...(2016/11/1 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
中小企業トレンド調査:今後3年のバックアップ/リカバリー情勢をデータで読む
 データの保護は企業の規模を問わず重要な課題だが、中小規模の企業では大企業に比べて変化への対応が遅れる傾向がある。クラウドや仮想化の役割などのデータ保護慣行についても少しずつ変わり始めているが、現在の中小企業の状況はどのようになっているのだろうか。 最...(2016/10/18 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
アップデートで大幅な強化、バックアップ製品は新機能でどう変わるのか?
 バックアップツールは、仮想化やクラウドといったシステム形態に合わせた新たなニーズを取り入れながら、信頼性を向上させ続けている。そのバージョンアップでは、強力な新機能が登場し、パフォーマンスを大幅に向上させることも多い。 例えば、定番バックアップ製品で...(2016/10/18 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
物理・仮想環境を一元管理、データ保護のコスト最適化を実現するバックアップ製品
 システムやデータを保護し、ビジネスを守るために不可欠なバックアップ。その重要性はシステムが物理サーバから仮想サーバ、クラウドへと移り変わる中でも変わらない。むしろ新たなシステム形態や、それに伴う高度なニーズに対応したバックアップツールが求められるよう...(2016/10/18 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
サーバ仮想化からBCP/DR対策まで、課題解決に直結するITインフラ最適化
 サーバ仮想化は、リソースの効率化や運用管理の向上などを実現する手法として広く普及した。近年は、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策の面でも重要性が認識されるようになり、多くの企業が信頼性の高い仮想化基盤を目指したハードウェアの刷新を行っている。 ...(2016/10/17 提供:JBCC株式会社)

製品資料
AWSのサーバ利用料最適化に必要な「3つの勘所」
 仮想サーバサービスである「Amazon EC2」を利用している企業は多い。その運用効率を上げるためのサービスも数多くある。アマゾン自体も「Trusted Advisor」というAmazon EC2の利用履歴などを計算し、コスト最適化・パフォーマンス向上につながる推奨事項を示すサービス...(2016/10/12 提供:日本電気株式会社)

製品資料
Amazon EC2のバックアップ大丈夫? AWSを生かすバックアップ設計・運用のヒント
 クラウドの普及に伴い、AWSをビジネスに活用する企業は多い。システム運用に欠かせないバックアップについて、AWSは豊富なサービスを提供しており、サーバ(Amazon EC2)のバックアップもコンソールやAPIを使って簡単に実行可能だ。しかし、手作業でのバックアップ運用...(2016/10/12 提供:日本電気株式会社)

製品資料
オンプレミスで構築する「グローバルファイル共有システム」
 国内外に複数の拠点を持つユーザーの多くは、拠点ごとにファイルサーバを導入する必要があり、データが分散することによるセキュリティリスクと、バックアップや災害対策などデータ保護のためのコストや運用の負担を余儀なくされていた。 SCSKは、このような課題に対し...(2016/10/7 提供:SCSK株式会社)

製品資料
IDCフロンティアの「1分で接続できるVPN」を支えるルーターとは
 複数の拠点で構築したクラウドを、安全かつ高速なネットワークを利用しながら接続することで、さまざまな可能性が生まれる。互いにバックアップデータを持ち合うことで、災害対策やBCPの充実を図ることもできるし、アプリケーションの不具合が発生した場合なども、互い...(2016/9/30 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

レポート
予算はなくても強化が必須のバックアップ体制、マルウェアや仮想化への対応は?
 業務システムにおいて仮想化環境やクラウド環境が当たり前となったことで、バックアップ製品にはさらに複雑な環境への対応が求められるようになった。その一方で、セキュリティソフトでは防げないランサムウェアなどへの対策としてバックアップ体制の再構築が急がれてい...(2016/9/28 提供:株式会社ネットジャパン)

事例
約1時間で仮想マシンを復旧、仮想環境に最適な“丸ごと”バックアップ
 Webサービスを提供する企業の多くはサーバの増加に伴い、仮想環境へと運用を拡大していく。それと同時に、仮想環境での適切な障害対策を取ることが求められるようになる。 会計事務所向けの業務支援サービス「ゆりかご倶楽部」を運営するエッサムも同様の課題を抱えて...(2016/9/28 提供:株式会社ネットジャパン)

レポート
費用対効果はVDIの10倍 ランサムウェア対策としての「データレスPC」
 これまでは個人を狙った攻撃に使われることが多かったランサムウェア。近年は、攻撃対象が個人から企業へと移り始めているだけでなく、身代金を払ってもファイルを復元できないケースなど、より悪質なケースも報告されるようになった。 このような状況となっても、まだ...(2016/9/27 提供:横河レンタ・リース株式会社)

製品資料
ディザスタリカバリに必要な「使える」重複排除機能の条件
 重複排除機能は、データの重複ブロックを排除してからバックアップデータに書き込むので、ネットワークやCPUなどリソースへの負荷を軽減できる。最近では、このメリットを利用してディザスタリカバリ(DR)を効率的に実施しようという動きが目立ってきた。 しかし、重...(2016/9/6 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
データ検索性能に優れた「新しいスナップショット機能」とは?
 ある時点におけるストレージ内部の状態を保存する「スナップショット」は、停止や機能低下が許されないシステムでのバックアップなどに利用される。大容量データのバックアップも可能になるので、多くのシステムで1日に数回、定期的にスナップショットが取得されている...(2016/9/6 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
基礎から解説、フラッシュストレージ選び「5つのポイント」
 大量のI/Oが発生するアプリケーションの高速化や、大規模なバックアップの時間短縮などの効果が期待されるフラッシュストレージ。消費電力や設置スペースの削減といったメリットもあることから、HDDとのハイブリッド製品やオールフラッシュ製品への移行が進んでいる。 ...(2016/9/2 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
実測値が裏付けるバックアップ選定のポイント、速度と重複排除率を徹底検証
 事業継続計画(BCP)や災害復旧(DR)対策の要となるバックアップ環境だが、その製品選びのポイントとして、重複排除機能の有無やバックアップ/リストア速度を重視する企業は多い。 そこで、仮想サーバ上の仮想マシンに対して「バックアップ」「リストア」「バックア...(2016/8/31 提供:arcserve Japan合同会社)

レポート
スマホの写真とクラウド自動バックアップの悩ましい関係
 日常生活だけでなく、ビジネスでスマートフォンを使う人は少なくありません。例えば名刺やオフィス文章、ホワイトボードをスマートフォンのカメラを使って撮影し、デジタル文書化する活用方法があります。このようにスマートフォンをスキャナー代わりに使うことは企業の...(2016/8/31 提供:KDDI株式会社)

製品資料
仮想環境のバックアップ、エージェント方式やVADP方式の課題を解消するには?
 基幹データの損失は企業に甚大な影響を及ぼすため、多くの企業がデジタルデータの“最後の砦”としてバックアップを実施している。しかし、仮想化環境の場合では、データ保護方式に一長一短があるため、十分なバックアップサービスを提供できないケースがある。 例えば...(2016/8/29 提供:ノックス株式会社)

製品資料
クラウドとアプライアンス製品を活用した「シンプルなBCP戦略」とは?
 オンプレミス環境にバックアップシステムを導入しているケースでも、災害時の迅速な復旧のため、クラウドに新たなバックアップ環境を構築しようという企業が増えている。もちろん、この取り組みにおいても柔軟で経済的なデータ保護が実現できなければならない。データの...(2016/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
バックアップの諸悪の根源を絶つ“2階層”ストレージ管理術
 データ活用がビジネスの成否を分ける時代になり、バックアップ対策があらゆる企業に求められている。その一方で、管理すべきデータは年々増大し、従来型のバックアップ/リストア運用がもたらす膨大な手間とコストで身動きが取れない状態も生まれつつある。 まず考えな...(2016/8/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
バックアップとリカバリの能力検証レポート――5つのテストケースの検証結果
 バックアップとリカバリを理想的な形で実行するには、システムダウンからの復旧が可能な限り短時間で済むことはもちろん、データを失うことなく業務を再開できることも重要な条件となる。しかし、いかなるケースであっても、本当にそうした対応ができるのか不安を抱くユ...(2016/8/16 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
狙われやすいOSSデータベースを守る「透過的データ暗号化」とは何か
 さまざまな手法で企業の重要データを狙う攻撃者にとって、従業員の個人情報や顧客情報が格納されたデータベースは格好のターゲットとなる。そのため、特にオープンソースソフトウェア(OSS)のデータベースでは、安全性が問題とされることが多い。 しかし、最新技術を...(2016/8/3 提供:富士通株式会社)

Loading