TechTargetジャパン

製品資料
急増するデータが招く可用性低下、「5つの課題」を解消する方法とは?
 企業が扱うデータは1年で30〜50%増加するといわれている。これは、5年後にデータ量が2.8〜5.06倍になることを意味するが、現時点でこのペースの増加に対応できる環境を備える企業は少ない。そのため、多くの企業において、将来的な可用性の確保に向けた投資が始まって...(2016/9/16 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

製品資料
データ収集時間が半減、バックアップとアーカイブの使い分けで無駄をなくす
 企業データの保存には通常、プライマリーストレージとセカンダリーストレージの2種類の保存媒体を使う。日常よく使うデータはプライマリーに保存し、使用頻度の低くなったデータはプライマリーから削除しセカンダリーで保存する。さらに“捨てることはできないが、緊急...(2016/9/6 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
ノートPCやデスクトップPCのバックアップは、なぜ難しいのか?
 ノートPCやデスクトップPCなど、エンドポイント端末の内部にあるデータを定期的にバックアップする体制を整えている企業は、それほど多くない。重要なデータは社内システムにある共有フォルダにコピーし、残りのデータはローカルにのみ、そのまま残しているケースがほと...(2016/9/6 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
数百台の仮想マシンのデータ保護、解決すべき「4つの課題と対策」
 仮想マシン(VM)のバックアップは、VMイメージファイルをバックアップ先のストレージにコピーするのが一般的だ。しかし、仮想マシンが数百台単位になると、この方法では大幅に時間がかかってしまい、システム利用にも支障が出てしまう。こうした課題に対処するため、ス...(2016/9/6 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
ディザスタリカバリに必要な「使える」重複排除機能の条件
 重複排除機能は、データの重複ブロックを排除してからバックアップデータに書き込むので、ネットワークやCPUなどリソースへの負荷を軽減できる。最近では、このメリットを利用してディザスタリカバリ(DR)を効率的に実施しようという動きが目立ってきた。 しかし、重...(2016/9/6 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
データ検索性能に優れた「新しいスナップショット機能」とは?
 ある時点におけるストレージ内部の状態を保存する「スナップショット」は、停止や機能低下が許されないシステムでのバックアップなどに利用される。大容量データのバックアップも可能になるので、多くのシステムで1日に数回、定期的にスナップショットが取得されている...(2016/9/6 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
統合データ管理ソフトの基礎解説――企業のあらゆるデータを保護するメリット
 統合データ管理ソフトウェアが注目されるようになった理由は、ファイルやメールシステム、PC端末、データベース、Webシステムなど、企業システムの各所で蓄積されるデータが膨大になってきたからだ。各システムで個別にこれらのデータをアーカイブし、バックアップする...(2016/9/6 提供:CommVault Systems Japan)

技術文書
実測値が裏付けるバックアップ選定のポイント、速度と重複排除率を徹底検証
 事業継続計画(BCP)や災害復旧(DR)対策の要となるバックアップ環境だが、その製品選びのポイントとして、重複排除機能の有無やバックアップ/リストア速度を重視する企業は多い。 そこで、仮想サーバ上の仮想マシンに対して「バックアップ」「リストア」「バックア...(2016/8/31 提供:arcserve Japan合同会社)

レポート
スマホの写真とクラウド自動バックアップの悩ましい関係
 日常生活だけでなく、ビジネスでスマートフォンを使う人は少なくありません。例えば名刺やオフィス文章、ホワイトボードをスマートフォンのカメラを使って撮影し、デジタル文書化する活用方法があります。このようにスマートフォンをスキャナー代わりに使うことは企業の...(2016/8/31 提供:KDDI株式会社)

製品資料
仮想環境のバックアップ、エージェント方式やVADP方式の課題を解消するには?
 基幹データの損失は企業に甚大な影響を及ぼすため、多くの企業がデジタルデータの“最後の砦”としてバックアップを実施している。しかし、仮想化環境の場合では、データ保護方式に一長一短があるため、十分なバックアップサービスを提供できないケースがある。 例えば...(2016/8/29 提供:ノックス株式会社)

製品資料
クラウドとアプライアンス製品を活用した「シンプルなBCP戦略」とは?
 オンプレミス環境にバックアップシステムを導入しているケースでも、災害時の迅速な復旧のため、クラウドに新たなバックアップ環境を構築しようという企業が増えている。もちろん、この取り組みにおいても柔軟で経済的なデータ保護が実現できなければならない。データの...(2016/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
バックアップとリカバリの能力検証レポート――5つのテストケースの検証結果
 バックアップとリカバリを理想的な形で実行するには、システムダウンからの復旧が可能な限り短時間で済むことはもちろん、データを失うことなく業務を再開できることも重要な条件となる。しかし、いかなるケースであっても、本当にそうした対応ができるのか不安を抱くユ...(2016/8/16 提供:日本オラクル株式会社)

事例
テープからの移行でバックアップ運用を刷新――4社の成功事例が教える改善効果
 大容量データを低コストでバックアップする手段として普及が進んだテープメディアは、現在も多くの企業で稼働している。しかし、最近では運用の煩わしさやバックアップ時間の長さなどを理由に、ディスクメディアへと移行を図るケースが増えている。 実際の事例を見ると...(2016/7/29 提供:株式会社大塚商会)

レポート
マンガで分かる重複排除ディスクバックアップ、3つのメリット
 近年IT環境は著しい変化を遂げ、新たなインフラの導入が進んでいるが、バックアップについては、個別設計・構築のためサイロ化し管理が煩雑となっており、支店や小規模拠点まで管理が行き届いていないケースも多く見られる。今後は、バックアップも、規模の大小や場所を...(2016/7/29 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
Google Appsで一番怖い「操作ミス」、データ損失を防ぐには機能の補強が必要
 企業向けプラットフォームとしてGoogle Appsなどのクラウドサービスの導入が進んでいる。このようなサービスは、高度な技術を使って運営され、信頼性が高い半面、操作ミスによるデータ損失や、意図的な操作による情報漏えいへの対策機能が不十分という問題もある。 ま...(2016/7/25 提供:ホワイトポイント株式会社)

レポート
「クラウド時代のデータ管理」実態調査――ITキーマン223人はどう考えている?
 プライベートクラウドやパブリッククラウドが急速に普及した主な理由として、コスト削減、導入期間の短縮、災害対策(DR)といったニーズが挙げられる。しかし、データセンターやリモートオフィスのバックアップ、長期保持データのバックアップなどの利用が進んだことで...(2016/7/22 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
コスト最適化が難しい中規模環境のバックアップ、選ぶ価格と機能の条件とは?
 事業継続計画(BCP)や災害対策の観点から、多くの企業がバックアップ製品を導入している。しかし、中規模なシステムを運用する企業の中には、バックアップコストを最適化できずにいるケースが少なからず見られる。 その理由としては、物理/仮想サーバが混在した数十...(2016/7/12 提供:arcserve Japan合同会社)

レポート
サーバ仮想化の隠れたデメリット、データ保護の効率低下はどう解消する?
 サーバ仮想化によりリソースの効率化や運用コストの削減を目指す企業が増えているが、それにより新たな問題が生じることもある。その代表例が、高度な仮想環境になることでデータの保護とリカバリの効率が低下するケースだ。 これについてIT調査会社のESGは「従来のバ...(2016/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
基礎から解説、フラッシュストレージ選び「5つのポイント」
 大量のI/Oが発生するアプリケーションの高速化や、大規模なバックアップの時間短縮などの効果が期待されるフラッシュストレージ。消費電力や設置スペースの削減といったメリットもあることから、HDDとのハイブリッド製品やオールフラッシュ製品への移行が進んでいる。 ...(2016/7/7 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
仮想環境向けデータ保護ソリューションの選び方――実地テスト結果で検証
 VMwareやHyper-Vを用いてサーバ仮想化に取り組む企業は多いが、高度に仮想化された環境において、仮想マシンのバックアップ、データリカバリに課題を感じる企業は多い。災害対策における復旧目標値(RTO/RPO)の改善のため、データストア内の仮想マシンを対象にしたス...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
医療ITをリードする佐世保中央病院、大規模なインフラ刷新で目指す先は?
 長崎県の地域医療を支える佐世保中央病院は、医療ITの先駆者として知られており、2002年にはオーダリングシステムと市販の電子カルテを組み合わせた病院情報システムを既に構築していた。厚生労働省が、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」を制定したの...(2016/6/30 提供:日本オラクル株式会社)

Webキャスト
バックアップ高速化の秘訣――データを知れば、ストレージの悩みは解消する
 ビジネスに必要となるデータは増大を続け、事業継続性の確保に不可欠なバックアップのコストは年々上昇している。これに加え、セキュリティへの要求がさらに高まったことで、多くの企業がバックアップシステムの刷新を検討し始めている。 この議論に入る前にストレージ...(2016/6/28 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
バックアップの統合運用「3つのポイント」――仮想・物理環境も複数OSも問わず
 事業を支えるITシステムを安定稼働させるための対策として、多くの企業がバックアップ体制を整えている。しかし、年々進行するシステムの複雑化やデータの増加により、バックアップに対する新たな課題も見え始めている。 特に物理・仮想環境の併用や複数OSの混在などが...(2016/6/27 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
バックアップ高速化を徹底検証、NICチーミングと重複排除でどこまで速くなる?
 バックアップ製品の選択で、まず気になるのはバックアップ時間である。ただし、これを計測する際は幾つかの「条件」を考慮すべきだ。特に、高速化の鍵となるNICチーミングと重複排除機能については、実際にどのような仕組みになっているのかも含めて確認したい。 NICチ...(2016/6/27 提供:arcserve Japan合同会社)

事例
実測値で見る。焼酎メーカー「霧島酒造」が挑んだバックアップシステム「5つの課題」
 テープバックアップからディスクバックアップへ移行した企業は、災害対策を含め事業継続性の向上やバックアップスピードの改善などの課題に突然直面するケースが多い。そうならないために、ハードウェアの償却時期に合わせ、長期的な改善計画の準備が必要だ。 では、長...(2016/6/27 提供:arcserve Japan合同会社)

事例
白鶴酒造が取り組んだバックアップシステム刷新の「業務改善効果」
 直接的には価値を生み出さないITシステムの使い勝手の向上は、対策の優先順位が上がらないことも多いという。しかし、それが業務改善につながることもある。日本酒メーカーの白鶴酒造では、全国に点在する約60台のサーバのバックアップシステムを刷新することで、このこ...(2016/6/27 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
駆除だけでは終わらないランサムウェア――最後の備えは「確実な復元」
 企業や組織のシステムに侵入し、重要情報を暗号化したり、画面をロックしたりするランサムウェア。ファイルやシステムを“人質”にして、解除のための“身代金”を要求するランサムウェアの被害は着実に拡大しており、対策を急ぐ企業が増えている。 対策の基本は、セキ...(2016/6/8 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

製品資料
Azure上にスタンバイ系を構築――ハイブリッドはBCP対策の切り札となるか?
 現在、ほとんどの企業が最優先で守るべきビジネス基盤として、データベースの存在を意識している。ITシステムの中核をなすデータベースの停止は、事業の継続を困難なものとするため、これまでにも多くの企業がBCP(事業継続計画)対策に取り組んできた。 しかし、企業...(2016/6/2 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
レンタルサーバ事業者の評価基準に応えるバックアップ運用の要件
 企業が管理するデータが爆発的に増加する中、事業継続計画の要となるバックアップシステムに対する意識も変わり始めている。レンタルサーバ事業などを行うプロックスシステムデザインでは、この変化を受けてバックアップサービスの内容を大幅に変更した。 同社は、2002...(2016/5/17 提供:Arcserve Japan合同会社)

製品資料
マンガで解決、クラウド利用時のバックアップ「3つの悩み」
 システム障害や災害などへの対策を目的として、クラウドサービスの活用が進んでいる。しかし、非効率なバックアップ運用により、無駄な作業やコストが生じている企業も少なくない。クラウド利用で失敗しないためには、解決すべき幾つかの課題がある。 1つは、バックア...(2016/5/11 提供:Arcserve Japan合同会社)

Loading