TechTargetジャパン

技術文書
ビジネスを止めない!災害復旧対策のためのストレージ自動レプリケーション機能の全容とラボ検証結果を公開
Dell EqualLogicストレージは、複数のアレイメンバーにわたって負荷を分散させる画期的なピア・ストレージアーキテクチャを採用しており、お客様のニーズに合わせてスムーズに拡張できる SANソリューションです。すべての EqualLogic アレイには、エンタープライズクラス...(2011/5/31 提供:デル株式会社)

技術文書
VMware環境での効率的なバックアップ運用にはコツがある
 ITリソースの効率性を目的として、企業規模を問わず仮想化プラットフォームの利用が進んでいる。そのため、データの迅速なリカバリやレプリケーションなどのバックアップ対策が求められる。しかし、複雑化する仮想化環境では適切な仕組みを実現することは容易ではない。(2011/11/1 提供:EMCジャパン株式会社)

比較資料
比較表で理解する 仮想環境のDR製品 選定ポイント
 VMware環境で災害対策(DR)を実現するための方式、製品選定のポイントとは? 災害などによるシステム障害を想定し遠隔地でデータを保護したい方、サービスの復旧時間を短縮するためサイト間でシステムを切り替えたい方の参考に。第1 章 VMware環境のBCP/DR対策で陥...(2015/5/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
WANに負荷を掛けずに災害対策サイトにデータ複製を行う、重複除外技術のレプリケーション
 重複除外と圧縮を適用したレプリケーションは、WAN帯域幅の使用を最小限に抑えて、安全な遠隔地への複製データの移動を自動化するための最も経済的なアプローチである。これにより、本番稼動データが使用できない状態になってもデータを守ることが可能となる。 「EMC D...(2010/6/16 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
SQL Server高可用性システム構築ガイド〜フラッシュを利用した高速レプリケーション
 WindowsサーバのローカルボリュームをTCP/IPネットワークを通してリアルタイムにレプリケートを行うデータレプリケーションソフトは、コストを抑えたBCP/DR対策として注目を集めている。 本資料は、データレプリケーション製品「DataKeeper for Windows Cluster Editi...(2014/11/4 提供:サイオステクノロジー株式会社)

事例
BCP対策のプロが指摘する、業務継続と災害対策におけるレプリケーションの注意点
 東日本大震災以降、企業にとって情報システムの継続運用は必須要件となっている。しかし、いわば保険であるBC対策に多大なコストは掛けられない。BCPソリューションの提案実績を多く持つリコージャパンのITソリューションコーディネーターは、重視すべきは「ダウンタイ...(2014/2/18 提供:CA Technologies)

製品資料
クラウドによるDR対策、3つのソリューション
 東日本大震災以降、事業継続/災害対策を最優先課題とする企業が増加したが、十分な対策が取れている企業は少ない。その主な理由は「効果や必要性が不明瞭で検討が進まない」「有事に大きなコストをかけられない」「コストや手間からテープバックアップ以上の対策が立て...(2015/2/20 提供:富士通株式会社)

製品資料
セントラル短資FXに学ぶDBレプリケーション、リアルタイムBI活用を支える5要件
 データ分析にリアルタイム性が求められるようになったことで、データベース(DB)の可用性に対する考え方も大きく変わった。近年はリアルタイムBIを活用する上で、本番DBに負荷をかけずにリアルタイムに近い複製ができるレプリケーション環境が欠かせないものとなりつつ...(2016/11/10 提供:クエスト・ソフトウェア)

事例
リーズナブルで柔軟なDRサイト構築術、デザイン全6パターン公開
 DRサイトを構築する場合、どのようなパターンがあるのだろうか。VMware vCloud Airの技術を生かした新しいDRサービスを例に見てみよう。このサービスでは、既存環境で稼働している仮想マシンの全てをDRサイトにレプリケーションしておくことも、レプリケーション対象の...(2015/7/13 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
脅威検知を迅速化、セキュリティ分析のための「コールドストレージ」構築法
 サイバー犯罪は頻度と巧妙化の両面で成長を続け、脅威への対応の遅れが招く被害も年を追うごとに増大している。そのため、これらのリスクを最小化するセキュリティ対策には、「自動化」と「リアルタイム性」が要求されるようになった。 そこで、ルーター、スイッチ、We...(2016/8/31 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
システムまるごと! 後付けできるサーバの災害対策
 CA ARCserve D2Dは、異なるサーバへのベアメタル復旧を標準機能でサポートするイメージバックアップソフトウェアです。 災害によってサーバ全体が破損したとしても、ARCserve D2Dを使えばカンタンに代替機へシステムを復元することが出来ます。 またD2Dで取得したイメ...(2012/2/13 提供:CA Technologies)

講演資料
災害時の確実な事業継続のためのレプリケーション&フェイルオーバーソフト
 シーティーシー・エスピーが販売する「Double-Take Availability」と「Double-Take RecoverNow」は、販売開始以来、国内で豊富な導入実績を誇るレプリケーション&フェイルオーバーソフトである。  「Double-Take Availability」は、物理・仮想環境を問わず、運用サー...(2013/3/27 提供:シーティーシー・エスピー株式会社)

事例
事例:業務を止めず、約600万ファイル、3.5テラバイトのデータ移行に成功
 ソフトバンクグループ傘下のITサービスベンダー、ソフトバンク・テクノロジーは、会社の急成長に伴い社内で扱うデータも増え続けていた。そこで、オンプレミスのファイルサーバとストレージを、クラウド統合型のファイルサーバへリプレースすることが決定した。 約600...(2015/5/21 提供:arcserve Japan合同会社)

カタログ
【カタログ】ストレージ・レプリケーションを一元管理 Replication Manager
【製品概要】TimeFinder、SnapView などのEMC のポイント・イン・タイム・レプリケーション・テクノロジーの一元管理が可能。VMware 環境を含むアプリケーションと整合性がとれた複数のディスク・ベース・レプリカの検出/ 構成から管理に至るまで、データ・レプリケーショ...(2010/9/8 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
カンタン・手間いらず!CA ARCserve シリーズを使ったサーバの災害対策
 洪水や地震、それに伴う火災・津波などの自然災害への備えとしてもバックアップは有効です。 しかし、災害時にはサーバだけではなく設備全体に影響がでます。バックアップデータが同じサーバルームに保管されていればそれ自体も被災する可能性が高く、バックアップデー...(2011/7/29 提供:CA Technologies)

講演資料
失敗に学ぶ仮想化環境のバックアップ術――4大課題を克服できるか
 仮想化環境が多くの企業で利用されるにつれて、その仮想マシンのバックアップが課題として浮かび上がってきた。特にバックアップやリストアに時間がかかる点や、複数OS混在時の設定と運用の複雑化は、その代表格である。 例えば、VMwareの仮想化基盤においてはバックア...(2017/1/27 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

技術文書
オンプレミス同等の可用性をエンタープライズ向けIaaS「Bizホスティング」で実現するには
 高機能なIaaSサービスを利用しているユーザーにとって、さらなる高可用性の条件とは「オンプレミスと同等」というものだ。これを実現する主な機能条件は2つあり、「クラウド環境でHAクラスタを容易に構築でき、仮想サーバ間でデータレプリケーションが可能」という条件...(2014/12/26 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
仮想環境の「バックアップ」「DR」実現を阻む3つの課題、どう解決したら良い?
 企業の事業継続計画(BCP)やリスクマネジメントを目的に、仮想環境下でのバックアップ環境やディザスタリカバリ(DR)対策を整備する企業が増えている。一方、「バックアップ処理に時間がかかる」「インフラや運用に対するコストが大きい」など実現にあたり課題を抱え...(2016/3/9 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

技術文書
Linux環境における「SAP HANA」のHA構成、セットアップガイド
 メモリ大容量化、マルチコア化、分散並列処理技術、高度圧縮技術、カラム型技術などハードウェア/ソフトウェア双方の進化に伴ってSAP HANAは実用化され、多くの企業が導入するようになった。もともとはビッグデータなど大規模データの演算処理時間を大幅に短縮するソリ...(2015/2/13 提供:ノベル株式会社)

製品資料
仮想環境のバックアップ、エージェント方式やVADP方式の課題を解消するには?
 基幹データの損失は企業に甚大な影響を及ぼすため、多くの企業がデジタルデータの“最後の砦”としてバックアップを実施している。しかし、仮想化環境の場合では、データ保護方式に一長一短があるため、十分なバックアップサービスを提供できないケースがある。 例えば...(2016/8/29 提供:ノックス株式会社)

技術文書
IT資産を有効活用!後付でできるサーバの業務継続・災害対策
 既存のIT資産(サーバ)の償却期間まで対策が立てられないと手を拱いていてはいつ来るとも分からない惨事に耐えられない事態になりかねません。 そこで、既存資産を継続利用しながらも、簡単にできる災害対策をご紹介します。専任の管理者を設けることが難しいオフィス...(2013/1/7 提供:CA Technologies)

製品資料
マンガで読み解く! 業界別「バックアップのお悩み解決法」
 この数年で、企業や組織におけるデータ保護の重要性に対する認識は一気に高まった。そのこと自体は望ましいことだが、その一方でIT担当者がバックアップ/リカバリー運用に関して突然困難な要求を突きつけられる場面も増えている。 運用の効率化、システム冗長化、遠隔...(2016/12/6 提供:arcserve Japan合同会社)

事例
実測値で見る。焼酎メーカー「霧島酒造」が挑んだバックアップシステム「5つの課題」
 テープバックアップからディスクバックアップへ移行した企業は、災害対策を含め事業継続性の向上やバックアップスピードの改善などの課題に突然直面するケースが多い。そうならないために、ハードウェアの償却時期に合わせ、長期的な改善計画の準備が必要だ。 では、長...(2015/12/1 提供:Arcserve Japan合同会社)

技術文書
SATA SSD 8台相当のIOPSは本当か? x86サーバでNVMe対応SSDの実力を徹底検証
 従来のストレージ製品よりも高い転送速度と低いレイテンシを実現するNVMe対応SSD。サーバ製品の選定で重視される技術の1つだが、実際に導入するためには、パフォーマンスだけでなく信頼性や保守性を含めた十分な検証が求められる。 そこで、XeonプロセッサのE5-2600 v4...(2016/9/12 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
サーバの次はストレージも仮想化、ソフトウェア実装による仮想SANの実力
 クラウドシステムにおいてはサーバの仮想化だけでなく、ストレージも仮想化することで高い可用性を生み出すことが可能になる。ストレージ仮想化がされなければ、サーバ側の処理がいくら高速化してもパフォーマンスのボトルネックとなり、コスト効率も上がらない。そして...(2016/4/1 提供:株式会社トライテック)

カタログ
【カタログ】Veeam Backup & Replication
【製品概要】Veeam Backup & Replication(以下VBR)はVMware vSphere、Microsoft Hyper-V仮想マシンのバックアップとレプリケーションを組み合わせたソフトである。従来の物理バックアップ用として設計され、仮想マシン向けに改造されただけのツールを使用する組織は、機能...(2013/7/1 提供:株式会社クライム)

比較資料
【比較表】主要統合型バックアップアプライアンス、機能比較
 バックアップアプライアンスには「ターゲット型バックアップアプライアンス」と「統合型バックアップアプライアンス」の2種類がある。ターゲット型はバックアップ保存先ストレージのみ、統合型はバックアップ保存先ストレージとバックアップサーバを組み合わせた製品を...(2017/3/13 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
レガシーからの脱却――ハイパーコンバージド完全ガイド
 近年、IT部門にはインフラよりもアプリケーションやサービスに対して時間と予算を割り当てることが求められるようになっている。しかし、そのことがインフラへの要求をさらに高め、問題の増加を招くという皮肉な状況が生じている。 この悪循環を生んでいるのが、ストレ...(2016/12/14 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
BCP対策に向け再確認、Windows Server 2012 R2の機能と展開手順
 Windows Server 2003の延長サポートが終了する2015年7月を目前に控え、サーバOS移行の具体策を決めた企業は多い。しかし、まだ移行するOSを決めかねているという企業も少なくない。これはクライアントOSのWindows XPからのOS移行で見られた状況を振り返れば容易に想像が...(2015/6/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
「クラウド利用よりも安価なBCP実現」は可能? あるSI企業がたどり着いた答えとは
 社団法人日本能率協会を母体に発展したシステムインテグレーション企業であるジェーエムエーシステムズ。2012年、同社には14台のサーバが契約更改時期を迎え、このタイミングでコスト削減の観点から仮想化によるサーバ統合を行うことになった。検討を進める中、東日本大...(2013/8/5 提供:CA Technologies)

Loading