2021年04月09日 05時00分 公開
特集/連載

AWS「CloudEndure」「Azure Site Recovery」の保護対象、料金、サポートの違い「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【後編】

大手クラウドベンダーのAWSとMicrosoftは、それぞれ「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」というDRaaSを提供している。これらの保護対象と課金体系、サポート内容を比較する。

[Brien Posey,TechTarget]

 「DRaaS」(Disaster Recovery as a Service)は、クラウドベンダーのデータセンターにDR(災害対策)サイトを構築できるクラウドサービスだ。Amazon Web Services(AWS)の「CloudEndure Disaster Recovery」(CloudEndure)やMicrosoftの「Azure Site Recovery」などのDRaaSを利用することで、ユーザー企業はDRに取り組みやすくなる。中編「AWS『CloudEndure』と『Azure Site Recovery』 2大DRaaSの似た機能、違う機能」に続く本稿は、両サービスの保護対象や利用料金、サポート内容を比較する。

保護対象の違い

 CloudEndureは「Windows」「Windows Server」や各種「Linux」ディストリビューションで稼働するアプリケーションを保護対象にできる。アプリケーションのインフラはオンプレミスの物理サーバでも、AWSやAzure、Googleの「Google Cloud Platform」などのクラウドサービスでもよい。

 Azure Site RecoveryはAzure内のプライマリーサイトからセカンダリーサイトに、物理マシンとVMをレプリケーション(複製)する。Windows/Windows Serverや各種Linuxディストリビューションを実行している物理マシン/VMを保護対象にできる。管理者はAzureのリージョン(地域データセンター群)間でVMのレプリケーションを実行できる。AWSのVMサービス「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)のVMであってもレプリケーションできる。

利用料金の違い

 CloudEndureは1時間の利用ごとに課金する。利用料金は、ソースサーバ(保護対象のサーバ)が単位となる。1つのソースサーバごとに1時間当たり0.028ドルで、以下の利用料金を含む。

  • AWSのデータセンターへのレプリケーション
  • ポイントインタイムリカバリー(データ消失の直前の状態までインフラを復旧する機能)
  • DR訓練
  • フェイルオーバー(クラウドサービスに用意したレプリカに切り替えること)

 DR訓練や災害時に、実際にAWSのリソースをプロビジョニングするタイミングで、そのリソースの利用料金が追加で発生する。CloudEndureの総コストは、「AWS Pricing Calculator」(AWS料金計算ツール)を使って見積もることができる。

 MicrosoftのAzure Site Recoveryは、ソースサーバ(同社は「インスタンス」と呼ぶ)の総数に基づいて課金する。ユーザー企業のオンプレミスサイトのインスタンスを保護対象にする場合、1インスタンス当たり月額16米ドル、Azureのインスタンスを保護対象にする場合には1インスタンス当たり月額25米ドルを課金する。料金と利用可能なオプションはリージョンごとに異なるため注意が必要だ。

 Azure Site Recoveryは、DRの運用中や訓練中に使用したストレージ容量やストレージトランザクション(読み書きの回数)、Azure外へのデータ転送、コンピューティングリソースに追加料金を請求する。MicrosoftはAzure Site Recoveryを使用する総コストを見積もることができる「Pricing calculator」(料金計算ツール)を用意している。

サポート内容の違い

 AWSはCloudEndure向けの無料トレーニングを提供している。ユーザー企業はAWSの「Business」「Enterprise」といったサポート契約を通じて、テクニカルサポートを受けることもできる。

 MicrosoftはAzure向けにテクニカルサポートのオプションサービスを数種類提供する。「Basic」「DEVELOPER」「STANDARD」「Professional Direct」の4種類があり、Azure Site Recoveryのサポートを受けることができる。チュートリアルやハウツービデオなど、オンラインドキュメントも提供している。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

仮想マシンサービスに関するミニアンケート

お勤め先で導入するIT製品/サービスの選定に携わる方を対象に、ベンダーが仮想マシンをクラウドサービスとして提供する「仮想マシンサービス」に関してお伺いいたします。

※本アンケートでお答えいただいた情報は、記事やレポートなどに使わせていただく場合があります。

※下にアンケートフォームが表示されない場合は、以下のリンクからアクセスしてください。

オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...