TechTargetジャパン

技術文書
【VMware】最新のIT 環境向けのディザスタリカバリについて
 ブラックスワン理論とは、予測できない現象が発生し、その現象が大きな影響を与えることを言います。これは、極端に異常な現象であると見なされ、日常的な現象が発生したときよりも重大な結果をもたらします。 本資料では、データセンターのディザスタリカバリに関する...(2012/5/28 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
仮想化を活用したディザスタリカバリ計画実践ガイド
 予想できない天災や人災、IT予算の削減、データ量の急増、新たな規制要件などにより、ディザスタリカバリの重要性が高まっている。その結果、企業は現在、ディザスタリカバリ計画を再評価および更新する必要に迫られている。現在、ディザスタリカバリに関しては何百もの...(2013/12/9 提供:ノベル株式会社)

技術文書
データセンターで発生する「ブラックスワン現象」への10の対処法
 データセンターには、ハードウェア、データ、ソフトウェアなど、重要なITコンポーネントが全て格納されている。データセンターを保護するには、最新の堅牢なセキュリティソリューションを使用し、データセンターの信頼性を向上させるためには冗長化されたマルチプロセッ...(2013/1/29 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
ディザスタリカバリ計画で知っておくべき5つのポイント
 データセンターマネジャーは、多忙な中、より少ない人員と予算でより多くの成果を出し続けるという課題に必死で取り組んでいる。ITは今や業務遂行には欠かせず、事実サポートするほぼ全てのインフラは、企業運営に不可欠となっている。しかし、少ないリソースで多くの成...(2013/12/9 提供:ノベル株式会社)

技術文書
いまさら聞けない? ハイパーコンバージドインフラ完全解説ガイド
 テクノロジーの急速な変化に伴い、企業は仮想化技術や最新ソリューションを導入してきた。それに伴ってサーバやストレージが強化された一方で、ITインフラが複雑化してしまうケースも珍しくない。コストを削減しながら効率的に運用できるITインフラを目指す企業にとって...(2017/9/11 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
アプリケーション仮想化により実現する事業継続/ディザスタリカバリ対策
 かつての事業継続/ディザスタリカバリ(BC/DR)プログラムは、「コストはかかるものの必要な保険」ととらえられていた。しかし、テクノロジーへの依存度が高い今日、災害はビジネスに大きな打撃を与える可能性がある。このような状況下での企業の経営層のBC/DRへの要...(2014/6/19 提供:EMCジャパン株式会社)

事例
クラウドでディザスタリカバリー対策する利点――ニフティのDRaaS実用例から探る
 地震や台風などの自然災害、ランサムウェアや顧客の機密データ侵害などの人為的攻撃など、さまざまな原因から障害は起こり得る。インフラが止まり、システムが稼働できなくなり、長期間にわたって業務停止に陥る危険性に備えなくてはならない。 業務停止を最小限に抑え...(2016/12/9 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
ディザスタリカバリに必要な「使える」重複排除機能の条件
 重複排除機能は、データの重複ブロックを排除してからバックアップデータに書き込むので、ネットワークやCPUなどリソースへの負荷を軽減できる。最近では、このメリットを利用してディザスタリカバリ(DR)を効率的に実施しようという動きが目立ってきた。 しかし、重...(2016/11/29 提供:CommVault Systems Japan)

事例
仮想化やディザスタリカバリ、6つのシーン別導入事例
 Windows環境のサーバ再構築、環境変化に応じたシステム基盤のクラウド移行、仮想化、ディザスタリカバリなどITプロジェクトの予算・工数を正確に管理し、管理者の負荷を軽減することは、企業にとっても経営課題の1つである。 本資料は、新たな専用ソフトウェアをインス...(2016/1/6 提供:ストレージクラフト テクノロジー合同会社)

レポート
仮想化によるBCPとディザスタリカバリの手引き
 企業信用情報を提供する米企業Dun & Bradstreetの調査によると、米国をハリケーン サンディが襲った後、この被害で企業に支払われた保険金総額は200億ドルを超えたという。また、同社の報告によると東日本大震災の被害はさらに大きく、715の業種で31万2000人の従業員が...(2014/2/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
物理サーバ30台の統合とDR自動化を両立、米国金融機関に学ぶインフラ刷新
 データセンターの容量不足や設置面積拡大によるコスト増などの課題を一挙に解決する手段の1つが仮想化だ。米国の信用組合Central One Federal Credit Unionは仮想化環境で物理サーバを統合し、仮想マシンとして配備することで管理効率を向上し、将来的な拡張性を担保す...(2017/8/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
仮想化の利点を活用した“確実にできる”DRのアプローチとは
日本企業にとって災害対策は、もはや避けては通れない課題となりました。ITシステムにおいても注目が集まっていますが、テープバックアップでは迅速な復旧が難しく、確実な復旧のためのDRシステム構築には多大なコストがかかります。本ホワイトペーパーでは、より迅速に...(2011/6/13 提供:ノベル株式会社)

製品資料
アプリケーション実装の複雑性を解消、多様な要件に応える次世代インフラとは?
 IT技術の進化とともに、データセンターにおけるアプリケーション上の課題は増え続けている。パフォーマンス、可用性、拡張性、管理性能、ITインフラ、仮想化といった要件は、個々のアプリケーションで異なり、全体として最適化することは容易ではない。 特に、マルチハ...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
重複排除ストレージへのバックアップ&データ復旧ガイド
 災害時におけるシステムやデータの復旧や予防措置であるディザスタリカバリの重要性は、多くの企業で認識されるようになった。しかし、真の事業継続を考える上では、万が一のシステム障害の際に迅速かつ確実に復旧できなければ意味がない。災害は突然やってくるため、常...(2014/1/20 提供:CA Technologies)

レポート
フラッシュ導入で現場はどう変わった? 1000人のユーザー調査で見えた新事実
 フラッシュストレージの導入が急速に進んだことで、オンプレミスでHDDのみの環境を運用する企業はいまや少数派となりつつある。1000人のストレージユーザーを対象に行ったアンケート調査によれば、実に70%近くがオールフラッシュ、あるいはハイブリッドという構成でス...(2017/9/5 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
ディザスタリカバリ検証プロジェクト〜低コストで柔軟かつ確実なディザスタリカバリを実現する
 震災を契機に、企業のIT部門では事業継続計画(BCP)の見直しや整備の動きが高まっている。また、電力不足に伴う計画停電やコンプライアンスの必要性などから、BCPを確立する取り組みの一環としてディザスタリカバリがいっそう重要度を高めている。一方で、導入コストや...(2011/10/12 提供:ノベル株式会社)

事例
社内100%仮想化しながらもパフォーマンスは25%アップ。使われたIT基盤は?
 レガシーなインフラを放置すれば仮想化の足かせとなってしまう。米国の大手製紙企業NewPageは、コアアプリケーションの95%を仮想化環境で運用することに成功しながら、サイロ化して融通のきかないインフラのせいで完全仮想化を実現できずにいた。この環境は維持コスト...(2017/8/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
サーバ仮想化したものの高まる運用負荷、川重冷熱工業が取り組んだ改善の一手とは
 サーバ仮想化は、ハードウェアリソースの効率的な運用、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策への対応、可用性の向上など、多岐にわたるメリットを持つ。既に企業の過半数が導入したともいわれるが、その運用・保守は複雑化しやすく、活用にはスキルも求められる。(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
Office 365のファイル保存時間はたった2秒、家電メーカーに聞くアプリ高速化の秘密
 米国ウィスコンシン州に本拠地を置く高級家電製品メーカーのSub-Zero Group。同社のIT環境は、関連流通業者6社がそれぞれ独自環境を配備していた。こうした状況を改善し、ローカルアプリケーションのパフォーマンスに慣れているエンドユーザーにWAN上でも同様のパフォー...(2016/12/16 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

講演資料
悩む前に試してみよう AzureとクラウドでDRはこんなに使いやすい
 24時間365日、休み無しでサービスを提供し続けるITが当然の現在、ディザスタリカバリー(DR)は事業継続のために欠かせない。オンプレミスで用意するには、ネットワークやハードウェアの準備、環境構築など負担は大きい。現実的な実装方法を考えねばならない。 その代...(2016/12/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
フラッシュの6つの誤解を解消、最適なフラッシュ移行を実現する実践ガイド
 多様なワークロードやアプリケーションに対応するため、多くの企業でストレージ環境が複雑化し、拡張性やデータ活用に課題を抱えている。その解消や新たなビジネスチャンスを生みだすためにフラッシュストレージが注目されている。 しかし、ビジネスリーダーの間では...(2017/9/7 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
「フラッシュストレージ」講座:今さら聞けない基礎知識を徹底解説
 フラッシュメモリをベースにしたストレージは、HDDとは比較にならない高速性を武器に年々市場を拡大している。コンシューマー向けのPCの記憶媒体は、既にフラッシュメモリを用いたSSDへと移行し、HDDのみを搭載したPCは少数派となりつつある。 データセンターにあるサ...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

レポート
「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ?
 クラウドベースの企業向けオフィススイート「G Suite」の改良を重ねるGoogle。2017年5月にはIT管理者向けのアプリケーションパッケージ「Chrome Enterprise Bundle」をリリースし、Webブラウザ「Chrome」の管理機能を強化している。また2017年には新しいフィッシング攻...(2017/9/5 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
リアルタイム分析の第一歩、データ活用基盤の理想的な構築方法は?
 Uberのような新たなプレイヤーがITを武器にビジネスに参入してくる時代では、データ活用の重要性はあらゆる業界で急速に高まっている。しかし、多様なデータをさまざまなシステムが個別に保有している結果、限定的なデータ分析しか行えない企業は少なくない。 必要とな...(2017/9/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

比較資料
ハイパーコンバージド徹底比較。コスト、性能、データ保護など、優秀な製品は?
 10年以上にわたり、データセンターの変革は、フレキシブルでコスト効果の高いインフラ構築を可能とする仮想化技術を中心に進んできた。しかし、そのメリットを真に活用するためには、コンバージドインフラの進化形であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)の登場を待...(2017/8/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
従来型ITと比較しTCOは3分の1。最新ハイパーコンバージドの4大効果
 システムの運用やメンテナンスにかかる過大な負荷はIT担当者の悩みの種となっている。ITリソースの需要変動に対応できるだけの拡張性の確保やアプリケーションやデータの保護、複雑化しがちな運用は大きな課題だ。 そうした課題の解決策として注目されているのがハイパ...(2017/8/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
AWSやAzureへの最適な移行方法は? 代表的な5つのアプローチを徹底比較
 オンプレミスで運用してきたサーバを「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」などのクラウド環境に移行するケース、あるいは他のクラウドから移行するケース、いずれの場合でもデータとアプリケーションの移行には幾つかの課題が伴う。 また、ダウンタイ...(2017/8/29 提供:三井情報株式会社)

製品資料
「ハイパーコンバージド」徹底解説――導入前に知っておきたい重要技術
 優れた仮想化基盤として、拡張性の高いITインフラとして注目されている「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)。オンプレミスで、パブリッククラウドサービスと同等のスピードや運用効率を実現する手法として導入を検討する企業が増えているが、その特徴はまだ十分に...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
TCO大幅削減を狙うには? 自社に合ったハイパーコンバージド製品の見極め方
 複雑性の排除や限界のない拡張性などのメリットを持ち、今後企業インフラの主流になると見込まれるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。IT専門の調査企業IDCによればTCOを最大で60%削減できる製品も登場しており、多くの企業が注目している。 ただ、一口にHCIと言っ...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則
 災害復旧(DR)の戦略を立てても、バックアップの失敗やシステムの構成エラー、人的ミスなどが原因で、DRに失敗する場合がある。また、従来型のDR対策製品では、バックアップの自動化機能を売りにしているが、実際には、使用する環境がそれぞれ異なるため、「設定するだ...(2017/6/28 提供:Commvault Systems Japan)

Loading