TechTargetジャパン

技術文書
【VMware】最新のIT 環境向けのディザスタリカバリについて
 ブラックスワン理論とは、予測できない現象が発生し、その現象が大きな影響を与えることを言います。これは、極端に異常な現象であると見なされ、日常的な現象が発生したときよりも重大な結果をもたらします。 本資料では、データセンターのディザスタリカバリに関する...(2012/3/2 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
仮想化を活用したディザスタリカバリ計画実践ガイド
 予想できない天災や人災、IT予算の削減、データ量の急増、新たな規制要件などにより、ディザスタリカバリの重要性が高まっている。その結果、企業は現在、ディザスタリカバリ計画を再評価および更新する必要に迫られている。現在、ディザスタリカバリに関しては何百もの...(2013/12/9 提供:ノベル株式会社)

技術文書
データセンターで発生する「ブラックスワン現象」への10の対処法
 データセンターには、ハードウェア、データ、ソフトウェアなど、重要なITコンポーネントが全て格納されている。データセンターを保護するには、最新の堅牢なセキュリティソリューションを使用し、データセンターの信頼性を向上させるためには冗長化されたマルチプロセッ...(2012/11/26 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
ディザスタリカバリ計画で知っておくべき5つのポイント
 データセンターマネジャーは、多忙な中、より少ない人員と予算でより多くの成果を出し続けるという課題に必死で取り組んでいる。ITは今や業務遂行には欠かせず、事実サポートするほぼ全てのインフラは、企業運営に不可欠となっている。しかし、少ないリソースで多くの成...(2013/12/9 提供:ノベル株式会社)

技術文書
アプリケーション仮想化により実現する事業継続/ディザスタリカバリ対策
 かつての事業継続/ディザスタリカバリ(BC/DR)プログラムは、「コストはかかるものの必要な保険」ととらえられていた。しかし、テクノロジーへの依存度が高い今日、災害はビジネスに大きな打撃を与える可能性がある。このような状況下での企業の経営層のBC/DRへの要...(2014/6/19 提供:EMCジャパン株式会社)

事例
クラウドでディザスタリカバリー対策する利点――ニフティのDRaaS実用例から探る
 地震や台風などの自然災害、ランサムウェアや顧客の機密データ侵害などの人為的攻撃など、さまざまな原因から障害は起こり得る。インフラが止まり、システムが稼働できなくなり、長期間にわたって業務停止に陥る危険性に備えなくてはならない。 業務停止を最小限に抑え...(2016/12/6 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
ディザスタリカバリに必要な「使える」重複排除機能の条件
 重複排除機能は、データの重複ブロックを排除してからバックアップデータに書き込むので、ネットワークやCPUなどリソースへの負荷を軽減できる。最近では、このメリットを利用してディザスタリカバリ(DR)を効率的に実施しようという動きが目立ってきた。 しかし、重...(2016/11/29 提供:CommVault Systems Japan)

事例
仮想化やディザスタリカバリ、6つのシーン別導入事例
 Windows環境のサーバ再構築、環境変化に応じたシステム基盤のクラウド移行、仮想化、ディザスタリカバリなどITプロジェクトの予算・工数を正確に管理し、管理者の負荷を軽減することは、企業にとっても経営課題の1つである。 本資料は、新たな専用ソフトウェアをインス...(2016/1/6 提供:ストレージクラフト テクノロジー合同会社)

レポート
仮想化によるBCPとディザスタリカバリの手引き
 企業信用情報を提供する米企業Dun & Bradstreetの調査によると、米国をハリケーン サンディが襲った後、この被害で企業に支払われた保険金総額は200億ドルを超えたという。また、同社の報告によると東日本大震災の被害はさらに大きく、715の業種で31万2000人の従業員が...(2014/2/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
仮想化の利点を活用した“確実にできる”DRのアプローチとは
日本企業にとって災害対策は、もはや避けては通れない課題となりました。ITシステムにおいても注目が集まっていますが、テープバックアップでは迅速な復旧が難しく、確実な復旧のためのDRシステム構築には多大なコストがかかります。本ホワイトペーパーでは、より迅速に...(2011/6/13 提供:ノベル株式会社)

技術文書
重複排除ストレージへのバックアップ&データ復旧ガイド
 災害時におけるシステムやデータの復旧や予防措置であるディザスタリカバリの重要性は、多くの企業で認識されるようになった。しかし、真の事業継続を考える上では、万が一のシステム障害の際に迅速かつ確実に復旧できなければ意味がない。災害は突然やってくるため、常...(2014/1/20 提供:CA Technologies)

技術文書
ディザスタリカバリ検証プロジェクト〜低コストで柔軟かつ確実なディザスタリカバリを実現する
 震災を契機に、企業のIT部門では事業継続計画(BCP)の見直しや整備の動きが高まっている。また、電力不足に伴う計画停電やコンプライアンスの必要性などから、BCPを確立する取り組みの一環としてディザスタリカバリがいっそう重要度を高めている。一方で、導入コストや...(2011/10/12 提供:ノベル株式会社)

事例
Office 365のファイル保存時間はたった2秒、家電メーカーに聞くアプリ高速化の秘密
 米国ウィスコンシン州に本拠地を置く高級家電製品メーカーのSub-Zero Group。同社のIT環境は、関連流通業者6社がそれぞれ独自環境を配備していた。こうした状況を改善し、ローカルアプリケーションのパフォーマンスに慣れているエンドユーザーにWAN上でも同様のパフォー...(2016/12/16 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

講演資料
悩む前に試してみよう AzureとクラウドでDRはこんなに使いやすい
 24時間365日、休み無しでサービスを提供し続けるITが当然の現在、ディザスタリカバリー(DR)は事業継続のために欠かせない。オンプレミスで用意するには、ネットワークやハードウェアの準備、環境構築など負担は大きい。現実的な実装方法を考えねばならない。 その代...(2016/12/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則
 災害復旧(DR)の戦略を立てても、バックアップの失敗やシステムの構成エラー、人的ミスなどが原因で、DRに失敗する場合がある。また、従来型のDR対策製品では、バックアップの自動化機能を売りにしているが、実際には、使用する環境がそれぞれ異なるため、「設定するだ...(2017/6/28 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
今さら聞けない「重複排除バックアップ」の基本原理――最新技術と効果を学ぶ
 企業内データの増大により、バックアップはより時間がかかり、多くのストレージ容量が消費される。こうしたコストや時間の増大に課題を持ちながらも、多くの担当者は多忙のため、バックアップの課題解決に対応できる余裕はない。そのため最低限のバックアップをギリギリ...(2017/7/21 提供:日本クエスト・ソフトウェア株式会社)

製品資料
クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ
 ITシステムの基盤をクラウドで運用することが当たり前になったとはいえ、導入したクラウドをいつまでも使い続けるとは限らない。いざというときにデータやワークロードを安全に移動する手段がなければ、柔軟性や俊敏性、費用対効果といったメリットが失われてしまうこと...(2017/6/28 提供:CommVault Systems Japan)

技術文書
事業継続性の担保に必要な「3つの視点」――使えないBCPはもういらない
 事業継続のためには、BCP(事業継続計画)の策定・実装といったレジリエンシー実現が不可欠である。しかし、BCPやDR(ディザスタリカバリ)のシステムを構築し手順書を用意しても、実際に担当者は試したことがないといったケースが少なくない。レジリエンシー実現には...(2016/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
重要性が高まるアプリ実装の阻害要因とは? IDC調査から見えた傾向と対策
 ITインフラが抱える主な課題には、個々の要件に逐次対応したことで生じたサイロ化、データ保護機能やディザスタリカバリ製品のレガシー化による安全性の低下、マルチハイパーバイザー環境による複雑化などが挙げられる。従来のインフラ重視、アプリ軽視の姿勢を大きく変...(2016/4/13 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

レポート
ITサービスの可用性を阻む3つのリスク
 原因が人為的なものであっても自然災害であっても、システムのダウンタイムが発生すれば企業は窮地に陥る。現在のインターネット社会では、システムダウンのニュースは瞬く間に全世界に伝わり、傷ついた評判を回復することは至難の業である。ForresterとDisaster Recove...(2014/6/19 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
SAPに最適なクラウドの活用法は? ニーズに合わせて見極めたい3つの選択肢
 企業におけるクラウドの適用範囲は、かつてオンプレミスが当然とされていたようなERPにまで広がっている。代表的な製品であるSAP ERPもクラウドで利用されるようになってきているが、ERPをクラウドに移行する際の課題や、クラウド固有の制約に悩むユーザーも多いだろう...(2017/7/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
ハイパーコンバージドの先にある「データ仮想化プラットフォーム」とは?
 近年におけるアプリケーションの急増とハイブリッドクラウドの成長は、デジタルトランスフォーメーションの大きな推進力となっている。その一方で、社内におけるアプリケーション需要の増大に、IT部門の提供能力が追い付かない状況も生まれつつある。 この課題を解消し...(2017/5/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
物理/仮想/クラウドを一元管理、「統合データ保護」製品の疑問を解消
 物理、仮想、クラウドなどのプラットフォームを問わず、インフラ全体のデータを保護する「統合データ保護」製品。データの一元管理が可能になる一方で、多様な機能を1つにまとめているため、パフォーマンスや運用効率、業務負荷、コストなどへの不安の声も聞こえる。 ...(2017/4/4 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

事例
鉄壁の復旧体制を確立 自治体の戸籍情報システムに学ぶ障害対策手法
 各自治体における戸籍関連業務を支えるサーバの構築・運用管理を担当しているのがリコージャパンだ。戸籍データそのものは毎日法務省に伝送され安全に保管されているが、自治体単位のサーバやデータはおのおので管理しているため、もし障害が発生しシステムが停止すると...(2017/6/1 提供:株式会社ネットジャパン)

技術文書
Nutanixの新たな選択肢、Cisco UCSで構築するハイパーコンバージドインフラ
 ストレージ、ネットワーク、サーバを個別に用意するレガシーなインフラは、サイロ化による非効率が生じやすく、拡張するためにはシステム全体をリプレースする必要があるなど、管理に手間が掛かることが問題となる。 こうした課題に対処する方法として、サーバ、ストレ...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
データセンター仮想化を見直すことで得られる「8つのメリット」
 サーバ仮想化技術への期待は年々大きくなっているが、長い間、主要ハイパーバイザーの基本的なアーキテクチャには大きな変化が見られなかった。レガシーな仮想化製品は、無数の単機能なストレージアレイを対象に設計されたもので、ハイパーバイザーを個別に購入する必要...(2017/5/22 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

技術文書
ラックマウントサーバで構築するハイパーコンバージド――導入手法を徹底解説
 データセンター運用において頭が痛いインフラの複雑化。運用・保守を考えれば、データセンターの構成をシンプルにし、コストやスキルを要求されるSANなしに構築できることが望ましい。 そこで注目されるのが、仮想化環境の最適化や容易なリソース拡張が可能なラックマ...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
リアルタイム分析の第一歩、データ活用基盤の理想的な構築方法は?
 Uberのような新たなプレイヤーがITを武器にビジネスに参入してくる時代では、データ活用の重要性はあらゆる業界で急速に高まっている。しかし、多様なデータをさまざまなシステムが個別に保有している結果、限定的なデータ分析しか行えない企業は少なくない。 必要とな...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
パブリッククラウドの契約書で絶対に確認したい“データ保存”の落とし穴
 近年、ビジネスのあらゆる面で活用されるようになったパブリッククラウドサービス。重要データのバックアップ、アーカイブ、災害復旧(DR)対策などの目的で利用されることが多いが、中には自社の要件と契約内容が一致しないまま契約に至るケースが見られる。 パブリッ...(2017/4/13 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
Amazon S3を活用したBCP/DR対策、専用ツールで安全性・操作性がさらに向上
 Amazon Web Services(AWS)が提供するクラウドストレージ「Amazon S3」の登場は、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策の面でもクラウド活用を促進している。そのメリットは、可用性の高さだけにとどまらない。 既に多くの企業がAmazon S3をバックアップストレー...(2017/4/4 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

Loading