TechTargetジャパン

技術文書
【VMware】最新のIT 環境向けのディザスタリカバリについて
 ブラックスワン理論とは、予測できない現象が発生し、その現象が大きな影響を与えることを言います。これは、極端に異常な現象であると見なされ、日常的な現象が発生したときよりも重大な結果をもたらします。 本資料では、データセンターのディザスタリカバリに関する...(2012/5/28 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
仮想化を活用したディザスタリカバリ計画実践ガイド
 予想できない天災や人災、IT予算の削減、データ量の急増、新たな規制要件などにより、ディザスタリカバリの重要性が高まっている。その結果、企業は現在、ディザスタリカバリ計画を再評価および更新する必要に迫られている。現在、ディザスタリカバリに関しては何百もの...(2013/12/9 提供:ノベル株式会社)

技術文書
データセンターで発生する「ブラックスワン現象」への10の対処法
 データセンターには、ハードウェア、データ、ソフトウェアなど、重要なITコンポーネントが全て格納されている。データセンターを保護するには、最新の堅牢なセキュリティソリューションを使用し、データセンターの信頼性を向上させるためには冗長化されたマルチプロセッ...(2013/1/29 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
ディザスタリカバリ計画で知っておくべき5つのポイント
 データセンターマネジャーは、多忙な中、より少ない人員と予算でより多くの成果を出し続けるという課題に必死で取り組んでいる。ITは今や業務遂行には欠かせず、事実サポートするほぼ全てのインフラは、企業運営に不可欠となっている。しかし、少ないリソースで多くの成...(2013/12/9 提供:ノベル株式会社)

技術文書
アプリケーション仮想化により実現する事業継続/ディザスタリカバリ対策
 かつての事業継続/ディザスタリカバリ(BC/DR)プログラムは、「コストはかかるものの必要な保険」ととらえられていた。しかし、テクノロジーへの依存度が高い今日、災害はビジネスに大きな打撃を与える可能性がある。このような状況下での企業の経営層のBC/DRへの要...(2014/6/19 提供:EMCジャパン株式会社)

事例
仮想化やディザスタリカバリ、6つのシーン別導入事例
 Windows環境のサーバ再構築、環境変化に応じたシステム基盤のクラウド移行、仮想化、ディザスタリカバリなどITプロジェクトの予算・工数を正確に管理し、管理者の負荷を軽減することは、企業にとっても経営課題の1つである。 本資料は、新たな専用ソフトウェアをインス...(2016/1/6 提供:ストレージクラフト テクノロジー合同会社)

レポート
仮想化によるBCPとディザスタリカバリの手引き
 企業信用情報を提供する米企業Dun & Bradstreetの調査によると、米国をハリケーン サンディが襲った後、この被害で企業に支払われた保険金総額は200億ドルを超えたという。また、同社の報告によると東日本大震災の被害はさらに大きく、715の業種で31万2000人の従業員が...(2014/2/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
仮想化の利点を活用した“確実にできる”DRのアプローチとは
日本企業にとって災害対策は、もはや避けては通れない課題となりました。ITシステムにおいても注目が集まっていますが、テープバックアップでは迅速な復旧が難しく、確実な復旧のためのDRシステム構築には多大なコストがかかります。本ホワイトペーパーでは、より迅速に...(2011/6/13 提供:ノベル株式会社)

技術文書
重複排除ストレージへのバックアップ&データ復旧ガイド
 災害時におけるシステムやデータの復旧や予防措置であるディザスタリカバリの重要性は、多くの企業で認識されるようになった。しかし、真の事業継続を考える上では、万が一のシステム障害の際に迅速かつ確実に復旧できなければ意味がない。災害は突然やってくるため、常...(2014/1/20 提供:CA Technologies)

技術文書
ディザスタリカバリ検証プロジェクト〜低コストで柔軟かつ確実なディザスタリカバリを実現する
 震災を契機に、企業のIT部門では事業継続計画(BCP)の見直しや整備の動きが高まっている。また、電力不足に伴う計画停電やコンプライアンスの必要性などから、BCPを確立する取り組みの一環としてディザスタリカバリがいっそう重要度を高めている。一方で、導入コストや...(2011/10/12 提供:ノベル株式会社)

技術文書
重要性が高まるアプリ実装の阻害要因とは? IDC調査から見えた傾向と対策
 ITインフラが抱える主な課題には、個々の要件に逐次対応したことで生じたサイロ化、データ保護機能やディザスタリカバリ製品のレガシー化による安全性の低下、マルチハイパーバイザー環境による複雑化などが挙げられる。従来のインフラ重視、アプリ軽視の姿勢を大きく変...(2016/4/13 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

レポート
ITサービスの可用性を阻む3つのリスク
 原因が人為的なものであっても自然災害であっても、システムのダウンタイムが発生すれば企業は窮地に陥る。現在のインターネット社会では、システムダウンのニュースは瞬く間に全世界に伝わり、傷ついた評判を回復することは至難の業である。ForresterとDisaster Recove...(2014/6/19 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
仮想環境にはディスクベースでテープバックアップの効率化を
 信頼性とコスト面のメリットに着目し、テープによるデータ保護を実施している企業は多い。しかし、多くのテープバックアップ製品はアプリケーションホストサーバ上でバックアップエージェントを実行するため、高い負荷がかかるのが課題となっている。仮想環境のパフォー...(2015/9/30 提供:ファルコンストア・ジャパン株式会社)

製品資料
事業継続・DR戦略としての仮想化──仮想化がもたらす3つのメリットとは?
 企業はこれまで、収益目標、従業員の生産性、企業の評判をITシステムとIT部門に委ねてきた。現在、IT部門は、ハードウェア、ネットワーク、ビジネスデータ、社内および顧客向けのアプリケーションなどを全て管理しながら、自社のビジネス目標達成を確実に推進させなくて...(2014/9/8 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
ディザスタリカバリ訓練を改善するための10のヒント
 米調査会社Forrester Researchの調査によると、ディザスタリカバリ(DR)計画のテストを「年に1回しか実施していない」と答えた企業は過半数に上った。DR計画の訓練はいまだ多くの組織において対策が不十分であることが分かる。この原因の大部分は、DRアーキテクチャの...(2013/1/29 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
中堅・中小企業のための「仮想環境のバックアップとディザスタリカバリ」基礎解説
 仮想環境のバックアップとディザスタリカバリ対策はどのように実施すればいいのか。特に予算やリソースの限られる中堅・中小企業のIT部門にとっては、「これまでの物理環境と同じ使い慣れたソリューションで実施したい」のが本音だろう。そのためには、物理環境と同じソ...(2013/2/26 提供:アクロニス・ジャパン株式会社)

レポート
DR計画で優先すべき5つのポイントと仮想化時代に考えたい「DRaaS」という選択肢
 大規模の災害やシステム障害によって事業が中断してしまえば、企業イメージに与える影響や金銭面での損失は計り知れない。そのような事態を最小限に抑えるためには、できるだけ速やかに活動を再開しなければならない。そうした情報システムの迅速な復旧・再開で鍵を握る...(2015/7/13 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

技術文書
事業継続性の担保に必要な「3つの視点」――使えないBCPはもういらない
 事業継続のためには、BCP(事業継続計画)の策定・実装といったレジリエンシー実現が不可欠である。しかし、BCPやDR(ディザスタリカバリ)のシステムを構築し手順書を用意しても、実際に担当者は試したことがないといったケースが少なくない。レジリエンシー実現には...(2016/3/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
オンプレミス・クラウド・ハイブリッド、多様化するネットワーク利用時のWAN高速化ポイント
 リモート拠点と本社拠点の拠点間通信の高速化ニーズが高まっている。リモート拠点から本社の業務アプリケーションを利用し、情報リソースの統合によるIT運用コストの削減、あるいはリモート拠点のディザスタリカバリの観点からもWAN回線の高速化は大きなテーマだ。 企...(2015/5/18 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
仮想環境の「バックアップ」「DR」実現を阻む3つの課題、どう解決したら良い?
 企業の事業継続計画(BCP)やリスクマネジメントを目的に、仮想環境下でのバックアップ環境やディザスタリカバリ(DR)対策を整備する企業が増えている。一方、「バックアップ処理に時間がかかる」「インフラや運用に対するコストが大きい」など実現にあたり課題を抱え...(2016/1/13 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
もはや想定外ではすまされない震災対策、低価格で実現できるハイブリッドクラウドを用いた解決策とは
 世界の巨大地震の20%が発生するといわれる日本でビジネスを展開する際、特にITの震災対策は大きな課題だ。企業はディザスタリカバリ(DR)環境を構築してデータを保護し、万が一、災害が起きた場合にも業務を継続する環境を用意しておく必要がある。 本ホワイトペーパ...(2015/11/18 提供:デル株式会社)

製品資料
バックアップだけでは足りない、真のディザスタリカバリを考える
 今日、ほとんどの組織はビジネスを効果的に運用するために、複数のアプリケーション、複数のサーバプラットフォーム、複数のネットワークプロトコル、複数のストレージシステムを利用している。しかし、サービスの中断は自然災害や、拠点あるいは地域的な停電、人為的ミ...(2012/9/18 提供:ファルコンストア・ジャパン株式会社)

事例
事例:生産管理システムのP2V化と自動バックアップ環境構築に成功した日本のものづくりを支える金属加工業
 ビジネス環境の変化に対応するための業務システム刷新を機に、オンプレミス環境に構築された従来の物理システムを、仮想化するニーズが高まっている。その際、クリティカルな業務システムやアプリケーション、重要データなどの完全なバックアップとリカバリを実現するこ...(2016/1/6 提供:ストレージクラフト テクノロジー合同会社)

レポート
IT管理者にもビジネス役員にも理想の高可用性実現に向けた5つの推奨事項
 システム稼働率のサービス品質保証(SLA)が高くなる一方で、IT部門は管理コストを低減させながら、ダウンタイムの最小化を図っていかなくてはならない。そのためには各システムのクリティカル度を客観的に測定し、優先順位に従って改善を施す必要がある。 Forrester C...(2016/6/1 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

レポート
ストレージ容量を90%削減──最新「重複排除バックアップ」の実力
 企業内データの増加ペースはほとんどの企業で年間60%を超えるという数字もあり、バックアップやリカバリにかかるコストや時間の増大に悩む担当者も多い。また、データのバックアップやリカバリに対するコスト削減に取り組んだ結果、深刻な情報漏えいやディザスタリカバ...(2015/5/13 提供:株式会社シマンテック)

レポート
「可用性への投資」の理想と現実――意思決定者への調査で分かったこと
 現在、ビジネスの変革の中心にいるユーザーに共通する特徴として、ミッションクリティカルなアプリケーションやデータに24時間365日アクセスできる環境を求めることが挙げられる。そのため、多くの企業が可用性向上のために投資を続けているが、そのほとんどが十分な効...(2016/7/22 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

レポート
クラウドに移行して良かった企業/後悔した企業
 クラウドサービスを利用して、社内のサーバや配線をお払い箱にするというアイデアは、企業のIT部門にとってますます魅力的な選択肢となっている。アプリケーションのクラウド移行は、今後のあるべき姿なのである。 ただし、セキュリティや全体的なコストについては、い...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

レポート
フラッシュストレージへの誤解を解消、低TCO・高ROI実現のポイント
 近年、パフォーマンスやデータ密度の進化が著しいフラッシュストレージを企業向けに導入する動きが進んでいる。DB、仮想サーバ、VDIなどのパフォーマンス向上は、多くの企業が課題としており、今後もフラッシュ製品への移行は進むと考えられる。 その一方で、「容量当...(2016/7/7 提供:ネットアップ株式会社)

事例
実証実験から読み解く、IoT/ビッグデータ/AI連携に必要なストレージ基盤
 IoT、ビッグデータ、AIの連携が本格化する時代が訪れようとしている。これによりインターネットビジネスだけでなく、あらゆる業種が新しい価値を創出するようになるという。近い未来に生じるこの変革に対して、企業はどのようなIT基盤を準備するべきだろうか。 従来型...(2016/7/7 提供:クラウディアン株式会社)

製品資料
Azure上にスタンバイ系を構築――ハイブリッドはBCP対策の切り札となるか?
 現在、ほとんどの企業が最優先で守るべきビジネス基盤として、データベースの存在を意識している。ITシステムの中核をなすデータベースの停止は、事業の継続を困難なものとするため、これまでにも多くの企業がBCP(事業継続計画)対策に取り組んできた。 しかし、企業...(2016/6/2 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Loading