2021年12月07日 05時00分 公開
特集/連載

CommvaultとZertoを比較 API連携やライセンス体系の違いは?主要DR製品の違い【中編】

Commvault SystemsとZertoのDR(災害復旧)製品は、共に充実した機能を備える。どのような違いがあるのか。API連携やライセンスの観点で両製品を比較する。

[Brien Posey,TechTarget]

 Commvault SystemsとZertoのDR(災害復旧)製品にはどのような違いがあるのか。前編「止められないシステムに必須の『DR』機能とは CommvaultとZertoを比較」に続き、API(アプリケーションプログラミングインタフェース)連携やライセンスの観点で比較する。

 バックアップやDR(災害復旧)用の製品を使うときは、必ずしもミッションクリティカルなシステムの全てを保護できるわけではないことを考慮する必要がある。DR製品を選択する際、まずは自社が使用するアプリケーションと連携可能なのかどうかを確認しなければならない。

 Commvault Systemsは、DR製品「Commvault Disaster Recovery」をほぼ全てのデータやアプリケーションと連携可能にするためのAPIを提供している。同社は簡単に使えることを目指してAPIを設計しており、経験が少ない開発者でも扱いやすいと言える。

 Zertoも独自のAPIを提供する。管理者はこのAPIを使って、アプリケーションや仮想マシン(VM)の保護を自動化することに加え、Zertoの可視化機能を備えるオーケストレーターと各システムを連携させることが可能だ。オンプレミスやクラウドサービスを併用したり、複数のクラウドサービスを利用したりする場合、APIを使って複数のインフラにまたがるシステムをZertoのダッシュボードで可視化し、稼働状態を分析できる。

ライセンス体系の違い

 Commvault Disaster Recoveryのライセンス条件は、仮想マシン(VM)を使用しているかどうかで変わる。VMを使用している場合は、VM10台単位でライセンスが適用される。VMを使用しない場合は、ライセンスは保護対象のデータ容量に基づく。

 一方のZertoは保護対象のVMごとにライセンスを付与する。永続ライセンスと、期間が限定されるサブスクリプションの2つの方式がある。Zertoは「Zerto Enterprise Cloud Edition」「Zerto Data Protection」「Zerto Migration」の3種類のライセンスを用意している。Zerto MigrationはVMの移行機能のみを含み、DR機能は含まない。Zerto Data Protectionはローカルバックアップ、ストレージやクラウドサービスへの長期保持、分析機能を含む。

 Zerto Enterprise Cloud Editionは、Zerto製品の全機能を含む唯一のライセンスとなっている。例えば

  • オンプレミスインフラへのDR
  • クラウドサービスへのDR
  • マネージドサービスプロバイダー(MSP)のサービスへのDR
  • 1対多のレプリケーション(複製)
  • フェイルオーバー(予備システムへの切り替え)とフェイルバック(予備システムからの復帰)
  • DRテスト
  • ローカルバックアップ
  • データの長期保持
  • 分析
  • VM移行

などがある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...