2022年05月10日 05時00分 公開
特集/連載

サーバを水没させない――データセンター火災から機器を守る消火方法いざというときの火災対策マニュアル【中編】

火災を予防することが先決だが、それと同時に火災が発生した場合の備えも検討しておく必要がある。データセンターで火災が発生した場合の消火手段を紹介する。

[Robert McFarlaneTechTarget]

 前編「段ボールやプラスチックはNG? 『データセンター火災』を防ぐ基本行動」は、データセンターの防火対策と火災検知を紹介した。火災が広がる前に対処できるのが理想だが、火災が広がってしまった場合に備えて、消化手段を検討しておく必要がある。

 さまざまな消火手段がある。データセンターでは、ガスやスプリンクラーを消化に使うのが一般的だ。スプリンクラーは水によって消化する。データセンターはサーバなどIT機器を収容しているため、水による消火には注意すべき点がある。

水ぬれに弱い機器を火災から守る方法 注意点は?

 スプリンクラーは火災による周囲温度の上昇によって、ヘッド(水の放出部)内のヒュージブルリンク(感熱部の分解に使われる部品)が溶けることで作動し、空間に散水する。スプリンクラーが作動すると、データセンター設備の損傷や漏電を引き起こす恐れがある。

 そこでデータセンターは一般的に、乾式配管を使った予作動式スプリンクラーを採用する。予作動式スプリンクラーは、火災感知器とヘッドの双方が作動しないと放水しない。乾式配管は、さび防止のために加圧した空気または窒素で内部が満たされている配管だ。何かの原因で配管内に水が流れ込んだ場合は、散水の前にアラートを出せる。

 水が配管内に入るのは、2つの火災感知器がアラートを鳴らした場合に限られる。だがヘッドのヒュージブルリンクが火災の熱で溶けるまで散水しない。湿式(常に配管に水がある方式)配管のスプリンクラーと比べた場合の、乾式配管のスプリンクラーの短所は、室内に散水する前に煙と火によって設備が損傷するリスクがあることだ。

 一方、水噴霧消火設備は、水を微細な噴霧状にして放出し、蒸発によって熱を奪う。データセンター設備が故障するほど水にぬれることは、まずない。通常のスプリンクラーの散水が届かないキャビネット内にも噴霧が入り込み、煙を抑制する。データセンター設備にとっては火だけではなく煙も有害であるため、煙による被害を抑制する効果がある。


 後編はガスを使ったデータセンターの消火方法を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

日本の営業担当者は1日にあとどのくらい顧客と接する時間が欲しい?――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。

news023.jpg

Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポー...