2011年12月14日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ネットワーク仮想化に備える(後)ネットワーク仮想化の導入を妨げるセキュリティ上の課題

ネットワーク仮想化の導入によるメリットは多い。しかし、一部の企業がその点を認識しつつも、ネットワーク仮想化を敬遠していることも事実だ。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

 前回の「ネットワーク仮想化のために重要な機器のアップグレード戦略」に続き、ネットワーク仮想化の役割を検討し、企業が10Gbps以上の高速LANに移行する際に考えるべき重要なアップグレード戦略を概説する。今回は、ネットワーク仮想化を実現するために必要なインフラ設計のポイントやその導入のネックとなっている課題を紹介する。

ネットワーク仮想化のプランニング

 ネットワーク仮想化は、1回導入すれば事足りるものではない。管理者は、将来のアップグレードの影響も考慮する必要がある。10Gbpsのような高速な物理ネットワークや、40Gbpsや100Gbpsイーサネットなどのさらに高速なインフラに移行した場合、それらはネットワーク仮想化をすぐにサポートできるだろう。管理者はネットワーク仮想化技術を検討し、大幅に高速なトラフィックの負荷にソフトウェアレイヤーが耐えられるようにしなければならない(関連記事:仮想インフラに10ギガビットネットワークは必要か?)。「ネットワーク仮想化技術を、仮想化のベースとなる物理ネットワークの速度に対応させる必要がある」と、ITサービス会社の米Evolve Technologiesのデーブ・ソベルCEOは語った。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...