2011年12月05日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ネットワーク仮想化に備える(前)ネットワーク仮想化のために重要な機器のアップグレード戦略

ネットワーク仮想化は、アーキテクチャ設計の不備を解決するわけではない。そのため、ネットワークコンポーネントのアップグレードや仮想インフラの導入を計画する際は、細心の注意が必要だ。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

 仮想化の対象は個々のサーバにとどまらず、企業のサーバやストレージを接続するネットワークにも広がりつつある。しかし、ネットワーク仮想化は、短期間で、あるいは簡単に導入できるとは限らない。ネットワーク仮想化を最大限に活用するには、IT担当者が物理ネットワークインフラに変更を加えなければならないことが多い(関連記事:仮想インフラに10ギガビットネットワークは必要か?)。本稿では、ネットワーク仮想化の役割を検討し、企業が10Gbps以上の高速LANに移行する際に考えるべき重要なアップグレード戦略について概説する。

ネットワーク仮想化とは

 ネットワーク仮想化は、単一のコンポーネントやソフトウェア製品によって実現されるわけではない。ネットワークの物理ハードウェアとその上の論理ネットワークエンティティとを分離する抽象化を支援する、ハードウェア要素とソフトウェア要素の組み合わせによって実現される。

 ネットワーク仮想化は幾つかの理由から、検討することを避けて通れないものになっている。米TechTargetが2011年にIT担当者を対象に行った仮想化に関する調査では「回答者の34%が仮想ネットワークを、データセンターにおける大規模な仮想化アーキテクチャの一部と認識している」ことが分かった。また、32%がネットワーク仮想化技術を、仮想環境を展開する方法として歓迎している。26%が、この技術は管理を向上させると考えている。

 ネットワーク仮想化の導入は順調に進んでいる。この調査では、何らかの形でネットワーク仮想化を利用している回答者が全体の45%を占めた。現在は利用していない回答者のうち60%も、今後12カ月以内に導入する計画だ(関連記事:60.9%が無線環境を構築 読者調査が示す企業ネットワークの今)。

 ネットワーク仮想化に必要な抽象化は、外部または内部の仮想化という2つの主要な方法で実装できる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...