2013年09月25日 18時00分 UPDATE
特集/連載

昨日の敵は今日の友対GoogleでAppleに急接近――MSバルマーCEO 最後の“口撃”

Microsoftのスティーブ・バルマーCEOは投資家向け電話会議の席上で、Googleのビジネスを非難し、対抗策としてAppleとの協業を説明した。MicrosoftとGoogleは現在、検索市場やオフィススイート製品など、さまざまな分野で競合関係にある。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 CEOとして最後の投資家向け電話会議に臨んだ米Microsoftのスティーブ・バルマー氏は、その席上で米Googleのビジネスをやり玉に挙げた。

 加えて同氏は、自社商用サービスの訴求力を高めるため、自社デバイスを積極的に活用していく計画を説明した。退任を発表する前、バルマー氏はMicrosoftが今後、いかにしてソフトウェアとハードウェア、サービスの各事業に注力していくかを話していた。

 Microsoftは9月に入ってから、Nokiaの携帯電話事業を72億ドルで買収する計画を発表している。その際に専門家らは、米Appleの「iOS」「iTunes」「iPhone」などからなるエコシステムと同様に、MicrosoftもWindows Phoneエコシステムの一部として、Nokiaの端末を開発することを期待した。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...