2013年09月25日 18時00分 UPDATE
特集/連載

昨日の敵は今日の友対GoogleでAppleに急接近――MSバルマーCEO 最後の“口撃”

Microsoftのスティーブ・バルマーCEOは投資家向け電話会議の席上で、Googleのビジネスを非難し、対抗策としてAppleとの協業を説明した。MicrosoftとGoogleは現在、検索市場やオフィススイート製品など、さまざまな分野で競合関係にある。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 CEOとして最後の投資家向け電話会議に臨んだ米Microsoftのスティーブ・バルマー氏は、その席上で米Googleのビジネスをやり玉に挙げた。

 加えて同氏は、自社商用サービスの訴求力を高めるため、自社デバイスを積極的に活用していく計画を説明した。退任を発表する前、バルマー氏はMicrosoftが今後、いかにしてソフトウェアとハードウェア、サービスの各事業に注力していくかを話していた。

 Microsoftは9月に入ってから、Nokiaの携帯電話事業を72億ドルで買収する計画を発表している。その際に専門家らは、米Appleの「iOS」「iTunes」「iPhone」などからなるエコシステムと同様に、MicrosoftもWindows Phoneエコシステムの一部として、Nokiaの端末を開発することを期待した。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

人工知能がPRコンテンツを自動制作、ベクトルとデータセクションがツールを共同開発
ベクトルは、人工知能(AI)でPRコンテンツの制作をサポートするツール「AI-PR」の開発を...

news005.jpg

「Mastodonマーケティング」を叫ぶ日は来るのか?
話題の新SNSにスマホゲーム国内市場規模、企業のIT支出の動向、中国人消費者のライフスタ...

news073.jpg

インテージとプレイドが連携、オフライン購買履歴から「価値観」を推定してWeb接客
インテージは、同社が提供する小売業向け生活者の見える化ソリューション「Genometrics(...