2013年06月28日 18時30分 UPDATE
特集/連載

ライブ配信や動画の同時閲覧が可能比較で分かったGoogle「ハングアウト」のSkype、FaceTimeを超える機能

「Skype」「FaceTime」などが知られるビデオメッセージング市場に「ハングアウト」で本格参入した米Google。機能を詳細に見ると先行サービスを超える高い水準だった。機能を比較する。

[Hannah Becker,TechTarget]

 ビデオメッセージングサービスは多くの選択肢があり、「Skype」「FaceTime」「ooVoo」が特に有名だ。だが、米Googleの「Hangout」(以下、ハングアウト)も見逃せない。このGoogleサービスは、他の人気サービスと同じ機能を全て網羅している上、他サービスにはない機能も幾つか提供する。

 Googleは、2013年5月中旬に米国カリフォルニア州マウンテンビューで開催した年次開発者会議「Google I/O 2013」で、「ハングアウト」の名称で提供してきたGoogle+のビデオ通話サービスと、一般的なインスタントメッセージング(IM)機能、画像共有機能などを統合したサービスを発表した。名称は「ハングアウト」が踏襲され、このサービスのスタンドアロンアプリも公開された。

 ハングアウトは、WebやAndroidおよびiOSプラットフォームで利用でき、「WhatsApp」や新たにアップデートされた「BlackBerry Messenger」のような類似のクロスプラットフォーム対応のメッセージングサービスと直接競合する。また、ハングアウトサービスのWebバージョンでは新機能が追加されており、絵文字の利用や画像共有が可能になった他、友人がオンラインでなくてもIMを送信できるようになった。

Skype、FaceTimeと機能を比較

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...