TechTargetジャパン

技術文書
大きく変わったAndroid 6.0のパーミッション、安全なアプリを開発するには?
 「Android 6.0(Marshmallow)」が2015年10月にリリースされた。大きな特徴として、パーミッション承認モデルの大幅な変更が挙げられる。利用者はアプリが要求するパーミッションの許可/不許可を細かく指定できるようになり、アプリは必要なパーミッションが許可されて...(2016/2/1 提供:リスクファインダー株式会社)

レポート
9つのチェックでAndroidアプリの脆弱性をブロック、セキュアコーディング実践法
 Androidアプリ開発において、脆弱性の発見が年々増えているにもかかわらず、まだそれに対する意識や対策が追い付かないケースが見受けられる。アプリ開発のプロセスでは、設計、コーディング、テストと進んでいくが、コーディングの段階で実装内容に問題がないか確認す...(2016/3/22 提供:ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社)

技術文書
Android端末でも欠かせないセキュリティ対策
 Android端末では一般ユーザがルート証明書の追加作業を行うことは大変困難であり、また、それぞれのOS バージョンで格納されているルート証明書は異なっているため、予めどのようなルート証明書が格納されているかを確認しておくことが重要である。 シマンテック・ウェ...(2016/3/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
Android端末でも欠かせないセキュリティ対策
 Android端末では一般ユーザがルート証明書の追加作業を行うことは大変困難であり、また、それぞれのOS バージョンで格納されているルート証明書は異なっているため、予めどのようなルート証明書が格納されているかを確認しておくことが重要である。 ベリサインの証明書...(2015/1/5 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
Androidカーネルに359件のバグ? オープンソースや流用コード利用の開発に潜むリスク
 スマートフォンや携帯型情報端末などに利用され始めた「Android」。Googleによると、Androidを採用した機器は1日あたり6万5000台以上が出荷されている。2012年までには、スマートフォンの62%が、こうしたオープンソースOSを使用すると言われている。 このたび、HTC製...(2010/11/17 提供:コベリティ 日本支社)

レポート
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズが1万2000件のAndroidアプリを徹底調査、脆弱性のトレンドと対策
 ソニーデジタルネットワークアプリケーションズは、約1万2000件のAndroidアプリを対象に独自調査を行い、「Androidアプリ脆弱性調査レポート 2015年12月版」をまとめた。本ホワイトペーパーは、その報告資料となる。 同様の調査は2013年にも実施されており、2015年の最...(2016/3/22 提供:ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社)

レポート
AndroidのマルウェアがiOSよりも多い理由(Kindle版)
 当コンテンツは、TechTargetジャパンの記事をスマートメディアでの表示に最適化したKindle(mobi)形式で提供するものです。TechTargetジャパン会員であれば、全て無料でダウンロードできます。■Androidを安全に使うには 急増するスマートフォンやタブレット向けのマ...(2012/12/10 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
AndroidのマルウェアがiOSよりも多い理由
 当コンテンツは、TechTargetジャパンの記事をスマートメディアでの表示に最適化したEPUB形式で提供するものです。TechTargetジャパン会員であれば、全て無料でダウンロードできます。■Androidを安全に使うには 急増するスマートフォンやタブレット向けのマルウェア。(2012/8/15 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「あなたのLINEも盗聴されているかも」日本で発見されたモバイル脅威
 Android端末の盗難や紛失対策に監視ウェアとして機能するという触れ込みで、個人や企業向けに販売されているツールが存在する。このツールが無断でインストールされると発見しにくく、Androidアプリケーションサンドボックスなどのデータ保護機能も迂回し、端末内のデー...(2016/2/22 提供:ルックアウト・ジャパン株式会社)

事例
iOSとAndroid向けアプリを同時リリース、開発工数を30%削減できた理由に迫る
 セイコーエプソンは、ゴルフスイング解析とパッティング解析に対応したモバイルアプリの開発効率に課題を抱えていた。ゴルフ愛好者の利用率が高いiOSにまず対応し、数カ月後追いでAndroidにも対応するという、開発作業の効率の悪さに悩んでいたのである。 また、マーケ...(2016/4/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
モバイル端末からの情報漏洩を防止する暗号化アプリの重要性 付録:Android端末を取り囲む脅威分析
 Androidを搭載したスマートフォンやタブレット端末は、セキュリティの脅威にさらされている。本来、審査を受けた正常なソフトだけを流通させるはずのAndroid Marketを通じて不正ソフトが配布された事例や、タッチ操作のミスを誘う不正サイトなどが後を絶たない。  セキ...(2012/3/30 提供:東京システムハウス株式会社)

レポート
iOS 8、Windows 8/8.1、Android端末が丸ごと管理できるMDM製品一覧表
 モバイルデバイス管理(MDM)製品といえば、「Android」や「iOS」を搭載したスマートデバイスの管理製品だと考える人も多いだろう。だが「Windows 8/8.1」を搭載したタブレットの充実を受け、Android端末やiOS端末に加え、Windows 8/8.1端末も管理できるMDM製品が充実...(2014/9/26 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
iOS/Android向け低価格MDM製品一覧表
 Android端末やiOS端末を対象としたモバイルデバイス管理(MDM)製品の中には、リモートロックやリモートロックといった基本機能に絞り、低価格を実現しているものも少なくない。本資料では、こうしたMDM製品のうち、1台当たり月額100円台かそれ以下の価格で利用できる低...(2014/9/19 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
80%のアプリケーションに、ソースコード外の脆弱性 2013年サイバーリスクレポート
 8割のアプリケーションに不適切なファイル設定やサーバミスなどによるソースコード外の脆弱性が見られ、iOSおよびAndroidモバイルアプリケーションの46%で、暗号化の使用が不適切――いずれもHP Security Researchの「サイバーリスクレポート2013」の調査結果が明らか...(2015/1/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月2日号:暴挙か? GoogleのOffice 365攻略作戦
 Computer Weekly日本語版 12月2日号は、以下の記事で構成されています。■Office 365打倒に燃えるGoogleのなりふり構わぬ「無償」作戦 敵は世界で最も導入されているクラウドアプリ「Office 365」。Office 365をこの座から引きずり下ろすため、Googleが大胆な戦略を発...(2015/12/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月2日号:Windows Server 2003少しだけ延命策
 Computer Weekly日本語版 9月2日号は、以下の記事で構成されています。■サポートが終了したWindows Server 2003を「一時的に」延命する方法 2015年7月にサポートが終了したWindows Server 2003だが、まだ多くのサーバで稼働している。取りあえずWindows Server 2003...(2015/9/2 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
BYOD推進の鍵はiOS/Android標準メールアプリのセキュアな活用
 BYOD(私物端末の業務利用)の効果は多くの企業で理解されはじめてきたが、IT部門としては、デバイス内データ、通信経路データ、媒体経由データの漏えいは絶対に防ぎたい。しかし、ユーザーにとっては、「煩わしい設定作業はしたくない」「使い慣れたアプリを使いたい」...(2013/7/1 提供:モバイルアイアンジャパン)

比較資料
店舗利用? 営業活用? iPad、Android、Windows 8、用途別最適タブレットOS指南表
 日本の小売店や企業では現在、Tablet導入のために多くの検討が行われている。しかし、従来のパソコンやOA機器などの導入とTabletの導入では必要とされる検討要素は大きく異なり、その選定をより一層難しいものとしている。また実際にTabletの導入を行った企業からは、導...(2013/2/26 提供:株式会社エスキュービズム)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月17日号:Amazonはクラウド界のMicrosoftか
 Computer Weekly日本語版 9月17日号は、以下の記事で構成されています。■AmazonがMicrosoft化している5つの兆候 Microsoftはかつて、独占企業として競合企業の敵意を集めていた。今、かつてのMicrosoftのように市場を独占して警戒される存在になりつつあるのがAmazon...(2014/9/17 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Androidアプリの40%が欠陥品!? 原因は安易な開発姿勢
 欠陥のあるアプリケーションがAndroidの脆弱性と組み合わさると、攻撃者にとって格好の標的になりかねない――。ある分析調査によると、Androidアプリケーションの40%に少なくとも1件のハードコーディングされた暗号鍵が見つかった。これは、組織内の全員が自分のデー...(2013/4/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
感染Androidデバイスは3280万台 無秩序なモバイルアプリケーションの現状
 スマートデバイスの普及はモバイルアプリケーションという新たなビジネスチャンスを生み出した。アプリケーションストアやアプリケーションマーケットでのアプリケーション販売、アプリケーションのモバイルサービスおよびインフラ対応、モバイルデバイス管理(MDM)お...(2013/10/3 提供:ウェブルート株式会社)

レポート
iPad/iPhoneやAndroid端末で使える、必携ビジネスアプリ20選
 企業でスマートデバイスを導入する事例は既に珍しくはなくなった。中には、従業員の私物端末を業務利用させる「BYOD」に踏み切る企業も現れている。企業支給端末、個人端末問わず、スマートデバイスを使って生産性を高めるためには、端末に適切なアプリを導入するのが有...(2014/5/14 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
Android向けスマートフォンVPNサービスのコスト比較表
 本コンテンツでは、主要なAndroid向けスマートフォンVPNサービスについて以下の情報を掲載している。Android向けスマートフォンIP電話サービスを検討する上での参考にしてほしい。・サービス名・ベンダー・初期費用・月額基本料金・端末認証・ワンタイムパスワード・標...(2012/10/10 提供:アイティメディア株式会社)

事例
MDM(モバイル端末管理)導入済み端末、30日間の調査で発見された脅威の数は?
 モバイルマルウェア感染は、セキュリティリスクに対して無防備な企業だけの問題ではない。MDM(モバイルデバイス管理)やEMM(エンタープライズモビリティ管理)製品などを導入し、一般的には適切とされる管理をしている企業にも感染被害は実際に起きている。 フォーチ...(2016/6/8 提供:ルックアウト・ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月2日号:ストレージ階層化活用の勘所
 Computer Weekly日本語版 3月2日号は、以下の記事で構成されています。■「90%以上にある問題」があるAndroid端末への対処法■53カ国で調査を実施、企業が今後導入する技術・停止する技術■データ分析を選手育成に活用するラグビーフットボールリーグ■顧客をガッチリ...(2016/3/2 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
保険外交員の方の個人端末利用を許可するセキュリティ手引き
 個人端末として使用できる端末のOSは、iPhone/iPad、Android、在宅PCのWindowsなどがある。利用者の個人端末にDoCANブラウザをインストールすると、ユーザーのスクリーンショットを禁止し、またウイルス検疫機能を内蔵しているため、ウイルスやスパイウェアによる情報...(2015/12/11 提供:株式会社コネクトワン)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月21日号:クラウド業界に挑戦状を叩き付けたGoogle
 Computer Weekly日本語版 5月21日号は、以下の記事で構成されています。■単純明瞭な新価格体系でクラウド市場の悪習に挑戦するGoogle 米Googleは企業向けのクラウドサービスの価格設定を簡略化するとともに、大胆な値下げも断行。大規模な価格競争の引き金となるか?...(2014/5/21 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
iOSにAndroid、Windows Phone――モバイルOS多様化がもたらす課題
 モバイルコンピューティング市場は、さまざまな端末やOS、無線ネットワークサービスであふれている。近所の携帯ショップに行けば、20〜30種類のスマートフォンが目に飛び込んでくる。米Appleの「iPhone」や韓国サムスン電子の「GALAXY NEXUS」といったハイエンドの端末...(2012/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
iPhoneやAndroidの業務活用を支えるMDMとは?
 ノートPCとは異なり、管理者にとってスマートフォンは業務用端末として見るとやっかいな存在だ。セキュリティポリシーの策定が追い付かない状態で私物端末が自由に業務で使用され、ある意味野放しの状態を黙認せざるを得ない状況にある企業も多いのではないだろうか。管...(2013/2/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
納期回答時間の改善率99%、モバイル業務アプリは情報提供の何を変えたのか?
 64カ国で事業を展開するサンゴバンCPSは、商業ビルや住居のインテリア、エクステリア商品を提供している。同社は、商品が工場でトラックに積み込まれてから顧客に納入されるまでの状況をリアルタイムに把握できず、納期回答時間に問題を抱えていた。 顧客に最新の納入...(2016/3/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading