2017年01月16日 08時00分 公開
特集/連載

iPhoneとAndroidしか管理できない「EMM製品」は時代遅れなのか?失敗しないEMM製品の選定ポイントを伝授(1/2 ページ)

「エンタープライズモビリティ管理」(EMM)製品の評価軸は多彩だ。企業はどのような始点でEMM製品を選定すべきなのか。重要な判断ポイントを提案する。

[Matthew David,TechTarget]
画像 充実するEMM製品をどう選ぶべきか

 IT管理者は「エンタープライズモビリティ管理」(EMM)製品を導入する過程で、多くの重要な決定を下すことになる。その決定のほとんどは、EMM製品を構成するさまざまな要素に関わっている。特に重要なのが、BYOD(私物端末の業務利用)ポリシーとCOPE(業務端末の私的利用)ポリシーの選択、セキュリティ要件、コンテンツ管理、統合エンドポイント管理の必要性だ。

「BYOD」なのか「COPE」なのか

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news163.jpg

Tableau調査と三井住友海上の事例に学ぶ コロナ禍でも強いデータドリブン組織をどう作るか
データを大切にし、従業員がデータにアクセスしてデータに基づいた経営判断ができる組織...

news092.jpg

営業デジタル化の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...