2016年09月09日 07時00分 公開
特集/連載

「iPhone、Android、Windows 10を一括管理」、IT管理者の夢は実現するか1つの画面でモバイルデバイスとPC管理

VMwareのユーザー環境管理ツールに「Windows 10」のライフサイクル管理機能が追加された。これにより、IT管理者が望む統合エンドポイント管理を実現できるかもしれない。

[Alyssa Provazza,TechTarget]
VMware User Environment Managerの公式Webページ《クリックで拡大》

 VMwareの新しい統合エンドポイント管理技術では、IT部門がモバイル端末とMicrosoftの「Windows 10」を搭載したクライアントPCをクラウドから一元管理できるようになる。

 ユーザー環境の管理ツール「VMware User Environment Manager」(VMware UEM)に、Windows 10のパッチ管理やソフトウェア配信、ソフトウェア設定、セキュリティなどを管理するライフサイクル管理機能を追加した。またVMware UEMは、モバイル端末を管理できるクラウドベースの「Workspace One」プラットフォームに追加された。エンドポイント管理は複雑化が進み、モバイル端末とクライアントPCの両方を管理するためのIT担当者の人数という点でコストがかさむようになっている。従ってこうした機能は魅力的だと、ラスベガスで開かれたVMwareの年次カンファレンス「VMworld 2016」の出席者は話した。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...