2016年09月09日 07時00分 公開
特集/連載

「iPhone、Android、Windows 10を一括管理」、IT管理者の夢は実現するか1つの画面でモバイルデバイスとPC管理

VMwareのユーザー環境管理ツールに「Windows 10」のライフサイクル管理機能が追加された。これにより、IT管理者が望む統合エンドポイント管理を実現できるかもしれない。

[Alyssa Provazza,TechTarget]
VMware User Environment Managerの公式Webページ《クリックで拡大》

 VMwareの新しい統合エンドポイント管理技術では、IT部門がモバイル端末とMicrosoftの「Windows 10」を搭載したクライアントPCをクラウドから一元管理できるようになる。

 ユーザー環境の管理ツール「VMware User Environment Manager」(VMware UEM)に、Windows 10のパッチ管理やソフトウェア配信、ソフトウェア設定、セキュリティなどを管理するライフサイクル管理機能を追加した。またVMware UEMは、モバイル端末を管理できるクラウドベースの「Workspace One」プラットフォームに追加された。エンドポイント管理は複雑化が進み、モバイル端末とクライアントPCの両方を管理するためのIT担当者の人数という点でコストがかさむようになっている。従ってこうした機能は魅力的だと、ラスベガスで開かれたVMwareの年次カンファレンス「VMworld 2016」の出席者は話した。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。