2016年07月15日 12時00分 公開
特集/連載

AndroidよりもiPad? セキュリティ重視のタブレット選びに正解はあるか企業向けセキュリティポリシーを考える

私物端末の業務利用(BYOD)は今に始まったトレンドではないが、仕事でノートPCよりもタブレットを選ぶユーザーが増えているのに伴い、タブレットのセキュリティポリシーの重要性が増している。

[Mike O. Villegas,TechTarget]

関連キーワード

BYOD(Bring Your Own Device) | Android | iPad


セキュリティ面で分が悪いとされるAndroidだが次期バージョン「Android N」では対策を大幅に強化するという《クリックで拡大》

 タブレットは最もセキュリティの弱いデバイスの1つだといわれているが、多くの従業員が仕事でタブレットを使っている。企業ではまだノートPCが主流だが、タブレットは、本当にノートPCよりもセキュリティが劣るのだろうか。デバイス利用ポリシーでタブレットの利用を制限すべきなのか、それともタブレットを対象としたセキュリティポリシーによってタブレットの利用を特定のベンダーあるいは、OSに制限すべきなのだろうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...