2016年07月15日 12時00分 公開
特集/連載

AndroidよりもiPad? セキュリティ重視のタブレット選びに正解はあるか企業向けセキュリティポリシーを考える

私物端末の業務利用(BYOD)は今に始まったトレンドではないが、仕事でノートPCよりもタブレットを選ぶユーザーが増えているのに伴い、タブレットのセキュリティポリシーの重要性が増している。

[Mike O. Villegas,TechTarget]

関連キーワード

BYOD(Bring Your Own Device) | Android | iPad


セキュリティ面で分が悪いとされるAndroidだが次期バージョン「Android N」では対策を大幅に強化するという《クリックで拡大》

 タブレットは最もセキュリティの弱いデバイスの1つだといわれているが、多くの従業員が仕事でタブレットを使っている。企業ではまだノートPCが主流だが、タブレットは、本当にノートPCよりもセキュリティが劣るのだろうか。デバイス利用ポリシーでタブレットの利用を制限すべきなのか、それともタブレットを対象としたセキュリティポリシーによってタブレットの利用を特定のベンダーあるいは、OSに制限すべきなのだろうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。

news058.jpg

旅行業界のデジタルシフトと「Go To トラベル」後の課題 びゅうトラベルサービスに聞く
列車旅の拡大活性化を目指してデジタルシフトを進めるJR東日本グループの旅行会社びゅう...