2013年11月28日 08時00分 公開
特集/連載

iOS/Androidアプリ開発者を応援するMicrosoftの本心は余裕か、焦りか

スマートデバイス向けOSのツートップである、Appleの「iOS」とGoogleの「Android」。これら2大OSの開発者の目を「Windows Phone」へ向けさせるため、Microsoftが取った秘策とは?

[Diana Hwang,TechTarget]

 統合開発環境「Microsoft Visual Studio」とプログラム言語「C#」の開発者は、モバイルOS「Windows Phone」搭載デバイス向けのモバイルアプリケーションと同時に、「iOS」や「Android」向けのモバイルアプリケーションも開発できるようになった。

 米Microsoftは、自社以外のプラットフォーム対応のモバイルアプリケーション開発をサポートするツールを提供するために米Xamarinと提携した。Microsoftの狙いは、Visual StudioとC#の開発者にXamarin製のツールを提供し、さまざまなプラットフォーム対応のモバイルアプリケーション開発を支援することで、モバイル市場で勢力範囲を拡大することにある。

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...