iOS/Androidアプリ開発者を応援するMicrosoftの本心は余裕か、焦りか

スマートデバイス向けOSのツートップである、Appleの「iOS」とGoogleの「Android」。これら2大OSの開発者の目を「Windows Phone」へ向けさせるため、Microsoftが取った秘策とは?

2013年11月28日 08時00分 公開
[Diana Hwang,TechTarget]

 統合開発環境「Microsoft Visual Studio」とプログラム言語「C#」の開発者は、モバイルOS「Windows Phone」搭載デバイス向けのモバイルアプリケーションと同時に、「iOS」や「Android」向けのモバイルアプリケーションも開発できるようになった。

 米Microsoftは、自社以外のプラットフォーム対応のモバイルアプリケーション開発をサポートするツールを提供するために米Xamarinと提携した。Microsoftの狙いは、Visual StudioとC#の開発者にXamarin製のツールを提供し、さまざまなプラットフォーム対応のモバイルアプリケーション開発を支援することで、モバイル市場で勢力範囲を拡大することにある。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。