2014年12月01日 08時00分 公開
特集/連載

2要素認証も軽々突破、ニュータイプ“Androidマルウェア”の恐怖セキュリティソフトウェアを装って感染

Android端末を狙う「iBanking」は極めて高度な機能を備えたマルウェアだ。日々進化を続けるマルウェアに対応するためには、どのような手段が有効なのだろうか。

[Nick Lewis,TechTarget]

 複数の報道によると、「iBanking」というマルウェアは、極めて高度な仕組みを備えており、「Android」端末を攻撃するための複数の機能を搭載している。これは、モバイル端末を狙ったマルウェアの脅威が拡大していることを意味するのだろうか。さらに重要なのは、多くのAndroid端末にクライアント型のマルウェア対策ツールが実装されていない現状で、感染を検出・防止するための信頼できる手段は存在するのかということだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...