2013年05月07日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ガートナーがモバイル端末の選び方を伝授iOS、Android、Windows 8はこう使い分けるべし

iPhone/iPadやAndroid端末に加えてWindows 8タブレットも登場し、企業で使えるモバイル端末が充実してきた。自社に最適なモバイル端末はどう選ぶべきなのか?

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 スマートフォンにタブレット、ノートPC――。企業は、多様化するモバイル端末をどう選ぶべきか。ガートナー ジャパンが2013年4月に開催した「ガートナーITインフラストラクチャ&データセンターサミット2013」の講演を基に、モバイル端末の選び方を示す。

 ガートナー ジャパンでクライアントコンピューティング全般に関する調査分析を手掛ける、シニア アナリストの針生恵理氏は、「デバイスを有効活用するには、利用者や利用目的を明確にした上で、使用するアプリケーション、管理方法などを決めることが大切だ」と指摘する。その上で、端末タイプとOSに着目して適切なモバイル端末を選ぶのが、基本的な選定プロセスとなる。

端末タイプ選定:画面サイズで適切な用途が決まる

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...