2015年10月24日 09時00分 公開
特集/連載

「Androidなんて仕事で使えない」といえない時代が来た「Android for Work」で管理機能強化(1/2 ページ)

IT部門は「Android」を敬遠してきた。オープンソースのOSは多くのリスクにさらされているからだ。しかし、時代は彼らにAndroidの受け入れを迫っている。Googleの管理機能に彼らは納得できるだろうか。

[Eddie Lockhart,TechTarget]

関連キーワード

Android | Google | Google Apps | OS


企業でも利用が進むAndroidデバイスを、IT部門は否応なしに管理しなければならなくなった

 Androidは個人向け市場で急速に普及してしまった。この状況において、米Googleが開発したこのOSを数多くの従業員がオフィスで使うようになってしまうのは当然の成り行きだろう。ただ、幸いなことに、Googleが提供する「Android for Work」サービスは、ユーザーのデバイスにおいて仕事のデータと個人のデータを分離してそれぞれ別のプロファイルを作成できるので、IT部門はAndroidを企業内で効率的かつ安全に管理できるようになる。Googleは、こうした取り組みによってAndroidに対して多くの関係者が指摘するセキュリティの懸念を解消すべく、積極的に前進しつつある。


アプリコンテナで「仕事」と「遊び」を切り分ける

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...

news038.jpg

コロナ禍で変化した採用トレンドとこれからの採用メディア戦略
デジタルシフトで新卒採用の在り方が変化しています。企業と接触するタイミングが早まり...

news013.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年7月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。