2015年10月24日 09時00分 公開
特集/連載

「Androidなんて仕事で使えない」といえない時代が来た「Android for Work」で管理機能強化(1/2 ページ)

IT部門は「Android」を敬遠してきた。オープンソースのOSは多くのリスクにさらされているからだ。しかし、時代は彼らにAndroidの受け入れを迫っている。Googleの管理機能に彼らは納得できるだろうか。

[Eddie Lockhart,TechTarget]

関連キーワード

Android | Google | Google Apps | OS


企業でも利用が進むAndroidデバイスを、IT部門は否応なしに管理しなければならなくなった

 Androidは個人向け市場で急速に普及してしまった。この状況において、米Googleが開発したこのOSを数多くの従業員がオフィスで使うようになってしまうのは当然の成り行きだろう。ただ、幸いなことに、Googleが提供する「Android for Work」サービスは、ユーザーのデバイスにおいて仕事のデータと個人のデータを分離してそれぞれ別のプロファイルを作成できるので、IT部門はAndroidを企業内で効率的かつ安全に管理できるようになる。Googleは、こうした取り組みによってAndroidに対して多くの関係者が指摘するセキュリティの懸念を解消すべく、積極的に前進しつつある。


アプリコンテナで「仕事」と「遊び」を切り分ける

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...