2015年10月24日 09時00分 UPDATE
特集/連載

「Android for Work」で管理機能強化「Androidなんて仕事で使えない」といえない時代が来た (1/2)

IT部門は「Android」を敬遠してきた。オープンソースのOSは多くのリスクにさらされているからだ。しかし、時代は彼らにAndroidの受け入れを迫っている。Googleの管理機能に彼らは納得できるだろうか。

[Eddie Lockhart,TechTarget]

関連キーワード

Android | Google | Google Apps | OS


kn_ttus1026_01.jpg 企業でも利用が進むAndroidデバイスを、IT部門は否応なしに管理しなければならなくなった

 Androidは個人向け市場で急速に普及してしまった。この状況において、米Googleが開発したこのOSを数多くの従業員がオフィスで使うようになってしまうのは当然の成り行きだろう。ただ、幸いなことに、Googleが提供する「Android for Work」サービスは、ユーザーのデバイスにおいて仕事のデータと個人のデータを分離してそれぞれ別のプロファイルを作成できるので、IT部門はAndroidを企業内で効率的かつ安全に管理できるようになる。Googleは、こうした取り組みによってAndroidに対して多くの関係者が指摘するセキュリティの懸念を解消すべく、積極的に前進しつつある。


アプリコンテナで「仕事」と「遊び」を切り分ける

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...