2015年03月13日 15時00分 公開
特集/連載

5分で分かる「Android for Work」、ビジネス仕様のAndroid端末を作るには企業導入など今後の動向にも注目

「Android for Work」は、Android端末の業務利用を支援する米Google主導の取り組みである。Androidをビジネス仕様にする各種機能やサービスが用意されている。その主な機能や特徴を紹介する。

[Matt Schulz,TechTarget]

 米GoogleのモバイルOS「Android」は、エンタープライズ市場でこれまであまり受け入れられてこなかった。だが、その状況は変わりつつある。Googleが「Android for Work」プログラムを開始したことで、セキュリティや管理の面でエンタープライズモバイル管理(EMM)製品との連係が強化されるからだ。

 Android for Workは、私物端末向けの仕事用プロファイル設定やIT部門向けの管理・セキュリティ機能など、一連のサービスと技術コンポーネントで構成されている。実際の製品とサービスはEMMベンダーが提供する。米VMware傘下の米AirWatch、米Citrix Systems、米IBM傘下の米Fiberlink Communications、米MobileIron、カナダBlackBerry、ドイツSAPなどが既にGoogleのパートナーとなっている。

 本稿では、Android for Workの主な機能を紹介する。なお、「Android 5.0 Lollipop」(以下、Lollipop)の利用を前提としている。

ネイティブな業務用アプリ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...