2014年12月02日 08時00分 公開
特集/連載

「Android 5.0 Lollipop」、ユーザーの“そこが知りたい”に答えるセキュリティと管理機能はどうなる?

米Googleの最新モバイルOS「Android 5.0 Lollipop」のうち、大きく機能強化されたエンタープライズ用セキュリティと管理機能について解説する。

[Ryan McLaughlin,TechTarget]

 GoogleのモバイルOSは「Android 5.0 Lollipop」の発表で外観と操作性が大幅に改良された。企業のIT部門としては、そうした新機能が業務にどのように役立つのか知りたいところだ。

 2014年6月にGoogle主催の開発者向けカンファレンス「Google I/O」で発表されて以来、Android 5.0 Lollipop(旧コード名「Android L」)にAndroidファンは沸き立っている。Googleから新しく発売されるAndroid 5.0 Lollipop搭載端末は、「Nexus 6」ファブレット、「Nexus 9」タブレット、Googleの新バージョン「Android TV」対応機「Nexus Player」(訳注:日本発売未定)の3種だ。

セキュリティはどのように強化されているのか?

 この最新バージョンのAndroid OSには、一般利用者だけでなく企業のIT部門にとっても興味深い新機能が幾つも追加されている。

 Android 5.0 Lollipopでは個人情報や企業情報を保護するセキュリティ属性が強化されており、端末の自動暗号化機能などが追加された。また、全てのアプリに「SELinux(Security Enhanced Linux)」の“Enforcing”モードが義務付けられた。この新機能ではオペレーティングシステムの最も基本的なレベルでアプリのアクセス許可を管理し、マルウェアを防止する。

 また、「Android Smart Lock」という新機能では、端末のロックを解除するためにNFC(近距離無線通信)機器やBluetooth機器を使用する。これによって利用者が端末の画面をロックすることを促進し、端末が悪用されることを防ぐ狙いだ。Android Smart Lock はNFCやBluetoothでペアリングされた端末が近くにあればロックが解除されるという仕組みで、これまでより端末のロック画面を使いやすくなる。

 新しく追加されたマルチユーザーモードとゲストモードも目を引く。これらのモードを利用すると、デスクトップコンピュータやノートPCの場合と同じように端末の所有者以外の操作を制限でき、設定変更や必要のないアプリへのアクセスはできないようにすることが可能だ。また、新しい画面固定機能を使うと企業の機密情報などを他のユーザーから見えないようにできる。

Android Lollipopのエンタープライズ環境向け新機能は?

 GoogleはLollipopのリリースという機会を利用して、企業のIT部門から要望の多かった管理機能を「Android for Work」で提供する。この新しい構想ではセキュリティを確保するコンテナを簡単に利用できるようになる。ここでは韓国Samsung Electronicsから提供された「Knox」のコンテナ技術がAndroidに組み込まれる。このコンテナ技術によって、ユーザーの個人情報やアプリを企業の資産から切り離すことができる。

LollipopではAndroidの断片化問題の対策が講じられているか?

 Googleは、端末メーカーにOSのカスタマイズは控えてカスタムアプリの方で対応するように要請し、それによってAndroidの断片化問題を解決しようとしてきた。Googleにとっては残念なことに、メーカーは新しい端末でも相変わらずOSをカスタマイズしている。また、Android for Workなどの重要な新機能はLollipopに限定されており、旧バージョンOSの端末には対応していない。Androidの断片化問題の解決にはまだ時間がかかるだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...