2013年09月19日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Appleのマーケット戦略は満点だがiPadよりも革新的――アナリストがSamsungに軍配を上げた理由

2010年の登場以来、常にタブレット市場をけん引してきたiPad。米市場調査会社による大手メーカーの製品比較では、多くのアナリストがiPadではなくSamsung製タブレットに高得点を与えた。その理由とは?

[Ed Hardy,TechTarget]

 市場調査会社である米ABI Researchは「タブレットを販売している大手メーカー全社の製品を比較して、韓国Samsungの製品が最も革新的である」と結論付けた。

 アナリストたちが今回評価したメーカーの中でSamsungに最高点を与えたのは、同社製タブレット端末の豊富さが理由だ。Samsungのデバイスは、小型の7インチ画面からやや大きい11.6インチ画面まであり、しかも2種類のOSに対応している。米Appleのタブレットはサイズが2種類で、OSは1種類のみだ。

 また、Samsungはデバイスに使用する部品のほとんどを社内で製造している点も評価につながった。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...