2012年10月05日 18時30分 公開
特集/連載

比べて分かる、Nexus 7がKindle Fireより「買い」な理由徹底比較! GoogleとAmazonのコンテンツ力【前編】

米Googleの「Nexus 7」と米Amazon.comの「Kindle Fire」は、どちらが買いなのか? 本稿では、満足度を左右する主要因のコンテンツに焦点を当て、両者を徹底比較する。

[Grant Hatchimonji,TechTarget]

 米Amazon.com(以下、Amazon)の「Kindle Fire」と米Googleの「Nexus 7」には多くの共通点がある。どちらも200ドルという低価格の手頃なタブレットであり、ディスプレーのサイズはいずれも7インチだ(関連記事:タブレットの画面サイズ、7インチと10インチどちらがベスト?)。さらに重要なことに、どちらの端末もそれぞれのブランドのコンテンツサービスに合わせて開発されている。では、AmazonとGoogle、どちらの「エコシステム」が優れているのだろうか?

 数字も重要ではあるが、それだけで優劣は決められない。そこで本稿では、コンテンツの質や排他性、構成に加え、ユーザーが享受できるさまざまな特典を考慮に入れて徹底的に比較する。断っておくが、AmazonとGoogleから入手できるアプリケーションの全てがKindle FireやNexus 7で利用できるわけではない。とはいえ、Kindle FireとNexus 7は、それぞれのコンテンツサービスに合わせて作られたものだ。であれば、コンテンツサービスを比較することは、各自が自分に最適なタブレットを見極めるためにも意味のあることになるだろう。

コンテンツの品ぞろえ

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...