2014年03月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

iOSの管理方法には疑問の声もiPhone/iPadも対象、Samsung提供モバイル管理サービスの狙いは

韓国Samsungが企業向けモバイル管理市場に本格参入した。新たに発表した同社製品では、自社端末のみならず、iOS端末や他社Android端末を管理することができる。しかし、競争が激化する同市場で同社は生き残れるのだろうか。

[Colin Steele,TechTarget]

 韓国Samsungは、成長著しいエンタープライズモビリティ管理(EMM)市場に本格的な参入を果たした。だが、米AppleのiOS端末や米Googleなど競合企業が提供するモバイル端末を管理する方法については不明な点が多い。

 新たなクラウドベースのEMMサービス「Samsung KNOX EMM」(以下、KNOX EMM)は、iOS/Androidを搭載したデバイスや、これらOS向けアプリケーションの管理機能を提供する。Samsungはまた、2月末に開催された展示会「Mobile World Congress 2014」において、セキュリティプラットフォーム「Samsung KNOX」のアップデート版を発表した。

ITmedia マーケティング新着記事

news124.jpg

「ビジネスライフをブログで救われた」 アジャイルメディア徳力基彦氏が情報発信を勧める理由
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news108.jpg

マーケティングは自分に関わる全てを幸せにするサイクル――アドビ 小沢 匠氏が音楽から得た本質
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news081.jpg

エンワールド・ジャパン片山 旭氏が語る、マーケターからカスタマーサクセス スペシャリストへの道
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...