2011年02月10日 17時40分 公開
ニュース

エフセキュア、リアルタイム監視も可能なAndroid端末向けのセキュリティ製品を発表NEWS

Android端末のウイルス対策、紛失や盗難時の位置情報の特定、遠隔からのデータ消去、操作ロックなどの盗難対策機能に加え、ブラウザ保護、有害サイトをブロックするペアレンタルコントロールなどの機能を搭載。

[TechTargetジャパン]

 エフセキュアは2月10日、Android端末向けのセキュリティ製品「エフセキュア モバイル セキュリティ」を発表した。提供開始は2011年4月中旬の予定で、同社のオンラインストアおよびパートナー企業を通じて販売する。

 同製品は、Android端末のウイルス対策、紛失や盗難時の位置情報の特定、遠隔からのデータ消去、操作ロックなどの盗難対策機能に加え、ブラウザ保護、有害サイトをブロックするペアレンタルコントロールなどの機能を搭載している。セキュリティ情報やライセンスの設定・監視は管理ポータル上でユーザー1人ひとりの状況をリアルタイムに取得でき、各ユーザー個別にメッセージを送信することも可能だ。

 また、定義ファイルの配信サービスなどのバックエンドシステムはエフセキュアがサポートするため、運用コストは最小限に抑えられるという。

 同社では、スマートフォンの普及とともに高まる端末への脅威対策として、パートナーとの協業を通じた同製品の普及、拡販を目指すことで、携帯端末を含むインターネット環境のセキュリティの向上を図るとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news130.jpg

学生・若手社会人の7割以上が「クリエイティビティ」を重視――アドビ調査
「就職活動・若手社会人に必要なクリエイティブスキルに関する調査」の結果です。

news065.jpg

これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティ...

news020.jpg

SDGsステートメント策定までにやったこと 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【後編】
前編に引き続き、LMGのSDGs推進活動をご指導いただいた北九州市立大学教授の眞鍋和博氏と...