2018年08月31日 05時00分 公開
特集/連載

MacとAndroidスマホ間のファイル転送は鬼門? 企業向けツールを評価する大半が一長一短

複数のデバイスを使って仕事をするユーザーは、データをデバイス間で転送したいと考える。IT部門は適切なツールを用意することで、その同期プロセスを容易にすることができる。

[Gary Olsen,TechTarget]

 任意のデバイス間でデータを同期するのは、大抵面倒だ。組織のセキュリティポリシーや、データを自分のやり方で同期したがるパワーユーザーが、問題を増幅させる。

 企業における各種デバイスにまたがるデータ管理では、データの転送や同期に関するユーザーの需要をIT担当者が見極めることが重要だ。またIT担当者は、自社では、基本データのみを転送する方法があれば事足りるのか、あるいは幅広いデータに対応した同期ツールが必要なのかを判断しなければならない。さらに、最も効率的なデータ同期方法を見つけて、ヘルプデスクへの問い合わせが最小限になるようにすることも必要だ。

スマートフォンで管理されるデータは

 データ同期の需要を把握したら、IT担当者は、ユーザーがモバイルデバイスでアクセスできるデータやファイルを定義し、それらを管理しなければならない。通常、モバイルデバイス上のデータには以下が含まれる。

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

オンラインシフトに伴う名刺交換減少が引き起こす経済損失額は平均で年間約21.5億円――Sansan調査
コロナ禍における企業の商談・人脈・顧客データに関する調査です。

news164.jpg

成果報酬型テレビCM出稿サービス「XICA ADVA」 サイカが提供開始
従来のテレビCMは、出稿量の約束はできてもテレビCMによってどれだけ商品やサービスが売...

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...