2016年01月15日 08時00分 公開
特集/連載

「Android」のセキュリティ問題が気になって仕方ない人に贈る5つのTipsモバイル問題の解決策を探る

2015年に米TechTagetで掲載したモバイル関連記事のアクセス数を分析すると、IT管理者たちは「Android for Work」「BYODデータアクセス」に注目しただけでなく、「社内アプリ開発」も気になったようだ。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
モバイルデバイスの普及は業務生産性を向上する一方でセキュリティにおける“穴”を増やしてくれた

 2015年のモバイル関連で人気のあった記事を確認すると、ある1つの事実が明白になる。それは、ほとんどのIT管理者にとって、最も関心のある問題はセキュリティであるということだ。

 米TechTargetでアクセス数の多い記事は、ゲストユーザーの無線ネットワークアクセスからモバイルデータの消失対策まで、ほとんど全てがセキュリティやプライバシー関連の話題を取り上げたものだった。また、モバイルOSをより安全なものにしようとする米Googleの取り組みを知りたいIT管理者たちの多くは、Android for Workにも注目していたようだ。

 ここでは、2015年のモバイルコンピューティング関連記事でアクセスの多かった話題を取り上げて、そこで紹介していたBYODデータアクセスとモバイルアプリ開発に関する幾つかのTipsをあらためて復習してみよう。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...