2015年11月01日 09時00分 公開
特集/連載

徹底比較:モバイルOSのセキュリティ機能、「Windows 10」「iOS」「Android」の底力は?根強い人気の「BlackBerry」も比べた(1/2 ページ)

米Microsoftの「Windows 10」の登場によりデスクトップとモバイル間の移行が容易になり、モバイルOS市場は転換期を迎えている。人気のあるOSを比較してみると、不満の声が大きいのはセキュリティ機能だ。

[Eric Klein,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Android | iOS


photo Microsoft Lumia 735《クリックで拡大》

 企業がモバイルアプリの構築や購入に着手する際、早い段階で決断を下さなければならないのがサポート対象のモバイルOSだ。

 米Appleの「iOS」と米Googleの「Android」がモバイルOSの二大巨頭だ。これらの2つのプラットフォームがモバイルOS市場のおよそ90%を占めている。エンドユーザーはこれらのモバイルOSを熟知しており、アプリに多額の金銭を費やしている。そのため、カナダBlackBerryの「BlackBerry」や米Microsoftの「Windows」は後れを取っている。とはいえ、短期間でサービスを切り替えるユーザーは必ず存在する。そのため、デスクトップPCとモバイルのユーザーエクスペリエンスをまとめるというMicrosoftの戦略は、モバイルOS市場の力学に影響を与えるだろう。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...