2016年01月12日 08時00分 公開
特集/連載

導入企業が考えるべき“従業員の反感を買わないスマートフォン管理”企業データと個人データをどう切り分ける?(1/2 ページ)

モバイルデバイスが登場しBYODが進む一方、セキュリティと個人のプライバシーのバランスを取るのは非常に困難だ。どのようにバランスを取るのが良いだろうか。

[Lisa Phifer,TechTarget]
強力なMDM/MAM機能を提供する米Microsoftのクラウドサービス「Microsoft Intune」(出典:Microsoft)《クリックで拡大》

 多くの場合、セキュリティは個人のプライバシーと相いれない。エンタープライズモビリティの時代において、IT部門はセキュリティと個人のプライバシーのバランスを取る必要がある。

 一般的に紛失したモバイルデバイスを発見する機能には位置追跡技術が必要だが、これをプライバシーの侵害と見る従業員もいる。同様に、IT部門がアンチマルウェアアプリケーションを使用してある特定のモバイルアプリケーションを無効にすると、ユーザーはこれを個人デバイスの自由度を侵害していると見る可能性もある。ウェアラブルなどの新技術は、今やこれらモバイルデバイスのプライバシーに対する不安を深刻化させている。

プライバシーの状況を評価する

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...