2016年09月28日 15時00分 UPDATE
特集/連載

IBM、Microsoft、Oracle、SAPがモバイルアプリ開発に熱視線Microsoftが「iOS」「Android」アプリ開発者を支援する“したたかな狙い” (1/2)

IBM、Microsoft、Oracle、SAPの4大ベンダーが、モバイルアプリケーション開発市場でしのぎを削り始めた。各社の戦略を見ていこう。

[Eric Klein,TechTarget]
画像 メガベンダーの戦場はモバイルへ《クリックで拡大》

 基幹業務を担うビジネスアプリケーションに依存する企業が増えるのに伴い、大手独立系ソフトウェアベンダー(ISV)各社は、モバイル構想に役立つツールを開発者や顧客企業に提供する取り組みを進めている。

 IBM、Microsoft、SAP、Oracleなどのベンダーが提供するビジネスアプリケーションのユーザー企業は、これらのアプリケーションをモバイル化する作業を始めたようだ。一方、ベンダー各社も最近になってようやく、出来合いのモバイルアプリケーションや、既存アプリケーションのモバイル化を支援するツールの提供を開始した。

IBM

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

「スマホ決済」が増加傾向――マイボイスコムがスマートフォンの利用動向調査
生活者1万人にスマートフォンの利用状況を聞いています。

news068.jpg

SaaS化が加速するコンタクトセンター/コンタクトセンターの現在―矢野経済研究所調べ
国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場について...

news045.jpg

ラグビーワールドカップ2019日本大会、日本代表戦5試合の視聴人数は8700万超え――ビデオリサーチ調査
ビデオリサーチが「テレビ視聴率調査」から全国の視聴人数を推計しました。