2016年08月05日 07時00分 公開
特集/連載

iPhoneアプリ開発で「心が折れない」ために知っておくべきこと開発成功に導くチェックポイント(1/2 ページ)

Apple「iOS」用のアプリの開発は、適切なデザインプラットフォームとプログラミング言語の選択から始まり、ユーザーフレンドリーなネイティブアプリの完成に至るまでの多層的なプロセスだ。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iOS | アプリケーション開発 | Android


iPhoneアプリを開発する場合、とにもかくにも「Xcode」は習得しなくてはならないだろう

 ネイティブiOSアプリを開発する道のりは、公園の散歩より障害物競走に近い。

 開発者は、Appleの統合開発環境(IDE)を使って、プログラミング言語「Swift」または「Objective-C」でコードを書くことができなければならない。また、iOSを定義する基本的な抽象化レイヤーや、アプリのファイルをバンドルする方法も知っていなければならない。

 成功するアプリを開発するには、効果的なユーザーインタフェース(UI)を構成することであらゆるレベルにおいて使い勝手を高めることも必要だ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...