2016年08月05日 07時00分 UPDATE
特集/連載

開発成功に導くチェックポイントiPhoneアプリ開発で「心が折れない」ために知っておくべきこと (1/2)

Apple「iOS」用のアプリの開発は、適切なデザインプラットフォームとプログラミング言語の選択から始まり、ユーザーフレンドリーなネイティブアプリの完成に至るまでの多層的なプロセスだ。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iOS | アプリケーション開発 | Android


iPhoneアプリを開発する場合、とにもかくにも「Xcode」は習得しなくてはならないだろう

 ネイティブiOSアプリを開発する道のりは、公園の散歩より障害物競走に近い。

 開発者は、Appleの統合開発環境(IDE)を使って、プログラミング言語「Swift」または「Objective-C」でコードを書くことができなければならない。また、iOSを定義する基本的な抽象化レイヤーや、アプリのファイルをバンドルする方法も知っていなければならない。

 成功するアプリを開発するには、効果的なユーザーインタフェース(UI)を構成することであらゆるレベルにおいて使い勝手を高めることも必要だ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news124.jpg

消費者が秋らしさを感じるもの 「さんま」以外に何がある?――クロス・マーケティング調べ
クロス・マーケティングは、全国の20〜69歳の男女1000人を対象に「秋の味覚に関する調査...

news069.jpg

アマゾンエフェクトに負けない方法とは? 米小売大手TargetからDomoに転じたエグゼクティブに聞く
データが好き過ぎてDomoに転職した元Targetベン・シャイン氏のインタビュー。

news061.jpg

「スマホ決済」が増加傾向――マイボイスコムがスマートフォンの利用動向調査
生活者1万人にスマートフォンの利用状況を聞いています。