2016年08月05日 07時00分 UPDATE
特集/連載

開発成功に導くチェックポイントiPhoneアプリ開発で「心が折れない」ために知っておくべきこと (1/2)

Apple「iOS」用のアプリの開発は、適切なデザインプラットフォームとプログラミング言語の選択から始まり、ユーザーフレンドリーなネイティブアプリの完成に至るまでの多層的なプロセスだ。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iOS | アプリケーション開発 | Android


iPhoneアプリを開発する場合、とにもかくにも「Xcode」は習得しなくてはならないだろう

 ネイティブiOSアプリを開発する道のりは、公園の散歩より障害物競走に近い。

 開発者は、Appleの統合開発環境(IDE)を使って、プログラミング言語「Swift」または「Objective-C」でコードを書くことができなければならない。また、iOSを定義する基本的な抽象化レイヤーや、アプリのファイルをバンドルする方法も知っていなければならない。

 成功するアプリを開発するには、効果的なユーザーインタフェース(UI)を構成することであらゆるレベルにおいて使い勝手を高めることも必要だ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

freee 田中 圭氏が始めるコミュニティー、実現までの長い道のりについて聞く
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news114.jpg

データの裏側にある人の感情と向き合う――IKEUCHI ORGANIC牟田口 武志氏
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news030.jpg

「市ケ谷」「千駄ケ谷」「阿佐ケ谷」 謎のポスターの認知率は約6割――LINE調査
2019年6月にJR中央線の幾つかの駅で掲示された不思議なポスターの認知率を調査した結果。