2016年02月09日 08時00分 公開
特集/連載

モバイルアプリで知っておきたいHTML5の「完全無欠ではない」ポイントその可能性と弱点と新しい技を習得すべし(1/2 ページ)

HTML5を使用すると、モバイルアプリの開発プロセスをシンプルにできる。ただし、パフォーマンスがネイティブアプリに及ばないなどの弱点も、使いやすいアプリ開発のためには知っておきたい。

[Robert Sheldon,TechTarget]
マルチプラットフォームの利用が進む状況において、アプリ開発にHTML5を利用するメリットは大きい。しかし、その“制約”も知っておく必要がある

 アプリの実装を最適化して、コストと複雑さを抑えるために、多くの企業がHTML5を使用したモバイルアプリの開発に着手している。

 新しいHTML5開発フレームワークが次々と登場している。適切な状況下であれば、HTML5アプリはネイティブアプリよりも簡単に開発できる。少なくとも複数のプラットフォームに対応したモバイルアプリを実装したい企業にとって、HTML5は一考に値するテクノロジーだ。

 ただ、HTML5アプリにも課題はある。パフォーマンスとセキュリティに関して不安な面があり、データやネイティブなアプリケーションプログラムインタフェース(API)へのアクセス周りで問題が発生する。また、操作性もネイティブアプリに劣る。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news127.jpg

GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しま...

news113.jpg

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

news048.jpg

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...