2016年02月09日 08時00分 公開
特集/連載

モバイルアプリで知っておきたいHTML5の「完全無欠ではない」ポイントその可能性と弱点と新しい技を習得すべし(1/2 ページ)

HTML5を使用すると、モバイルアプリの開発プロセスをシンプルにできる。ただし、パフォーマンスがネイティブアプリに及ばないなどの弱点も、使いやすいアプリ開発のためには知っておきたい。

[Robert Sheldon,TechTarget]
マルチプラットフォームの利用が進む状況において、アプリ開発にHTML5を利用するメリットは大きい。しかし、その“制約”も知っておく必要がある

 アプリの実装を最適化して、コストと複雑さを抑えるために、多くの企業がHTML5を使用したモバイルアプリの開発に着手している。

 新しいHTML5開発フレームワークが次々と登場している。適切な状況下であれば、HTML5アプリはネイティブアプリよりも簡単に開発できる。少なくとも複数のプラットフォームに対応したモバイルアプリを実装したい企業にとって、HTML5は一考に値するテクノロジーだ。

 ただ、HTML5アプリにも課題はある。パフォーマンスとセキュリティに関して不安な面があり、データやネイティブなアプリケーションプログラムインタフェース(API)へのアクセス周りで問題が発生する。また、操作性もネイティブアプリに劣る。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。