最も使える仮想デスクトップ端末はどれ? HTML5クライアントが優れている理由ゼロクライアント、シンクライアント、PCと比較

物理デスクトップ、シンクライアント、HTML5クライアントは、いずれも仮想デスクトップインフラ(VDI)提供のための優れた選択肢といえる。組織は最もコスト効率の高いアプローチを選ぶ必要がある。

2015年11月17日 15時00分 公開
[Jim O'ReillyTechTarget]
AcerのChromebook 15《クリックで拡大》

 HTML5クライアントの利用は、低コストでずっと使い続けられという点で、仮想デスクトップインフラ(VDI)構築のための最善の選択肢だ。

 VDIクライアントの選定においては、あらゆる選択肢が存在し、各クライアント間にはほとんど差がないことから、混乱に陥りやすい。まずシンクライアントはハードウェア端末で、最低限のストレージとアプリケーションのみが含まれる。ゼロクライアントはそこからさらに1歩進んでローカルストレージが含まれず、ホストサーバに接続することによってのみ存在する。従来型のPCやノートPCに、別のリモートデスクトップ環境を構築するソフトウェアをインストールして、シンクライアントとして使うことも可能だ。HTML5クライアントは、端末のローカルに存在するのではなくサーバに存在し、Webブラウザ経由でリモートデスクトップへのアクセスを提供する。

 以上の選択肢を踏まえて、それぞれのクライアントの長所と短所、そしてHTML5ブラウザを筆頭に挙げる理由を検証する。

VDIクライアントの比較

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。