2015年11月06日 12時00分 UPDATE
特集/連載

HTML5対応のWebブラウザを活用Chrome、IEの中でExcelが動く? VDIシンクライアントの可能性とは

HTML5対応のWebブラウザをVDIのシンクライアントとして使う場合、どのようなメリットとデメリットがあるのだろうか。

[Alastair Cooke,TechTarget]
tn_tt_html5.jpg Ericom AccessNowの画面イメージ(TechTargetジャパン記事「ChromebookでExcelが使える、Ericom“HTML5レシーバー”の実力とは?」から)《クリックで拡大》

 出来が良くシンプルで普遍的。しかも管理にそれほど手間が掛からないシンクライアントはどんな仮想デスクトップインフラ(VDI)を運用する組織にも歓迎される。HTML5はそうした条件を満たすのに最も近い存在かもしれない。

 HTML5対応のWebブラウザは有望なVDIクライアントであり、多様な端末に存在している。幾つかの機能を加えれば、そうしたWebブラウザは仮想デスクトップを運用するための素晴らしいクライアントになり得る。

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...

news155.jpg

マーケティング4.0における新効果指標「PAR(購買行動率)」と「BAR(ブランド推奨率)」について
「マーケティング4.0」時代のカスタマージャーニー「5A」の文脈ではマーケティングの生産...