“究極の安全ノートPC”をつくるには? 「モバイルシンクライアント」の勧め「Chromebook」からの転用も可能

外出先で利用するノートPCに、社内の重要情報を入れておくのは危険――。そう考える企業であれば、「モバイルシンクライアント」が有力な選択肢となる。

2014年08月21日 08時00分 公開
[Alastair Cooke,TechTarget]

 情報規制をしている企業では、外出の多い従業員が仮想デスクトップに安全にアクセスできるようにする手段として、「モバイルシンクライアント」を使用するという選択肢がある。

 VDI(仮想デスクトップインフラストラクチャ)は、任意の場所からデスクトップへアクセスするテクノロジーである。ノートPCはどこへでも持ち運べるデバイスだ。この2つが合体してモバイルシンクライアントが誕生したのは驚くべきことではない。

モバイルシンクライアントを採用する理由

ITmedia マーケティング新着記事

news155.png

インバウンド事業者向けに動画で多言語コンテンツ ベーシックが制作支援サービスを提供開始
ベーシックとこんにちハローは、インバウンド需要向けのコンテンツ制作支援を目的とした...

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。