2016年08月05日 07時00分 公開
特集/連載

iPhoneアプリ開発で「心が折れない」ために知っておくべきこと開発成功に導くチェックポイント(2/2 ページ)

[Robert Sheldon,TechTarget]
前のページへ 1|2       

コーディング以外の工程

 コードを書くことはiOSアプリ開発の主要作業だが、アプリ開発ライフサイクル全体の中では比較的やりやすい部分だ。

 コードを書いた後は、それをテストして問題の検出と修正を行わなければならない。Xcodeでは、付属のデバッガーで問題の特定や、制御フローとデータ構造の検証を行い、コードを修正できる。

アプリケーションバンドル

 作成したiOSアプリは、関連リソース一式を含むバンドルと呼ぶファイルシステムディレクトリにパッケージ化する。バンドルの中心は、コードをコンパイルした実行可能ファイルだ。アプリ名に.app拡張子を付けたファイル名が実行可能ファイルの名前になる。

 バンドルに含めるファイルとしては他に、OSが使用するメタデータが入った情報プロパティリストファイル、画面にインタフェースを表示するためのストーリーボード、ホーム画面アイコンやロード中の一時イメージなどのイメージ、サウンド、ビデオのファイルがある。

 また、カスタムデータファイルを追加したり、言語ごとのサブディレクトリにローカライズリソースファイルを追加したりもできる。アプリ設定を定義するオプションのバンドルファイルを追加して「設定」アプリからUI要素の設定も可能だ。

UIデザインと使い勝手

 iOSアプリは、単にファイルをバンドルにまとめればいいというものではない。成功するアプリを開発するには、全ての工程でUIデザインと使い勝手が重要になる。

 スクロールやズームを駆使しなくても、ユーザーがコンテンツを表示、理解して操作できるようにし、テキストを読みやすくする。タッチ機能にも対応し、なるべく少ない手順で目的の操作を実行できるようにデザインするのがユーザーの使い勝手の向上につながる。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...