2016年01月29日 12時00分 UPDATE
特集/連載

鍵は「Android for Work」“ビジネス仕様のAndroid”を現実にするセキュリティ機能と、その限界

「Android」のセキュリティ機能は、「iOS」に比べると遠く及ばない。しかし「Android for Work」の機能やデュアルペルソナ技術などを利用することで、IT部門はAndroid端末の保護を強化できる。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
Android for Work Android for Work《クリックで拡大》

 「Android」はオープンソースであり、さまざまな種類のデバイスに搭載されているという性質上、本質的にセキュリティ対策が難しい。

 Appleのみがコントロールを握り、Apple独自の端末のみに搭載されているプロプライエタリOSの「iOS」は、Androidとは違う。AndroidはSamsung ElectronicsやHTC、Google他多数のメーカーのハードウェアに搭載されていて、それぞれが異なる基準やアプローチでモバイル端末を開発している。結果として、違うベンダーのAndroid端末に、同じものは2つとして存在しない。つまり、それぞれの種類の端末を保護する手段も異なる。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

チャットアプリ利用率、「LINE」と「Facebook Messenger」の差は?――マイボイスコム調べ
わが国におけるチャットアプリのデファクトスタンダードとは。

news126.jpg

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...