2016年01月29日 12時00分 UPDATE
特集/連載

鍵は「Android for Work」“ビジネス仕様のAndroid”を現実にするセキュリティ機能と、その限界

「Android」のセキュリティ機能は、「iOS」に比べると遠く及ばない。しかし「Android for Work」の機能やデュアルペルソナ技術などを利用することで、IT部門はAndroid端末の保護を強化できる。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
Android for Work Android for Work《クリックで拡大》

 「Android」はオープンソースであり、さまざまな種類のデバイスに搭載されているという性質上、本質的にセキュリティ対策が難しい。

 Appleのみがコントロールを握り、Apple独自の端末のみに搭載されているプロプライエタリOSの「iOS」は、Androidとは違う。AndroidはSamsung ElectronicsやHTC、Google他多数のメーカーのハードウェアに搭載されていて、それぞれが異なる基準やアプローチでモバイル端末を開発している。結果として、違うベンダーのAndroid端末に、同じものは2つとして存在しない。つまり、それぞれの種類の端末を保護する手段も異なる。

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...