Androidの「代替OS」「カスタムUI」選びで後悔しない4つの注意点充実するAndroidの代替OSとカスタムUI【後編】

モバイルOSの主流である「Android」には、その代替OSやカスタムUIが多く存在する。企業がそれらの導入を考える場合には、注意すべき点が幾つかある。

2020年04月02日 08時30分 公開
[Jack GoldTechTarget]

関連キーワード

OS | Android | Google


 前編「『Fire OS』だけではない『Android代替OS』5選 あなたは幾つ知っている?」は支配的な市場シェアを獲得してきたGoogleの「Android」の代表的な代替OSを紹介。中編「Androidの『カスタムUI』5選 あなたは幾つ知っている?」はAndroidのユーザーインタフェース(UI)や一部のアプリケーションを独自のものに入れ替える「カスタムUI」を紹介した。後編となる今回は、Androidの代替OSやカスタムUIの導入を検討する企業が考慮すべき4つのポイントを紹介する。

目次

注意点1.アプリケーション

 IT担当者は導入しようとしている代替OSやカスタムUIが、Googleの公式アプリケーションストア「Google Playストア」から提供される標準アプリケーションや、自社で選んだベンダーのアプリケーションを利用できるかどうかを確認する必要がある。Androidと互換性のない代替OSの場合は利用できない可能性がある。

注意点2.管理とセキュリティ対策

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...

news018.jpg

Cookie廃止で広告主とデータプロバイダ、媒体社にこれから起きることとその対策
連載の最後に、サードパーティーCookie廃止が広告主と媒体社それぞれに与える影響と今後...