2020年04月02日 08時30分 公開
特集/連載

Androidの「代替OS」「カスタムUI」選びで後悔しない4つの注意点充実するAndroidの代替OSとカスタムUI【後編】

モバイルOSの主流である「Android」には、その代替OSやカスタムUIが多く存在する。企業がそれらの導入を考える場合には、注意すべき点が幾つかある。

[Jack Gold,TechTarget]

関連キーワード

OS | Android | Google


 前編「『Fire OS』だけではない『Android代替OS』5選 あなたは幾つ知っている?」は支配的な市場シェアを獲得してきたGoogleの「Android」の代表的な代替OSを紹介。中編「Androidの『カスタムUI』5選 あなたは幾つ知っている?」はAndroidのユーザーインタフェース(UI)や一部のアプリケーションを独自のものに入れ替える「カスタムUI」を紹介した。後編となる今回は、Androidの代替OSやカスタムUIの導入を検討する企業が考慮すべき4つのポイントを紹介する。

目次

注意点1.アプリケーション

 IT担当者は導入しようとしている代替OSやカスタムUIが、Googleの公式アプリケーションストア「Google Playストア」から提供される標準アプリケーションや、自社で選んだベンダーのアプリケーションを利用できるかどうかを確認する必要がある。Androidと互換性のない代替OSの場合は利用できない可能性がある。

注意点2.管理とセキュリティ対策

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...