2020年04月02日 08時30分 公開
特集/連載

Androidの「代替OS」「カスタムUI」選びで後悔しない4つの注意点充実するAndroidの代替OSとカスタムUI【後編】

モバイルOSの主流である「Android」には、その代替OSやカスタムUIが多く存在する。企業がそれらの導入を考える場合には、注意すべき点が幾つかある。

[Jack Gold,TechTarget]

関連キーワード

OS | Android | Google


 前編「『Fire OS』だけではない『Android代替OS』5選 あなたは幾つ知っている?」は支配的な市場シェアを獲得してきたGoogleの「Android」の代表的な代替OSを紹介。中編「Androidの『カスタムUI』5選 あなたは幾つ知っている?」はAndroidのユーザーインタフェース(UI)や一部のアプリケーションを独自のものに入れ替える「カスタムUI」を紹介した。後編となる今回は、Androidの代替OSやカスタムUIの導入を検討する企業が考慮すべき4つのポイントを紹介する。

目次

注意点1.アプリケーション

 IT担当者は導入しようとしている代替OSやカスタムUIが、Googleの公式アプリケーションストア「Google Playストア」から提供される標準アプリケーションや、自社で選んだベンダーのアプリケーションを利用できるかどうかを確認する必要がある。Androidと互換性のない代替OSの場合は利用できない可能性がある。

注意点2.管理とセキュリティ対策

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。