2016年05月22日 07時00分 公開
特集/連載

徹底比較:王者「12.9インチiPad Pro」 vs. Windows 10搭載2-in-1、総合力で勝るのは?ビジネスと相性のいい2-in-1はどちら?(1/4 ページ)

いい仕事に12型クラスディスプレイとキーボードは必須。「PCを駆逐する」と豪語する12.9インチiPad Proに「Windows 10」を搭載する正統派2-in-1が挑む。処理能力からボディーの質感まで総合力で評価した勝者は?

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | iPad | 2in1 | Apple | タブレット


 携帯性に優れたクラムシェルデバイスを購入するなら、Samsung Electronicsの「Galaxy TabPro S」やAppleの「12.9インチiPad Pro」のような2-in-1タイプを検討するのがいいだろう。

 Galaxy TabPro SはMicrosoftの「Windows 10」、12.9インチiPad ProはAppleの「iOS」を搭載している。この2つのデバイスはOSが異なるが、設計と価格帯が似ており、同じ購買層をターゲットにしている。この記事で紹介する比較結果は、ビジネスユーザーや作業効率を重視する一般ユーザーにとって、どちらが最適かを判断する参考となるはずだ。

 なお、購入するのはMicrosoftの「Windows」を搭載した2-in-1デバイス限定という場合は、Galaxy TabPro SとMicrosoftの「Surface Pro 4」の比較記事が参考になるだろう。

タブレットとしてもクライアントノートPCとしても使える2-in-1スタイルデバイスを求めるユーザーが増えつつある。今回は、ほぼ同じサイズのディスプレイを搭載するGalaxy TabPro S(左)と12.9インチiPad Pro(右)を比較する《クリックで拡大》

構造とデザイン

 Appleは、同社初のプロフェッショナル仕様タブレットである「iPad Pro」シリーズで12.9型ディスプレイ搭載モデルを発売している。本体サイズは、305.7(高さ)×220.6(幅)×6.9(厚さ)ミリで、重量は713グラム(Wi-Fiモデルの場合。Wi-Fi + Cellularモデルは723グラム)だ。

 一方、Galaxy TabPro Sのディスプレイサイズは12型で、iPad Proより0.9インチ小さい。寸法は290.3(高さ)×198.8(幅)×6.3(厚さ)ミリで、重量は693グラムだ。Galaxy TabPro Sが数値としてはコンパクトだが、どちらもタブレットとしては大きい。標準的なノートPCと比較してようやく小さいということができる。

 どちらのボディーもデザインに優れ、かつ、頑丈な造りになっている。Galaxy TabPro Sは、ボディーカラーでブラックモデルとホワイトモデルを用意している。一方の12.9インチiPad Proでは、ボディーカラーバリエーションとしてシルバー、スペースグレイ、ゴールドを展開する。Galaxy TabPro Sの場合、ディスプレイのベゼルと本体の背面で同じ色を採用している。12.9インチiPad Proでは、シルバーとゴールドのモデルでは白いベゼルを、スペースグレイのモデルでは黒いベゼルをそれぞれ採用する。ボディーカラーの違いを問わず、使いやすいのは日常的に使用する中では目立たない黒ベゼルだ。

 構造とデザインについては、わずかながらも小型のTabPro Sを辛勝と評価する。

ディスプレイ

 Galaxy TabPro Sのディスプレイ面積は約432.2平方センチ、12.9インチiPad Proは約516.1平方センチだ。ユーザーは画面領域が広いモデルを常に歓迎する。画面領域以上に注目したいのがディスプレイの横縦比だ。12.9インチiPad Proディスプレイの4:3に対して、Galaxy TabPro Sは3:2となっている。12.9インチiPad Proがより正方形に近いが、どちらがいいかはユーザーそれぞれが決める問題だ。

 12.9インチiPad Proの解像度は2732×2048ピクセルで、Galaxy TabPro Sの解像度は2160×1440ピクセルだ。そのため、画素密度が216ppiのGalaxy TabPro Sに比べて、画素密度が264ppiの12.9インチiPad Proがやや鮮明に表示できる。

左はサイズ12.9型で解像度2732×2048ピクセル、横縦比4:3の12.9インチiPad Pro、右はサイズ12型で解像度2160×1440ピクセル、横縦比3:2のGalaxy TabPro S《クリックで拡大》

 Galaxy TabPro SではSamsung Electronicsの「Super AMOLED」パネルを採用しているため、各ピクセルが発光する。一方、12.9インチiPad Proが搭載する従来型の液晶ディスプレイでは、バックライトに頼らなければならない。評価作業の前はGalaxy TabPro Sが力強く鮮やかな色を表現すると予想したが、室内のテスト環境で比べるとどちらも画質が卓越している。ただし、屋外ではコントラスト比が高いGalaxy TabPro Sが見やすい。

 ディスプレイについては、12.9インチiPad Proのディスプレイを高く評価したい。画面領域が広く、高い画蘓密度のおかげで表示が鮮明、そして、色の表現もGalaxy TabPro Sと同程度に鮮やかだからだ。

       1|2|3|4 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...